新潟清酒with古町芸妓の日本酒で年賀会 | 「真野鶴」五代目留美子の蔵元日記

新潟清酒with古町芸妓の日本酒で年賀会

2020年最初の出張は新潟商工会議所の年賀会となりました。
過去最高の1300人が参列する中、新潟商工会議所が企画した日本酒
「新潟清酒with古町芸妓」もお披露目になりました。

「新潟が世界に誇る地域の宝、『古町芸妓』と『新潟清酒』とのコラボレーションである本商品を通じて、

新潟の魅力を内外に発信していきたいと考えております」

とは、商工会議所からのコメント。

ほっそりした体に色鮮やかな着物をまとった古町芸妓をイメージしており、新潟4蔵が四季それぞれを

表現しています。

写真左から、冬の鶴齢、秋の麒麟山、夏の今代司、春の真野鶴。

(すべて通年商品。500㎖。純米酒)

真野鶴のお着物には朱鷺があしらわれています。

会場で本物の古町芸妓さんと一献。

 

ちょうどロシア話で盛り上がっていましたら、在新潟ロシア領事のセルゲイさんが

お見えになったので、一緒に一枚。

さて、新潟商工会議所に所属する会員の多くは中小企業者です。
中小企業もしっかり活躍できる令和の時代になりますように!