Chim↑Pomのアートが学校蔵に登場! | 「真野鶴」五代目留美子の蔵元日記

Chim↑Pomのアートが学校蔵に登場!

Chim↑Pom(チンポム)というアートグループをご存知でしょうか?

海外でも様々なアートの場で活躍していらっしゃいます。

そのチンポムのグループから、先日、林靖高さんと稲岡求さんが

酒造りの撮影と学校蔵でのアート制作のためにご来蔵。

酒造りの様子撮影された後に行ったのは学校蔵の「遊びBar(場)」。

黒板にはお酒造りの流れを書いてあります。

実は今回のアート制作のために、前もって用意したものです。

(弊社の絵が上手な瀬下クンが描きました~)

彼らが注目したのは左サイドのこのコーナー。

 

おもむろにパズル型を取り出すお二人。

 

と・・・稲岡さんがパズル型に沿って黒板を切り取りました!

 

わぁ、黒板の中ってこんな風になってるんですね。。。

 

空いたスペースに持ってきたパズルのピースをはめる稲岡さん。

 

ぴったり!

 

実は、このパズルピースの交換が今回の「アート」なのです。

学校蔵のピースは、銀座にあるザロイヤルパークキャンバス銀座8の

フロントにある彼らのアート作品に加わります。

すなわち、旅するパズル。佐渡の旅を東京の真ん中に連れていき、

そのパズルの旅そのものを映像で流すのだそうです。

完成は今しばらく時間がかかると思いますが、出来上がりが楽しみ!

今回打合せから関わって下さった林さんと記念の一枚。

 

写真で見ると本当にクールなお二人ですが、会ってみるととっても気さく。

そして佐渡もとっても楽しかった様子。

次回はゆっくり来ます!と仰りながら、佐渡の美食ゴハン楽しんで行かれました(^^)

 

◆◇◆尾畑酒造の採用情報についてはこちらより◆◇◆

●学校蔵プロジェクトについて

 

■真野鶴・公式ページ      ■MANOTSURU website(English)

■学校蔵について        ■About Gakkokura(English)

■尾畑留美子プロフィール   ■IoTと酒づくり~モロミ君について

■真野鶴のSHOPPINGページ

●「学校蔵の特別授業~佐渡から考える島国ニッポンの未来」(日経BP社)

藻谷浩介氏、玄田有史氏らとの対談付