COEDOビールを訪ねて~酒&ファミリービジネス談義 | 「真野鶴」五代目留美子の蔵元日記

COEDOビールを訪ねて~酒&ファミリービジネス談義

クラフトビールCOEDOビールを訪ねて川越に行ってまいりました。
こちらは創業の地となるファクトリー(他にもリコー研修所跡に作った大きな工房もあり)

 

ラボ的な位置づけとなるというこちらの創業地にあるファクトリーでは、

いろんなチャレンジスペースでもあります。

日本酒造りというと非常に寒いスペースが基本となるのですが、

ビール造りのスペースは意外と熱かったです(笑)。

「思い込み」ってすごいなぁと我ながら驚いた事実でありました。

 

ビール造りについて、朝霧社長やスタッフの皆さまとディスカッション。

温度の他にも様々な共通点と違いがあるものです。

工房が一段落ついたら、近くの氷川神社に。

猛暑の一日でしたが、境内にはご覧のように浴衣姿の若い女性たちが

たくさんいて涼やかでした。

この風鈴は夏の風物詩だそうで、きれいな音色を奏でていました。

 

夕食は朝霧社長お気に入りの一つの名店。

 

COEDOビールの朝霧さんとは、もう10年位前かな?とあるイベントでお会いして

その後、学校蔵にいらして下さったり、「酒の陣」に参戦して下さったり

たまたまイギリスでばったり出くわしたりの御縁。

お酒の商売であることや、朝霧さんも弊社社長の平島も妻側の実家で

社長を務めているという共通点もあってなんとなく話が弾んでしまいます。

この日も酒&ファミリービジネス談義で盛り上がった一日でした。

そもそも、佐渡とお江戸には深い繋がりがあるわけで。
そんな繋がりも面白いことになりそうな?予感(^^)