View this post on Instagram

本日業後、1月19日(土)-2月11日(月祝)開催の「現代美術in豊田 Windsield Time - わたしのフロントガラスから」解説会に参加。 おなじみ喜楽亭、 参号館、市役所のほか、旧愛知銀行や旧浜屋旅館を拠点にする豊田の現代アート基地 = T - PAkなど、まちなかと言えど、かなりら広いエリアを会場にする展覧会Σ(゜Д゜) 一通り作品を廻り、会場を見ながらまだ把握しきれないところも。 


そして、明日が内覧会ながら、まだ展示作業中の箇所も数多く(゜д゜) たくさんのボランティアスタッフさんと会場を廻りました。 以前のガイドボランティアの方々との再会や、リキャスティンククラブとの再会も✨ 

やはり、なんだかワクワクします🎵 


アートはアートてしかあがなえない。 たとえ

深く把握しきれなくても、

私には必要な時間(o^-^o) 

アートのない人生は考えられない。

今回はガイドボランティアはなく、

会場運営ボランティアのみですが 始まる開催期間中に起こるあれこれに 期待感が沸いてきます☀️

kimi okumuraさん(@kimi_okumura)がシェアした投稿 -