熱中症

テーマ:

兵庫県淡路島のホテルで柔道部の合宿中に

神戸市御影中1年生の男子生徒が亡くなった事件。

当初は、顧問からの体罰を受けた後に急死したと報道。

後に生徒の死因は原因不明の急性心不全とされ、

熱中症などの可能性もあり、体罰との因果関係は薄いとされた。


土曜日、次男の空手の練習が通常の公民館ではなく

武道館で行われた。

午前中の練習と窓も開けてあり、見物の保護者には

さほど暑さも感じられなかったが、練習の子供たちは

びっしょり汗をかいていた。

次男の様子が少し変?

その直後、指導の師範から お母さん・・○○君、吐きました。

おそらく、軽い熱中症・・・

トイレで顔を洗い、お茶を飲ませ、氷を染ませたタオルで首の

後ろを冷やす。

大事に至らず、よかったものの・・・・


しんどかったら、言いにおいでよ!

だって、練習中やもん。

師範は、楽しく空手に親しんでくださいという主義なので

練習中に抜けても何か言われることはない。


さほど厳しくない小1の子でさえ、言いにくい・・・練習中は。

大会に何度も優勝していうるような部活ならなおさら、

指導者に自分の体調を言えず、我慢したのではないだろうか?


武道は、心技体。

誠心も技術も先生の指導によるものなら、

体の変化も管理すべきでは?

同じ年頃の子供を持つ母として、いたたまれない・・・・

ご冥福をお祈りいたします。


熱中症

屋内でも、湿度が高くて汗が蒸発しなければ、体温が上昇して

熱中症になる。スポーツの指導者は、夏は選手の変化に十分

注意する必要がある。

讀賣新聞4日朝刊より