生きもの観察

テーマ:

小3のお嬢の理科の授業での「生きもの観察」

お母さん、何か生きもの捕まえて学校に行かなあかん(お嬢)

え~。お母さん、ムシ触れへん。(母)

結局、お嬢もムシが触れずバッタを友達に採ってもらった。

バッタといっても枯れ木みたいなバッタです。

カゴに砂をひき詰め、草を差して・・・

mushi

今日で4週間になります。

何度も可哀想やから逃がしたり・・・(母)と言うのですが

学校で観察するからあかん!(お嬢)と言って、

カゴは家と学校を行ったり来たり。

学校帰りに葉っぱを採って来ては隙間から差し込んでいます。


なんか、茶色やったバッタが緑になってるでー?(母)

大人になってんねんやん(お嬢)

2~3日前

いや~ん、白くなってる・・・・(母)とうとう(哀)

お母さん、脱皮したんやで!(お嬢)

そう、私がみたのは抜け殻でした。 

こんな狭いカゴの中で、生きてるんや(母)(涙)

これこそ、生きもの観察やなぁ!(母)(感動)

私の感動をよそに、お嬢は大きくなるねんから・・・・(お嬢)

と当然のことと言わんばかりに

見て見て・・・(母)

旦那も長男・次男もワーッとは言うが心の無い返事

チョッとみんな!冷めてんで!もっと熱くなろうや!


家族で私一人が、環境破壊・温暖化の原因を作っております。


明日は終業式。バッタもお役ごめん、やっとカゴの中から釈放です。

ご苦労さんでございました。久しぶりにシャバの空気を吸ってね!