8月、兼ねてからお膝の痛みと
ずっと付き合っているのことを知っている
友達から
「ここ、やっちゃんにあっているかもよ」

と これだけの紹介で足を運んだ治療院
大田区池上の「心と体がラクになる・治療院トゥルーヴォイスミー」

第一印象は
「ええ声〜❤️」

歌を歌ったらめっちゃええやろな!
と萌え萌えしつつ治療へ。

その治療は
バキボキとかギューギューとかではない。

足首を触る程度。

それも10分くらい。

必ず40分で総て完了する。

で、どないなん?
ってとこなんだけどね。

先生曰く
「三回で膝の痛みは完結します」
と。

ええー、言い切っちゃってええんかい!
おばちゃんおったまげ。

確かに
「もう階段降りても
痛くないですよ」
と言われた日。

そんなわけあるわけないやん。。。

と思いつつ階段降りたら

「いたくな〜い照れ照れ照れ照れ照れ照れ

ええええええ?
なんやの?

思い当たるのは
ここ最近 自分の人生を
まるっと肯定し始めた
ということ。

どんな歴史にも 
「うん。そうだったね」
と言えるようになったこと。

私の場合 我慢や悲しみ 淋しさが
ネックで
それが承認欲求となり
よくわからん行動ばかりして来た。

それが 身体の至る所に貼り付いてて
今年になって それらを統合する作業に
繋がって行ったと思う。

山崎先生の治療は
以前にも書いたが
「どうにかしてもらおう!
まないたの上の鯉じゃー!」
タイプの方には向かない。

依存していく人には向かない。

逆に 
なんでやってくれへんの?
と怒るかもしれない。

自分の身体と心の声に
しっかり向き合い
楽になりたい人は行ったら良いと思う。

事実
一日中 店で立って仕事していると
帰りの散歩がきつかった私が
今では日本中に友達40人を持つ
(少なっ!)
ポケモントレーナーである。

毎日 くるくる くるくると
ポケストップを回し
日本中の友達にギフトを贈るのが
密かな楽しみである(ちっさ!)

で、何が言いたいかと言うと。

こういう小さな喜びも
自分で認めた。
ということが
自分の中で大きな暖かさになるということ。

目の前の幸せを
小さな 小さな幸せを
噛み締めまくって今を生きる。

これを日々やることで
もっと私は輝ける。

んー、意味不明になってもたけど
山崎先生。
ええ声だし 治療院JAZZやし
ええでー!

昨日も 全然触れられてないのに
みぞおちから脚まで
ビリビリしてきて
ホワーってあったかくなって
思わず腹筋使って見ようかなと
思ったけれど
お任せしてた。

一番の不思議は
バキボキしなくても痛くならないこと。

これってすごない?

整体って普通はさ
やった時は良くても
早くてその夜は戻っちゃう。
だから
エンドレス通院になる。

それがないんだよね。

これはすごい。

いろいろ経験してその意味が
わかり始めた今だから
ここまで効果があったとも言えるけど。

一言言って良いかな。

もっと早く出逢えて
いればぁー!!

だからぁ、
たくさん経験したからだってばよ。

人生100年!
まだまだ半分。

もっと楽しもう
もっと遊ぼう!

山崎先生 ありがとうございます。