●複数就業者の労災認定に関する新制度(12月11日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
複数就業者の労災認定にあたり、本業と副業の労働時間を合計して残業時間を計算する新制度が来年度中にもスタートする見通し。労災保険の補償額の計算方式も変更される。現行では労働災害が発生した就業先の賃金に基づき計算するが、これを本業・副業両方の賃金を基に計算するようにする。新制度に関する労災保険法の改正案は、来年の通常国会に提出予定。

 

●働く高齢者の年金毎年改定へ 「在職時改定」導入(12月2日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
厚生労働省は、厚生年金をもらいながら働く65歳以上の高齢者の年金額を毎年増やす制度(在職定時改定)を導入する方針を固めた。現状、退職時か70歳到達時までは支給額の見直しは行わないが、在職定時改定は年金額の改定を毎年1回実施し、65歳以降の保険料納付実績を翌年の年金額に反映させる。実施時期等を固め、2020年の通常国会に法案提出予定。

誠に勝手ながら
令和元年12月27日(金)午後~令和2年1月5日(日)まで、

年末年始休業とさせていただきます。

期間中はご迷惑をお掛けいたしますが、
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

●年金手帳を廃止して「通知書」へ(10月31日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
厚生労働省は、公的年金の年金手帳を、電子データ化に伴い必要がなくなったため、廃止する。新たな加入者には、年金手帳に代わり、「基礎年金番号通知書(仮称)」を発行する。来年の通常国会に関連法案を提出する予定。

 

●厚生年金適用逃れ 立ち入り強化(10月31日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
厚生労働省は、厚生年金の適用逃れを防ぐため、日本年金機構の事業所への立ち入り検査権限を強化する改革案を示した。これまでは対象が適用事業所であることが明白な場合に限られていたが、改革案では、適用対象である可能性が高ければ検査できるようにする。

 

●求人倍率・失業率、9月はともに悪化(11月1日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
9月の有効求人倍率は前月比0.02ポイント低下して1.57倍、完全失業率は同0.2ポイント高い2.4%と、いずれも悪化したことがわかった。政府は雇用情勢について「確実に改善」との見方を維持しているが、米中貿易摩擦等を不安視して製造業の新規求人数が8か月連続で減少するなど、陰りが出ている。