渡瀬刑事が登場する、中山七里さんの「ネメシスの使者」を「立ち読み」した。

 

というわけで、そういえば、渡瀬が出てくる「カエル男」がウチにあったことを思い出し

読み返してみた。

 

ところどころ忘れていたこともあるけど、中山さんの作品はミステリーといえども

何度読み返しても、その展開にドキドキする。

 

マンションの13階から吊り下げられた女性の全裸死体、公園で見つかった男児の

バラバラ死体、車いすの男性の撲殺されて焼かれた死体。

 

一つの街で立て続けに起こった猟奇的殺人。いずれの現場にも、

「きょう、かえるをつかまえたよ」で始まるメモ書きが残されていた。

 

デカものとして、実に派手な事件でひきつけているが、

常に問題となる、責任能力を問う法律、刑法第39条、

そして、過去に酷い虐待を受け、心が崩壊した者が実行する犯罪と、

なかなか重いテーマが柱となっている。

 

骨太な読み応えのある作品だ。

 

 

 

 

 

 

AD