トヨタ86にパワーアンプと彩速ナビ、サブウーハーを装着する~その1~ | 間違いだらけのカーオーディオ

間違いだらけのカーオーディオ

今のカーオーディオの常識は非常識です。
気軽に楽しもう♪

最近は、ブログまでたどりつかない位忙しくさせて頂いております。

 

今週末にイベントも迫っておりますね。あっという間です。

 

 

 

さて、栃木県からお越しのM様のトヨタ86

 

 

非常に綺麗な車両です。

 

以前、遊びに来て頂いた際は、DEH970の内臓プロセッサーマルチ、フロントセパレートスピーカーにチューンナップウーハーというシステムが搭載されてました。

自分で調整したとのことですが、なかなかバランス良く鳴っていた印象がありました。せっかくお越し頂いたので、色々と見学をして頂いて、デモカーのスペーシアギアの音を聞いて頂いたんです。それがどうしても忘れられないとの事で、今回作業させて頂くことになりました。

 

忙しそうなので何時でもよいので!とは言って頂いてましたが、なんとか増税前に作業をしたいと思ってまして、予定を調整して作業をしまして、先日なんとか納車させて頂く事が出来ました。

 

まずはバラしてワイヤリングから

 

現状把握です。

 

カロッツェリアのセパレートスピーカーが付いてましたので、そのまま利用します。

 

施工されていたデットニングは、よく見るウエハース状の物がスピーカー裏に貼られておりました。これは全く効かないので撤去して、変わりにフェリソニC1を施工します。

 

 

元のワイヤリング

 

 

ウチのワイヤリング

  • ハイレベルインプット用ケーブル製作
  • パワーアンプまでプラスマイナス共に引き直し
  • ナビまでプラスマイナス引き直し
  • 各ターミナルは、油圧工具かメーカー指定工具にて確実に処理
  • 接点は全てクリーニング後に装着

 

 

リングターミナルもカットして広げて使用、ボディーアースも塗装を削ったりもせずにそのまま、ダメだこりゃ

 

バッテリーは、DEKAに交換しています。

 

 

ターミナル位置が逆なのですが、配線延長せずに装着できました。

 

この状態で、フロントのみ鳴らしてみましょう。

 

 

サブウーハーは+20dB位は出したいので、10インチバスレフをオススメしたところ、即決でした。12インチでは脱着が厳しそうなので今回はパスです!次回はウーハーボックス作っていきましょー