ノート、スピーカー交換その4。完成。 | 間違いだらけのカーオーディオ

間違いだらけのカーオーディオ

今のカーオーディオの常識は非常識です。
気軽に楽しもう♪

通常業務をしながらの作業となり、お客様には納期で大変ご迷惑をおかけしてしまいました。

 

無事に、完成致しました。

 

フルレンジから2way仕様に変更しておりますので、ワイヤリングが思ったより手間がかかります。

 

パワーアンプは助手席下にインストールしてましたので、運転席下にパッシブネットワークを取り付けました。

 

前回はサフェーサーまで行ったところまででしたよね。

 

拘るお店さんでは、サフェーサーの状態で1週間から1ヶ月も放置して安定させてから本番の塗装に入るそうです。オバくんも半日、出来れば1日以上は時間を空けるようにしています。仕上げパテも同じですね。後からパテの跡というかパテ際が出たりするのを防ぐ目的です。急いで仕上げると、あとからボロがでてしまいます。

 

 

シボを付けた後に、色合わせをした塗料を塗装して、つや消し剤を入れたクリアを捨て吹きします。これで、純正のパネルのような半ツヤ状態となります。後付け感を出さない様にするのが自分のスタイルです。見た目ではなく、音で主張した方がカッコよいでしょ?

 

 

限界まで拡大加工したインナーバッフルですが、思惑通り良い仕事をしてくれております。インナーバッフルに合わせて、鉄板を拡大加工するのは言うまでもありません。サビ止めも確実に行います。

 

 

ただ今、慣らし運転中です。今夜には納車出来ます。

 

純正スピーカーを越える為には、スピーカーのチョイスはもちろん、取り付けが物凄く重要になってきます。取り付け条件が純正スピーカーよりも悪くなれば音が良くなる事はありえません。2wayにしたのなら、ツイーターの音しか聞こえない聴くには耐えがたいシステムの完成となります。いくらユニットが高級でもアウト~!

 

調整だけお願いします、というお問い合わせも頂きますが、調整以前の問題という車が多いのも事実です。取り付けが確実に行われていて、その次にする作業が調整であるべきなんです。

 

もう少し体制を整えて、オーディオに集中出来る環境を作りたいですね。一度集中力が切れると、ダメなんですよね。。。

 

 

 

 

次にお待ちのお客様へ

 

段取りしてご連絡致しますので、もう少々お待ち下さい。