ノート、スピーカー交換その3。ツイーターを埋め込みます。 | 間違いだらけのカーオーディオ

間違いだらけのカーオーディオ

今のカーオーディオの常識は非常識です。
気軽に楽しもう♪

前回は、インナーバッフルを製作したところまでお送りしました。

 

次はツイーターをキックパネルに埋め込んで行きます。

皆さん勘違いしがちなのが、キックパネルにツイーターを埋め込んだらステージが下がるのでは?という部分ですよね。

 

ステージはミッドレンジで上げます。

 

ツイーターを耳の高さまで持ってこないとステージが上がらないのは、ミッドレンジが仕事してないってことなんです。主に取り付けの問題。

ミッドレンジとツイーターの位置関係は近い方が調整しやすく音が自然にまとまるっていうのは何度も書いてきました。だからこそ、コアキシャルの使用比率が多いのがウチの特徴でもありますね。

最近では、純正スピーカーを生かした取り付けが多くなっており、ここまでこだわって取り付けをするユーザーが減ってきたので、キックパネルにインストールする登場回数が減りましたが、、、

 

ノートは、キックパネルが左右非対称です。ミッドレンジに対して同じ位置関係になるように位置を決めていきます。

 

 

3種類のパテを使っています。

 

 

これは、仕上げの黒サフェーサーになります。トラブルを防ぐために、この状態でしばらく放置します。この後、ペーパーをかけてシボを付けて色合わせをした後に塗装していきます。目指すのは純正と同じ質感です。後付け感を無くしていきますよ~~~