新型タント説明会に潜入。色々と変わってますね。 | 間違いだらけのカーオーディオ

間違いだらけのカーオーディオ

今のカーオーディオの常識は非常識です。
気軽に楽しもう♪

ついに出ましたねぇ~~~新型タント!

 

お勉強会をするってことで、宮城ダイハツ販売様の本社に潜入してきました。

 

 

色々と変わりまくってますね!完全新設計!

 

まずはエンジン。今回の新型KFエンジンは、効率を上げるために、その変更は多岐にわたるといいます。インジェクターから噴霧されるガソリンを微粒子化したり、バルブを細くすることで、通路を広げたり、圧縮比を0.2上げたりピストンをフルフロート化したりと、もはやチューニングじゃないすか。

 

このほかに気になった変更点が、イグニッションコイルのハイパワー化とマルチ点火(1回から2回)への変更。

 

 

このモッコリしたイグニッションコイル見て!

 

MSAとV-UP16が最初から装着されているようなものです。この二つは効きますからね~~~ 660ccのエンジンでどれだけ変わるのか、すごく気になります。試運転してみたい!

 

 

 

CVTも、世界初のスプリット機構を採用した新しいもの。ベルトとギヤの二つを組み合わせて駆動するっていう新方式なんだそうです。遊星歯車が入ってて動作する様子は、ハイブリッドエンジンのトランスアクスルみたいな感じなのかな?

 

 

 

足回りも変更されていて、更に安定方向に行ってるみたい。個人的には、軽自動車の足回りはダイハツが一番うまいなって感じています。

 

 

 

肝心のオーディオですが、組むの大変そうです、、、

 

新機構のロングスライドシートレールのおかげて、シート下にアンプを置くのは厳しそう。ワイヤリングも手間かかりそうな雰囲気。エンジンルームから室内へのアクセスは楽そうなんですが、、、そしてゴツい電流センサーがやなかんじ~

 

 

スピーカー位置はこんな感じ

 

 

ドアスピーカーの位置は良いのですが、ツイーターがミラー裏ってのがあまり好きではありません。耳に近くなるので、ステージングに影響ありです。

 

電源ですが、ターボモデルのみ70Aから80Aのオルタネーターに変更されているようです。

 

ナビ回りはこんな感じ

 

 

そして、車屋さん泣かせなのがエアコンガスの変更!!!

 

 

HFO1234yfっていう、めっちゃ高価なガスへと変わっております。200g缶で15000円くらいします。。。

 

ちなみにこのガス可燃性。今までのR134aっていうガスは使用禁止になる流れみたいで、今後は1234化の流れが加速するでしょうね。

 

とまあ、まだまだ書ききれない程の変更点があった新型タント。

 

他メーカーさんにも良い刺激となるんではなかろうか!

 

今日はこのへんで終わりにします。明日より8月が始まります。皆様よろしくお願い致します(^^)