スピーカーは重いのがエライとは限らない | 間違いだらけのカーオーディオ

間違いだらけのカーオーディオ

今のカーオーディオの常識は非常識です。
気軽に楽しもう♪


テーマ:

よく言われる

 

「こんなに軽くてペラッペラなスピーカーで鳴んの!?」

 

という純正スピーカー批判。

 

でもこの意見って、一部の車好きに限るかもしれません。

 

一般の人が純正のオーディオを聴いた時に

 

「今時の車は音いいねぇ」

 

って思っている人のほうが多いような気がしています。

 

純正=音悪い

 

ってイメージを作り出して

 

スピーカー変えよう、マルチにしてプロセッサー付けよう

 

っていう考えを生み出す為の理由付けか?

 

とも考えちゃいます。

 

そもそも、そんなに使えないものなら、ウチだって純正スピーカーを多様しません。

 

何回か書いてますが、純正スピーカーって取り付け条件が良いんです。

 

理解して組まないと、社外スピーカーを付けることで純正で優れていた取り付け条件が悪化するケースが多いため

 

そもそも、社外スピーカーの本来の音が出ていない車が多いように感じます。

 

ウチのスピーカーの優先順位は一番最後

 

大切にしているのがヘッドユニット

 

次にパワーアンプ

 

パワーアンプは大事なんですが、ヘッドユニットに入っているプリアンプの質も

 

ものすっごく大事

 

ヘッドユニット4 パワーアンプ3.5 スピーカー2.5

 

いや、

 

ヘッドユニット5 パワーアンプ3 スピーカー2

 

か。

 

ヘッドユニットとパワーアンプが優れていると、スピーカーから出てくる音はガラっと変わります。

 

逆に、ヘッドユニットとパワーアンプがイマイチだと、例え良い音のする高価なスピーカーを付けてもイマイチなまま。

 

今は、ナビを軸にオーディオを組まれるお客様が多いので、ケンウッドさんちの彩速ナビをヘッドユニットとし、確実なワイヤリングにて良質なアンプであるモスコニのONEシリーズと、箱のせオリジナルウーハーボックスを導入することで基礎代謝をアップさせ

 

増えた調整箇所を生かして、テスターを使わずに耳と目だけで音を追い込む現車合わせセッティングを施す

 

コレが、現在ウチで多くのオーダーが入る基本メニューとなっております。

 

ここまでやって、不満が出てきたらスピーカーを交換するという流れでいいんじゃないかな?

 

実際、純正スピーカーのままで満足しているお客様は沢山いらっしゃいます。

 

「純正スピーカーってつかえなくね?」

 

って知り合いからの問い合わせがあったために、こういうブログを書いてみました。

 

すぐにポイしちゃうのはもったいないかもしれませんよ?

 

純正スピーカーにも社外スピーカーにも、それぞれメリットがありデメリットもあるのです。

 

参考にしてみて下さい。

 

では(^^)ノシ

大場モーターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ