俺は常務に賭ける。 | あなたのカーオーディオは鳴ってますか?常識は非常識です。

テーマ:

納車した次の日に、I様がまたご来店されました。

 

クレームか???と思ってドキっとしましたが、体調管理をしっかりしてもらわないとカーオーディオを任せられるのは常務だけなんだから困る!だそうで笑

 

他にも沢山のありがたいお言葉を頂戴致しました。いつもありがとうございますm(__)m

 

一通り聴いてみたからとのことで、音の感想も頂いてます。

 

「音がごちゃごちゃに聞こえない、全てハッキリ聞こえる」

 

「高域がしっかり出ているのにうるさく感じない」

 

「レコーディング風景が見えるようだ」

 

「鳴らせば鳴らす程に良くなってきた、声が色っぽい」

 

ただ、中低域のハリというかスピード感がもっと欲しいとのコメントも頂いております。

 

その辺りは、当店のオススメするDEKAバッテリーへの交換や、アンプのグレードアップで対処することが出来ると思っています。デットニングもやり直したいのですが、予算と相談して徐々に改善させて頂きます。

 

色々触ってみて感じた、50プリウスの悩みどころもあります。

 

それは

  • 30プリウスは補機バッテリーがラゲッジスペースにあったが、50系からはエンジンルームに搭載されていて、太い配線を室内に通すのが非常に大変なこと
  • ハイブリッド全般ですが、電気を消費し過ぎると、燃費の悪化に繋がること
  • 7インチナビを入れると寂しい
  • 1DIN入れると更に寂しい
その為に、パワーケーブルが8Gで済むパワーアンプ(ONE80.4)を使用しています。ちなみにプラマイ2本通していますよ。
 
明らかに20や30プリウスの方がオーディオ向きですね。個人的には、センターコンソールの無い20プリウスが好きです。
 
50プリウスは、ノーマルスピーカーの作りが優秀ですので、純正スピーカーに外部アンプ、箱のせサブウーハー
 
というのが鉄板メニューかと思います。出来ればナビは彩速ナビ!
 
それで物足りなくなれば、社外スピーカーを導入すれば良いと思います。
 
当店ではまず初めに、パワーアンプとサブウーハーの導入をオススメしております。全国的に見ても、パワーアンプの取り付けはかなり多い方だと自負しております。逆に、社外スピーカーの取り付けは少ない方です。
 
外部アンプの導入によるメリットは多く、クロスオーバー(ハイパス、ローパス)を使えて、それぞれゲイン調整が出来ますのでレベルマッチングが取りやすくなりますし、ボリュームも上げることが出来ますのでダイナミックレンジも上がります。もちろんサブウーハー導入によって出ていなかった低音が出ると、まるで別の曲を聴いてるような感覚に陥ります。その反面、調整箇所が増えますので取り付け者にはスキルが求められるというデメリットもあります。DSPによる処理は音の劣化を強く感じるので使いません。使うと非常に楽ですけど、出てくる音はつまらない音。楽して良い音をなんて虫の良い話はありませんから。
 
やはり、カーオーディオは「良い取付・良い部品・良い調整」
 
これが大大大3原則
 
これらを高次元でバランスさせるのがインストーラーの仕事だと思っています。
 
色々とお話しをした中で出た言葉がありました。
 
「俺は常務に賭ける。賭けてみたい。俺も色々やってきたからある程度わかってはいたつもりだが、こんなに音に詳しいヤツが近くにいると思わなかった。」
 
この言葉を励みに、今日も頑張ります(^^)
 
そして、久しぶりにコイツを引っ張り出してきて只今実験中
 
 
 
 
では(^^)ノシ

大場モーターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス