アナログプリウス納車完了~くるまがらおりらいね~ | あなたのカーオーディオは鳴ってますか?

テーマ:

前回の続きです。

 

無事に、納車完了した50プリウス。

 

完成はこちら

 

 

 

1枚貼りは、案外難しかったりします。

 

なるべく違和感が出ないように頑張りました。

 

 

ワイヤリングの肝は接点

 

 

通す場所でノイズ拾うとか急激に曲げてはダメとか言う話を聞いたことがありますが、経験上ほとんど気にしなくて大丈夫。

 

それよりも安全性とメンテナンス性、接点の状態の方が遥かに大事。

 

新品のRCAケーブルだって、酸化しているのですから。。。それは、これを見ればわかります。

 

 

タマゴ肌状態にしてから組み付けよう

 

 

この画像をご覧ください。

 

 

 

 

左が磨き後、右が磨き前

 

こんなに違います。

 

音も全然違います。

 

うちでは、綿棒を使って隅々までクリーニングをした後に、接点保護剤を塗布して新たな酸化を防いでいます。

 

完成したのがこちら

 

 

 

 

酸化物は音にかなりの悪影響を及ぼしますので、組み付け前に「タマゴ肌」状態にしてあげる事が大事。

 

そして、接点のねじ類は基準トルクで締め付ける。

 

こういう細かいことの積み重ねが音に表れます。

 

 

再調整

 

 

某社のナビから彩速ナビへ。

 

そこから往年の名機「DRX9255」を追加という贅沢なシステムとなりました。

 

古いのでオーバーホールはもちろん、接点類の劣化も激しいので総クリーニングします。

 

そうすることで、全く別の音になります。特に、アナログ機の命とも言えるアナログボリュームは寿命がありますので交換してあげます。

 

中古で購入された方の中には、本当の9255の音を知らずに悪い評価をする方も見受けられますね。残念です。

 

オーナー様はアナログレコード世代のお客様で、ホームオーディオにも詳しいオーディオマニア

 

そしてドラムの腕もプロ並みときたもんだ。

 

妥協は許されません。

 

付属のパッシブネットワークも微調整

 

 

 

 

ローパスコイルを解いて定数を変更し、ミッドの中域を少し出してバランスを改善。

 

長時間聴いていると、耳がおバカさんになってしまうので

 

休憩を挟みながらゲインやクロスオーバーを煮詰めます。

 

 

仕上げ

 

 

ちょっとしたことですが、とても大事なことがあります。

 

それは、オーナー様が煮詰めたシートポジション

 

 

 

 

ちゃんとしるしを付けて、元に戻しておきました。

 

 

果たして反応は如何に?

 

 

「くるまがらおりらいね」

 

音が良くて、車から降りられないっうニュアンスだと思うのですが、非常に喜んで頂けました!

 

「ボリュームが低くてもちゃんと聴こえる」

 

おそらく、ヘッドユニットを変えてここまで音が変わるとは思ってもみなかったのでしょう。

 

まだまだシステムアップされるようですから、読者の皆様もお楽しみに~

 

では(^^)ノシ

大場モーターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス