カーオーディオの調整の意味ってなんだろう。 | あなたのカーオーディオは鳴ってますか?

テーマ:

最近多いのが

 

「カーオーディオの調整だけしてください」

 

っていう依頼。結構来るんです。

 

でもね。。。

 

カーオーディオにおける調整の意味を勘違いされている方が非常に多い。。。

 

 

具体的には

  • イコライザーの調整
  • タイムアライメントの調整
  • アンプのゲイン調整
等をしてほしいっていうんです。
 
。。。
 
そこから、長い長い面談がスタートですよ。笑
 
話をして、音を聴いていただいて、色々と体験体感して頂きます。
 
 
 
そもそも、イコライザーを使っている時点で、取り付けが悪い証拠ですし、ユニットの組み合わせでバランスを崩しているパターンも多いです。
 
デジタル補正をするって事は、何かしらの回路を通す訳ですから当然劣化が発生します。
 
ってことは、補正無しで行ける方が鮮度が良さそうな気がしませんか?
 
タイムアライメントは、百害あって一利なし。理屈はわかりますが、使うことによる音質劣化が酷すぎます。
 
じゃあ、調整ってなんなの?
 
それは
 
「基準の音に近づけるために、あらゆる手を尽くす」
 
それじゃわかりづらいので、具体的には?
  • ユニットチョイス
  • 取り付け方法
  • 各ユニットのクロスオーバー・位相調整
  • 各ユニットのレベル・ゲイン調整
  • ウーハーボックスの位置、向き、及びチューニング

ってとこじゃろか。

 

取り付けで出ていない音は、イコライザーで上げても出ません。

 

取り付け調整で7割の音を出す。

 

残り3割はユニットの性能。

 

文章で書くと簡単に見えますが、何年やっても難しい。。。って大して長年やっている訳ではありませんがw

 

測定器やテスターに頼ると、それ以上追求しなくなるので、マージンは概ねたっぷり残ったままとなる。

 

自分は、確認の為に使用することはあります。

 

このマージンを詰めるという作業は、人の力が無いと厳しいのではないかと思っています。

 

ここに長けているのが大阪HISの堀間氏61歳。唯一無二。元祖ホリマ棒

 

引き出しの多さ、癖の強さったらもう!音を聴いたら二度びっくり!

 

出るとこは出てて、大人しい所は大人しい。余裕たっぷりの優しい音なんです。

 

最近の仕事紹介を少し

 

 

 

 

まぁ、手の込んでる事。。。

 

こんな、楽しい音が日本にも沢山増えたらいいのにな。。。

 

と思う、今日このごろです。

 

よし、今日もオーディオインストールしてきます!

大場モーターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス