テーマ:

システムアップにストイックなY様のアクアです音符

 

 

 

A社のスチールとゴム?のインナーバッフルから、オリジナルのインナーバッフル、通称オオバッフルに変更です。ネタがそんなにないので、詳しく解説していきます。笑

 

 

 

まずは、型をとります

 

 

 

 

 

 

フィンランドバーチ合板とMDFを切り出します

 

 

 

 

 

 

スピーカーがスムーズに動けるように細工して接着します

 

 

 

 

 

 

樹脂で防水加工を施します

 

 

 

 

 

 

そのままでは平面が出ていないので、どちらの面も平らに削ります

 

 

 

 

 

 

色塗って完成、固定はナッターでナットを埋め込んでガッチリ固定しています。

 

 

 

 

 

 

内張りギリギリまでバッフルを立ち上げてあそこを○○して××しています。ウインク

 

 

 

これでうちは20000円です。恐らくインナーバッフル製作の相場位の価格設定だと思いますが、ちゃんと考えて作っているので音は全然違いますよ!!

 

 

 

ちなみにバーチを使っている理由は、音のためというよりは、ボルトで締めこんでもあまりめり込まない強さと、元々持っている防水性の高さに着目してです。耐久性ですね。拘るならくっそ重たくて高い、音響特性に優れた真鍮を使います。

 

 

 

ちなみに、金管楽器がブラス(真鍮)から出来ているからブラスバンド部って言うんですよ!きっと、重さもちょうど良くて良い響きが出るのが真鍮なんでしょうね。アルミバッフルはあまり意味がないと思われます。アルマイト加工されていれば腐らないというメリットはあるでしょうが。。。

 

 

 

バッフル一つでもピンキリっす。。。何度も作ってきて痛いほど違いを体感しているので、是非とも拘って欲しい部分です!!

 

 

 

ではパー

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

大場モーターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。