腸がザルになる!?

テーマ:

 

今回はダイエットの基本的な腸について書きたいと思います。

 

腸がザルになる!?

 

 

 

 

化学物質や糖をとり過ぎると、腸がボロボロになります。みなさんも何となくは腸にどういうものが悪いのか分かっていますよね!

 

 

腸が体にとって大事なところであることは、今色々なところで取り上げられているのでよくご存じだと思います。

 

 

あえてダイエットと腸は大変重要な結び付きがあるので書きますね。みなさんのこれからの体の為にも参考にして下さい。

 

 

単に化学物質や糖をとり過ぎると腸が汚れるだけでなく、有害な菌がはびこったり腸壁の細胞を傷つけたりするのです。

 

 

 

 

 

腸内環境が悪化するとカンジタ菌が腸壁にびっしり貼りついてしまいます。

 

 

体にいい働きをする腸内細菌も本来の働きができなくなり悪循環が生まれます。

 

 

またもう一つ腸壁が傷ついて体に悪いのものまで吸収してしまう、漏れ漏れのザル状態なるリーキーガット症候群という病気にかかる危険度も高まります。

 

 

でもこの飽食で毒まみれのものが多い時代だからこそ、この腸は体に入ってきたものを厳しく検閲し、要・不要を判断することで私達を病気から守ってくれます。

 

 

段々傷が進むと検閲機能はほとんど低下します。本来は吸収されずに便や尿になるものが吸収されるようになって体の中に入ってくることになります。

 

 

口から肛門まで続いている臓器などは実は体の中であって実は外なんです。腸はまだ外なんです。

 

 

 

なんでもかんでも細胞レベルまで簡単に入ってくるわけではないんです。

 

 

 

まだ細胞の中まで入っていくことを検閲しているのですが、腸が低下してなんでも簡単に入ってくる

ことになると簡単にガンやアレルギーなどの現代病にかかりやすくなります。

 

 

化学物質や糖質は免疫力の低下を導くのです。

 

 

コンビニなどで食べ物が簡単に手に入りますが、本来自然と共に生きる人間は食べれなかったり、空腹を感じることもあって当たり前!

 

 

自然からだけのものでは本来食糧が足りませんからね!不自然な製造工程のものがあるからこそ飽食で常に食べれています。

 

 

食べれない時のことを考えて体に脂肪を蓄えるように作られています。

 

 

脳も栄養が足りなくてお腹空いた!お腹空いた!と訴えることが多いんです。ビタミンくれ、ミネラルくれとは脳は言えませんからね!それを糖質たっぷり与えて病気をうんでいるのが現代人なんです。

 

 

1食1食食べる前にきちんとあなたの体に入れていいものか判断して下さい。

 

 

 

毒は脂肪にたまりじわじわと血液中に出たり入ったりしながら全身をめぐり、じわじわと体を蝕んでいくのです。

 

 

昔より現代は年齢を重ねれば重ねるほど脂肪は落ちにくくなっています。それは毒が多くそれが脂肪に溜まっているからなんです。

 

 

腸は私達を守ってくれるものですからダイエットの為自分の明日の笑顔の為にもう一度腸を大事にしていきましょうね!

 

 

うるさいですが、腸にいい食べ物食物繊維毎日毎食とりましょうね!