【フィルターを通す強み】と【人好きの強み】 | おあしす建築舎 舎長 Yasutakeのブログ(オアシス建築舎)

おあしす建築舎 舎長 Yasutakeのブログ(オアシス建築舎)

価値観のある暮らし方をDesignする為に、Garage&Garden&Houseに関わっています。
不特定多数ではなく、特定少数のファンに向けてメッセージを発信する事を心がけています。

hello アメブロ

 

おあしす建築舎の舎長こと YASUTAKE です

 

暮らしのデザインをする為に、

お家づくりをしたり、お店造りをしたり

コドモコウムテンのイベントをしたりしています。

個人的には最近、暮らし以外の様々な悩みにアドバイスをする事が多いです。

日々進化しているので肩書はちょこちょこ変わる事が有ります。

 

今日は実体験から思う、【フィルターを通す事の強み】 についてお話ししたいと思います。

これは日々ある事なので、けっこう特別感も減り、身に付いたなと感じる事だったりします。

 

これから岩手県の紫波町でGarageを造るんですが、こちらのお客さんさんは、車の整備/販売を生業としていまして

 

もう何度もお互いに、お仕事の依頼をしあい、知人を紹介しあう関係なんだけど、思えばそういうお客さんが多いなと。

昨日もお話しを書いた、ヘアサロンだったり、飲食店だったりは当然何度も行く事になるんだけど、

 

車も消耗品な所も有るからメンテナンス/買い替えの周期も比較的に早いんだけど、

僕らがメインで行う建築って依頼を受ける周期とすればそんなに早くないモノだと思うんだよね。

 

昨日の現場で有った会話で面白かったのが、今回施工で入る職人Bさん。

この人も最初は人の紹介で僕らの現場で知り合う事になるんだけど、一見 不愛想でコワモテなんだよね。

 

僕はこうゆうキャラクターだから、最初に仕事の真面目な話しをバッとして、後はプライベートのお話しを沢山する。

当然色んな話しをすれば、様々な縁に気付くわけで、そうなるとお互い心地良いんだよね。

 

何でって、自分の元々知っている人の知合いってだけで、少しその知り合いというフィルターを通した安心感が有るから。

勿論そこで、全てさらけ出す人は居ないけど、少し心が解けちゃえば後は当人同士の価値観で好き嫌いは分かれるよね。

 

この人も僕らのファンでいてくれて、お客さんとも当然仲良くなる。こちらのお客さんから車も買ってくれて、お客さんは喜ぶし、

僕の顔も立ててくれる。

 

スタートは、お客さんAさんが僕にお仕事の流れをくれて、僕から職人Bさんへお仕事の協力を貰う。

その一部がお客さんAさんのお仕事に帰っていく。

最高じゃないですか?

 

僕の周りでは、これがもの凄く多いんです。

 

一服の時のお話で、僕とお客さんAさん、職人Bさんグループで雑談中に

職人Bさんのお友達Cさんが、毎日家の塗装しませんかの営業が多すぎで困っているという話しから、そのお友達Cさんも車の営業を

されている方で、色々な業者さん方も、やれ安いだ高いだのお話しにウンザリしていると。相談されたと、僕が相談されました。

 

本質として、何のために塗装するのか、そもそも塗装が必要なのか、逆に塗装で済のか。

何を求めているのかに対しての、それぞれの適正な価格という物が有ると答えると

 

Cさんも、舎長の考えが好きだから、やってやってくれと依頼を頂きました。

でも、実際に建物を見てみて、不要と思えば進めませんが。

そうやって愛情と恩送りをくれる事に僕は笑顔になるし感謝もするんです当然。

 

で、最終的に一番笑ったのが、その一連の流れを聞いていたお客さんのAさん。

今から新規の土地にGarageを造るのに、別宅の自分の自宅もそろそろ時期だから塗装してくれと

このやり取りに参加してきました・・・w

もうこの人 大好きです・・・w

 

新規の現場の雑談で、0営業で2案件ゲット。

(実際は僕が不要と感じれば、まだやらなくて良いのではないかと提案する可能性も有る)

お互いの仕事の紹介数が多いから、凄く多く会えてるんだなと気づきました。

 

でもさ、人好きの恩送りの流れって本当にパワー有るなと。

僕は基本全く営業していませんもん(^^;

 

この仕事を誰に頼むのか、誰に自分のお金を託すのか。

それを見極められる人が、僕らの周りに集まってくれていると感じます。

注: 逆に人に興味が無い人は僕のやり方では絶対に上手くいかないと思います。

 

↓ ↓ ↓ それには明確な理由が有ります ↓ ↓ ↓

 

これも僕の近くにいる人たちにはずっと言ってるんで耳タコかとは思いますが・・・(;^ω^)

【 人好きの強み 】

 

僕は、基本的に全員好きな人とだけ仕事をしたいと思っているんです。

 

・僕らが好きと思える人だけがお客さん。

・お客さんも僕らの事が好きな人。

・関わる職人さん達も僕らの好きな人達だけ。

・職人さんも僕らの事が好きな人達だけ。

・僕らの事が好きなお客さんは、当然僕らというフィルターを通した職人さんとも仲良くなれる。

・僕らの事が好きな職人さんは、僕らのお客さんを好きになるので、より良い仕事が出来る

 

そうすると、一服の差し入れを頂いた時なんかのコミュニケーションも大いに盛り上がるし、

会話の中で、またもや縁に気付き、大きな丸い円になる。

そこに、それぞれのビジネスが絡めばお金としての円になる。 ドルかもしれないけど

 

こんな事を言っちゃうと、仕事なんだから真面目にやれ、嫌な仕事もやって、嫌な人でも付き合わなきゃダメだろって意見も

有ると思います。

 

おあしす建築舎は、僕が二代目で、法人化してから今年で30周年となりますが、当然色々なお仕事をさせて貰い、

色んな人とお付き合いをしてきました。

もちろん嫌なお仕事、苦手な人とのお仕事も沢山してきました。

 

苦しい時期も沢山経験して、でも仕事だからと、やればやるほど精神的にもキツクて、業績もキツクて。

苦しい時期に来る仕事は、苦しいモノと相場が決まっていて。

 

何でだろう、どうすればいんだろうって何百回も考えましたよ。

こうゆう人のお仕事はいつも楽しいし、上手く行く。関わるみんなもニコニコしていて、また一緒にやろうとなる。

こうゆう人とのお仕事はいつも面白くないし、経済的にも精神的にも健康的ではない。

 

そこには大分早く気づいていたけれど、それこそ仕事だから仕方ない。

僕の所に来たお話しは全部取りたい。

なにしろ、仕事を捨てるなんて怖い事をしたらやっていける自信無い。

価値観の違う何かと比べられて、自分の強みを可視化、言語化出来ずに、

もともと価値の違う金額の比べっこの土俵で勝負をする事になれば、買っても負けても気持ちも経済も不健康。

 

分かっている・・・わかっているけど・・・と同じ負のループを繰り返しましたよ。

その努力の先にはHappyが有ると信じて。。。

 

そんな僕でも、コドモの頃から人に相談される事が多くて、人様には無責任に結構まともな意見やアイディアがバシっといえる。

俯瞰でモノが見えていると実感する事が多く、人に言えるのに自分は出来てないじゃんって事も何度も有った。

でも、自分のアドバイスに感動してくれたり、感謝されたり、涙まで流してくれる人達がいて。

こっちもパワー貰う経験を沢山している内に、自分の考え方や価値観の気付きで人を喜ばせる事って気持ちいいなと。

 

 

 

僕にも多くの影響を与えてくれたメンターが何人かいるんだけど、その人達って、みんなカッケーの。

それぞれ住んでる地域も業種も規模も様々だけど、みんな苦労してて、どん底を経験してるの。

影響力の有る人達の話しって、一貫性が有って、質問の答えを選択する時にいつも芯が有ってカッコいい。

あとは、経験した事を話しているから、やっぱり説明根拠として強く響くなと。

 

で、自分もそうなりたいって思った。

【Why?】常に物事の本質を探る癖をつけた。

 

Whyを自分に問い続けた結果、答えが見えたというか、これをやったらHappyにしかならないな。という結論が出まして。

所謂ロジックが完成した感じ。

思った事を実践してみて、結果や経過を、自信を持ってアウトプットしようと。

頭がよじれる程考えて考えて考えた結果が見えていたので、案外変化のタイミングでは怖さは無くなっていました。

 

それで、お話しのように、好きな人とだけ一緒にお仕事をしたいと思うようになったんです。

で、思うだけでは加速しないので、人に話しまくる。まずはスタッフや友達に話す。

話していくと、より答えはスマートになっていき、言語化出来る用になる。

 

言語化出来ちゃうと短い時間でも心地よい熱量で人に入っていきますよね。

それを聞いた人には、潜在的に同じ感性や感覚を持っているけど、言語化した事が無い人も多くて

そうゆうフィーリングの合う方達が僕らのファンになってくれる事が多いです。

 

僕らのファンですって言う人なんか、こちらも大好きにきまってますからね。

一緒に暮らしをDesignするのも、お店の商売をDesignするの何しろ楽しいに決まっている訳です。

 

そこに気付き始めると、きっと何のお仕事しても上手く行くんだろうなって気が付く。

 

僕はまだ途上だけどね

 

つまる所、毎日が楽しくて仕方ないって事でした(#^^#)

 

では次回!!

 

 

 

あとがき

 

やっぱりこれも、恩送りのループなんだろうけど、基本的にみんな、僕を含めて人が好きなんだよね。

人が好きっていう価値観が一緒で、相手を好きになろうとしていれば、相手も基本的に好いてくれる。

 

相思相愛になれば、また別の自分の好きな人に紹介したくなるモノだと思う。