ファクトリージャパン社とのスポンサー契約内定について | 元オンワードオークスメンバーによるチーム再建への挑戦ブログ

ファクトリージャパン社とのスポンサー契約内定について

ファクトリージャパンさんとのスポンサー契約が内定いたしました。

以下、本日報道各社向けプレスリリースの全文です。

スポンサー様と共に皆様に愛されるチーム作りを目指して参ります。


報道関係者各位                        ≪発信元≫

平成21120

プレスリリース                       旧オンワードオークス

                               選手自主運営事務局

アメフト・旧オンワードオークス主体の新チームが、整体サロン

“カラダファクトリー”の母体・株式会社ファクトリージャパンと

スポンサー契約内定!

~チームファンを愛する心と、お客様を元気にするサロンが合致!ゼロからの再スタートで、

もう一度、Ⅹ1リーグへの夢をかなえる!~

 このたび、社会人アメリカンフットボールチーム、旧オンワードオークス主体の新チ
ーム(チーム名未定:クラブチーム代表:石井光暢)と、株式会社ファクトリージ
ャパン(神奈川県横浜市:代表取締役 子安裕樹)が、双方の目指す方向性を確認
、スポンサー契約の内定をし、今後早い段階で正式調印をしていく運びとなりま
した。

■ 経緯として、昨年12月、経営状況の悪化から、スポンサーからスポンサードの撤退
  を言い渡されていた当チームですが、以前より、チーム専属スポーツトレーナーを
  していた株式会社ファクトリージャパンの子安代表が、この解散の危機に直面した
  チームの再起に掛ける熱い想いに共感し、今回の内定に至りました。また、
スポン
  サー契約内定には「社会情勢に左右されない地域とファンと共に歩む真のクラブチ
  ーム」という新チーム理念と以下4つの活動方針を盛り込む予定です。

1. 社会に貢献するチームとなる。

2. 社会のリーダーとなる人材を育成する。

3. 地域との繋がりを大切にし、必要とされるようなチーム活動を行なう。

4. アメリカンフットボールの普及発展に貢献する。

また、従来の企業スポンサーとスポーツチームという関係を超え、両者でスポーツの新
たな価値の創造を追及していくという新たな挑戦に向かい、従来の「企業とスポーツ」
の関係に一石を投じ、双方で日本のアメリカンフットボール界を変革する!そして、日
本のアマチュアスポーツ界を変革して意気込みです。

新チームでの協会申請が受理されたとはいえ、新チームがどのリーグからスタートする
かはまだ決定が為されてはおりません。例えどのような裁定が下ったとしても、新チー
ム及びファクトリージャパンは、今回の活動で得た約4万人の署名の重みを受け止めな
がら、スポーツの新たな価値の創造と地域とファンから必要とされるチームを作るよう
活動して参ります。

報道関係者の皆様におかれましては、なにとぞ両者の想いと、今後の活動について、ご
理解とご協力をいただければ幸いです。尚、本件に関する記者発表会を2月に株式会社
ファクトリージャパンより行う予定です。