日の出とともに新たな作品のインスピレーションが湧きました! | 岡本一志 幸せのタネまき日記

岡本一志 幸せのタネまき日記

23万部突破のベストセラー
幸せのタネをまくと幸せの花が咲くの
著書 岡本一志 のブログです


テーマ:
今、東京は不思議なくらい澄み切った空気と静けさにあります。
私は年末年始、新たな作品の着想を得るために、帰省せずに
ホテルの一室にこもっておりました。
そして新年の初日を見た瞬間、鮮やかな作品のインスピレーションを得ました。

仏教の心を分かりやすく感動的に伝える新たな作品を産み出せることを本年の元旦にお誓い申し上げます。詳しい内容はおってこのメルマガでご報告いたします。

本年も何卒よろしくお願いいたします。

【平成31年を悔い年にするブッダの説法とは?】


皆さん平成30年はどんな年でしたか?

「あっという間の一年だった」
というセリフを一体、何回繰り返してきたことでしょうか?
そして、後、何回繰り返すことができるのでしょう?

多くの人は、過ぎ去りし、日々を振り返っても、
後、命がどれだけ残されているかを見つめようとしていません。

一休は、

門松は冥土の旅の一里塚
めでたくもあり、めでたくもなし

と歌いました。

年明け正月、あけましておめでとうと新年を祝いますが、
一年たったということはそれだけ、冥土(後生)に近づいたということですよという意味です。

【死をみつめることと生きることの意味を考えることは同じ】

一休の歌だけでなく、仏教には、いたるところに、人生は有限であることと命の無常を説かれています。

仏教に命の無常が説かれているのは、一つにそれが真実だから。

二つに無常を見つめたときに、初めて本当の人生の第一歩が始まるからです。

人生には有限である。このことを深く知れば知るほど一日一日を大切に生きることができます。

今回は、仏教に説かれる死生観をある有名なお釈迦さまのたとえ話を通してお話したいと思います。

平成も終わりに差し掛かり、新たな皆さんの一歩となるようにぜひ、この講座にお越しください。

日時 平成31年1月12日(土)
時間 14時~16時
   その後 懇親会
場所 千代田区飯田橋3-11-14 GS千代田ビル 3F
セミナー参加費 2000円
    懇親会 2000円

★お申し込みは↓
https://www.kokuchpro.com/event/310112/

【平成31年日程】

1月は九州・広島・福山・岡山に行きます。

【東京】

1月12日(土)平成31年を悔いない年にするブッダの教え
https://www.kokuchpro.com/event/310112/

【関西】

1月13日(日)昼 三重県伊賀 場所未定です。
1月23日(水)夜 心斎橋  
1月24日(木)夜 三宮

【九州】

1月26日(土)福岡にいます。お声かけください
1月27日(日)昼 福岡博多

【中国】

1月28日(月)夜 広島県福山講座
1月29日(火)広島近辺に滞在、お声かけください。
1月30日(水)岡山講座
1月31日(木)広島駅付近講座 場所未定

お問い合わせはこのメールに返信ください。


仏教カウンセラー おかもんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります