10年間、寝たきり生活を乗り越えてタンゴダンスの パフォーマーとしてデビューした女性のお話です | 岡本一志 幸せのタネまき日記

岡本一志 幸せのタネまき日記

23万部突破のベストセラー
幸せのタネをまくと幸せの花が咲くの
著書 岡本一志 のブログです


テーマ:

音声ブログをはじめました
5分ぐらいの心がほっとする仏様の話を載せていきます。
ぜひお聞きください。毎週水曜日更新です。
http://www.radicro.com/okamonn/

-----------------------------------------
10年間、寝たきり生活を乗り越えてタンゴダンスの
パフォーマーとしてデビューした女性のお話です。
-----------------------------------------

全く身寄りがない中、音楽に夢を抱き、アルバイトをしながら、
一生懸命、バンド活動をしていたその女性は、念願かなって
デビュー、とある大手企業のCMにも出演しました。

ところが、いよいよこれからという時に、
その女性は、事故に会い、寝たきりの生活を余儀なくされてしまったのです。

折角つかんだチャンスも断念、無力感と絶望に打ちひしがれる毎日でした。
このまま、何もできない毎日が過ぎ去っていく
死んでしまった方がいいのではないか?

そんな思いが出てくるたびに、彼女は、ベッドの中で、
自分の腕にかみついて、死にたい気持ちを押し殺しました。

そんな彼女を支え続けた一通のメールがありました。

時折、彼女の携帯に届く、そのメールには、

「どんなに苦しくても人生には目的があるんだよ」
「まいたタネは必ず生える」
「幸せのタネをまくと幸せの花が咲くのだよ」

とお釈迦さまの教えを優しく説明しながら、励ましてくれるのです。

彼女は、

「どうせ、私の人生なんて意味なんかない」
「いまさら何をやってもダメ」

と何度も、そのメールが届くのを解除しようと思いましたが、
不思議と届くたびにひらいて読まずにおれませんでした。

そして、ある日、彼女は、ある決意をしたのです。
自分の大好きなダンスでリハビリをしよう。

そこから、再び、彼女の音楽活動が始まりました。
しかし、思い通りに動かない体、
すぐに息が切れてしまう衰えてしまった体力
10年間、動けなかった衰えは想像以上でした。

でも、彼女は、少しずつだけど、音楽に合わせてステップが踏める。
ちょっとずつですが、体力が戻ってきていることを感じていました。

きっと、本人にしかわからないような、かすかな変化だったのですが、
それでも、鉛になってしまった自分の体を一生懸命、動かすことで、
チョットずつ動くようになる変化がうれしくてうれしくてたまらなかったのです。

「たねまきは必ず実るんだ」

一生懸命、ダンスの練習をする彼女は、もう、ベットのなかで
死にたいとふさぎ込んでいる彼女ではありませんでした。

それから、数年後、

彼女は、タンゴパフォーマー、Laiyaとしてデビューしました。
そして今、世界各地の舞台で活躍するようになったのです。

おかもんがメルマガを書き続けて約10年、このメルマガを
心の支えにしてくれた一人の女性のお話です。

そのタンゴパフォーマーLaiyaさんが、
今回、岡本の3作目の本の出版を記念して、ペアダンスと岡本のミニセミナーを企画してくれました。

laiya さんの素敵な写真↓
https://www.kokuchpro.com/event/20180907tag/


【日時・場所】

平成30年9月7日(金)
場所 江東区総合区民センター6階
   サブレクホール

1830 オープン
2120 クローズ

★参加者の皆さんで簡単なダンスを踊りましょう。岡本も踊ります。見学のみも可です。

詳細・お申し込みは↓
https://www.kokuchpro.com/event/20180907tag/

皆さんと楽しい時間を過ごしましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
飯田橋仏教勉強会 歎異抄に学ぶ 阿弥陀仏の救い
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9月6日(木)19-21
名著・歎異抄を学ぶ
お申し込みは以下からです↓
https://www.kokuchpro.com/event/20180906/


 

仏教カウンセラー おかもんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります