岡本一志 幸せのタネまき日記

23万部突破のベストセラー
幸せのタネをまくと幸せの花が咲くの
著書 岡本一志 のブログです


テーマ:

本日、42歳になりました。
今朝から、多くの方から、お祝いのメッセージを頂きました。
心から、お礼申し上げます。

世間では、厄年といわれますが、そんなの全く関係ありません。
今年が、私の人生の中で、輝ける年になるでしょう。

日頃の皆さまへの感謝と、今年の新たな挑戦の決意を込めて
私たちが人間に生まれるということについてお話ししたいと思いまます。

最後に大阪、東京のセミナー日程と
私の身の上に起きた事件についてお知らせしているので
ぜひ、最後までお読みください。

---------------------------
いま生命あるは有り難し
---------------------------

お釈迦さまはお経の中に、
「ひとの生を受くるは難く、いま生命あるは有り難し」と仰っています。

私たちが人間に生まれるということは大変、難しいことだ。
そして、今、生きているということは、大変、有り難いことだということです。

有ることが難しいと書いて、有り難いといいます。
あなたがこの世に生まれ、生きているということは
大変、有ることが難しい、有り難いことなのです。

このことを、お釈迦さまは一つのたとえで教えられています。

---------------------------
盲亀浮木のたとえ
---------------------------

お釈迦さまが、阿難というお弟子に、
「お前は、人間に生まれたことをどれぐらい有り難いことと思っているのか」と尋ねられました。

返答にこまった阿難にお釈迦さまは、一つのたとえを説かれました。

「果てしなく広がる海の底に、目の見えない亀がいる、その盲亀は、100年に一度、海の上に顔を出すのだ、海の上には一本の丸太が浮いている。その丸太の真ん中には、ちょうど亀の頭ほどの穴が、開いている。丸太は風のまにまに、波のまにまに、西へ東へと漂っているのだ。

阿難よ、100年に一度、浮かび上がるこの亀が、浮かび上がった拍子に、ひょいとこの丸太の穴に、頭を入れることがあると思うか?」

聞かれた阿難は、驚いて、
「お釈迦様、そんなこととても考えられません。」と答えました。

「絶対にないと言い切れるか」とお釈迦さまが聞かれると、

「何億年×何億年、何兆年×何兆年の間には、ひょっとしてあるかもしれませんが、ないといってもいいぐらい難しいことです。」と阿難が答えると、

「よいか阿難よ、私たちが人間に生まれるということは、この亀が、丸太の穴に頭を入れることがあるよりも、難しいことなんだ、有り難いことなのだよ」と仰ったといわれます。

---------------------------
ありがとうとは、あなたの存在をことほぐ言葉
---------------------------


両親が出会わなければ、どこかですれ違っていたら、今の自分はここにいなかったでしょう。何かの歯車が少しずれていただけで、私はこの世に存在しなかったかもしれません。そう考えますと、この世に生まれ、今生きているということは、大変、ありがたいことなのです。

「ありがとう」はここから由来しているといわれます。
「ありがとう」という言葉は、単に何かをしてくれたことへの感謝だけではなく、
あなたがここにいることをよろこび、ことほぐ言葉なのです。

生まれてくれてありがとう、ここにいてくれてありがとう、
その人の存在そのものをありがたいと感謝する言葉ですね。

42歳の私をよろしくお願いいたします。
さて、2月すでに決まっているセミナーのご案内です。


★2月3日(土) 大阪・梅田 18:30-20:30
仏教を学ぶ会(死生観を学び今を悔いなく生きる)
http://www.kokuchpro.com/event/6b9504efcff69f47030fc2521c1fa069/


★2月20日(火)飯田橋親交セミナー 19:00-21:00
阿弥陀仏の本願と悪人正機
申込は改めてご案内します。


---------------------------
2月からフリーになります!(^^)!
---------------------------

前回のメールで、今年から私の環境が大きく変わる
とお話ししましたが、そのことについて皆さんにお知らせします。

実は、2年ほど前から、とある会社から、仏教を学ぶための
教材を作ってほしいと委託を受けて、タブレット型の学習教材の
提案と開発とプロモーションに携わっておりました。

プロジェクトも軌道に乗り、私の役目も終わったと思いましたので、
その会社を辞めて、仏教の布教史としての本来の活動に戻ることにしました。

この2年ほど、かつてのように、縁ある人を訪ねて、心行くまで
法施することができませんでした。

しかし、2月から、フリーになりますので、
もっと、皆さんに仏法をお話する時間が取れると思います。

私の活動は、これから、随時お知らせしていきます。
教えを求めるすべての人に、届くことを念じて、精進いたします。
皆さま、ぜひ応援してください。

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

仏教カウンセラー おかもんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります