岡本一志 幸せのタネまき日記

23万部突破のベストセラー
幸せのタネをまくと幸せの花が咲くの
著書 岡本一志 のブログです


テーマ:
花見の季節ですね。あちこちで桜の花を見かけます。
今日は桜の花を通して、「縁」ということについて解説したいと思います。

---------------------------
年ごとの咲くや吉野の山桜
木を割りてみよ花のありかわ
---------------------------

この歌は、毎年、満開に咲く吉野山の桜ですが、
冬に行くと、枯れ木のような木々しかありません。
おかしいな、春のあの満開の花はどこに行ってしまったのだろうかと、
枯れ木のような桜の木を割ってみても花びら一枚出てきませんでした。

という内容です。

冬は、花を咲かせる勢力として、木々に蓄えられていた力が、
春という縁に触れて、桜の花という目に見える形に現れたと
いうことですね。

仏教では、私たちの行いを業といい、
行いは、結果を生み出す力(業力)となって
自身に蓄えられていると、教えます。
そして、その業力が、結果となるきっかけを縁といいます。

タネがなければ花は咲きませんが春という縁が来なければ、
花は咲かないように、業力も、縁によって、
結果としてあらわれたり、縁がそろわないため、
結果に表れないこともあるのです。

今、大学入学式シーズンですね。
これまでの努力が実って、喜んでいる学生もあれば、
今一歩、努力が足りずに、涙をのんだ学生もいるでしょう。
人一倍、努力したはずなのに、縁がそろわず、今回は望む結果として
現れなかったという人もあります。

4月は、いろいろな局面での、大きな縁ですが、
結果に一喜一憂せずに、確実に自分の行いをよいものにしていくことが
大事です。

今回は、久しぶりに、仙台と東京でセミナーを行います。
仏教の物事の見方は、因縁果の道理ですが、
この因と、縁ということについて詳しく具体事例を出しながらお話しします。

このことを理解していただくと、
自分自身の問題と、自分以外の問題との分離ができ、
本当に向き合わねばならない問題に焦点を絞っていくことが
できますので、ぜひご参加くださいね。

4月16日(日)仙台セミナー

午前
http://www.kokuchpro.com/event/c36cf4d73ade832e03c030a9b837e2ca/
午後
http://www.kokuchpro.com/event/550dc227deb67db402647dbe6dd93924/

4月17日(月)飯田橋セミナー夜
http://kokucheese.com/event/index/462509/
(懇親会もあります。)

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

仏教カウンセラー おかもんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります