京都市南区の製薬会社「日本新薬」で昨年11月、廃液処理中のドラム缶が爆発し、東海道新幹線の高架線路を越えて約130メートルにわたって飛んだ事故で、京都府警南署は10日、業務上過失激発物破裂の疑いで、当時現場で作業していた同社社員3人を書類送検した。

 送検容疑は、昨年11月16日、爆発の危険がある過酸化水素水を含む廃液を処理作業中、十分に成分を確認しないまま廃液を中和しようと水酸化ナトリウムなどをドラム缶に注入。爆発や発火を起こしてはならない義務があるにもかかわらず、誤って急激な化学変化を起こさせ、爆発させたとしている。

 ドラム缶は底が抜けて空の状態で駐車場に落下。乗用車2台を傷つけたが、けが人や電車への影響はなかった。

【関連記事】
新幹線あわや…ドラム缶爆発、日本新薬3社員あすにも書類送検
[フォト]あわや新幹線直撃…ドラム缶120メートル飛ぶ
ドラム缶、100メートル吹っ飛ぶ 京都の製薬会社で爆発 新幹線の線路越え

札幌介護施設火災7人死亡 法のすきま、悲劇再び(産経新聞)
矢刺さった奈良のシカ死ぬ、肺まで傷(読売新聞)
ジェネリック医薬品で負担減 患者、病院ともにメリット(産経新聞)
優勝メダル盗難か 秩父宮スポーツ博物館(産経新聞)
<火災>2階建て住宅全焼 男性の遺体発見 横浜市港南区(毎日新聞)