大手鶏卵会社から、現金500万円のワイロを受け取った、収賄罪に問われている元農林水産大臣の吉川貴盛被告(71)の判決公判が、午前10時から開かれた。東京地裁は、ワイロを認定し、懲役2年6カ月・執行猶予4年、追徴金500万円の有罪を言い渡した(求刑・懲役2年6カ月、追徴金500万円)。

起訴状などによると、吉川被告は、農林水産大臣だった2018年11月~2019年8月、大手鶏卵会社「アキタフーズ」の元代表から、3回に渡って、合わせて500万円のワイロを受け取ったとされる。現金の受け渡しは、大臣室などで行われたという。

ワイロは、国際的に注目されていた家畜をストレスのない環境で飼育する「アニマルウェルフェア(動物福祉)」をめぐって、農水省内の反対意見をとりまとめ、国内の業者が不利にならないようにすることなどに対する謝礼だったとされる。

一方、吉川被告は無罪を主張していて、受け取った500万円については、政治活動を応援する趣旨の「政治献金だった」と説明。最終弁論では「現金を受け取ってしまったこと、政治資金規正法に則った処理を行わなかったことは最大の不徳の致すところ」と謝罪していた。

きょうの判決で東京地裁は、「農林水産行政に対する国民の信頼を大きく害し、ワイロの趣旨を認識した上で、安易に収賄行為に及んだ」と指摘。「受け取った現金を返還しようともせず全て費消していて、利欲的犯行」と断罪した。

また、事件以前から、法律に定められた手続きに則らずに、政治献金として100万円単位の現金を繰り返し受け取っていたことにも触れ、「今回のワイロも政治献金と思ったなどという、不合理で、一般的な常識からかけ離れた弁解に終始していて、政治家としての規範意識は低く、反省もしていない」と厳しく批判した。

この事件では、ワイロを渡した側のアキタフーズの元代表が、去年10月、懲役1年8カ月・執行猶予4年の判決を受け、すでに確定している。

いやはや「元自民」には「執行猶予4年で500万円の罰金」だと言うが、だけど「元」だから「立件」されて「実質無罪に等しい執行猶予」や「500万円の賄賂もらって、500万円罰金」と言う「事実上の”無罪”」のような判決が出たようで。

 

いやはや、これ「単なるやってる感」なわけで「元自民」で「持病の心臓」で「辞任」したわけだから、事実上の「引退」そんな「元」なら「さばきやすい」わけで、理由は別に「今後ジミン印の顔で選挙に出ない」だろうから「国民の空気を抜く」ためにも「やってる感」で「ちゃんとやってます」的な、そんなのが「ミエミエ」なのではないか?って思います。

 

 

 

でもこれってこの「元ジミン印」が「農水大臣」時代に「アニマルウェルフェア」と言う「家畜の衛生を保つルール」と言うのを「決める”国際基準”」ってものがあって、当時「鶏卵等の”鶏”」に関する「衛生を保つ」的な「提案」がなされたが、これが「今より一羽あたりの面積の拡充」や「止まり木を必須」など「いわゆる”鶏卵業者”」は「多額の投資」をしなければならないと言う「問題」が発生した。

 

当たり前だけど「多額の投資」をすれば「規模がでかいとすごい額」とかの単位になったりするわけで、大体「鳥インフルエンザで殺処分」をする時の「羽数が万単位か十万単位」となるわけで、それらを「一羽単位の面積を広げろ」とか「止まり木必須」だとかで「多額の投資」より「関連業者から金を集めて”農水大臣など”に働きかけてもらう」ための「”寄付金”」とすれば、全然「安く済む」わけで、普通に考えたら「そう言う”裏技”」を使うのも、まあ「不思議」ではないと思います。

 

まあでも「この裏技」は「ワイロ」」でしかなく、もちろん「やっては駄目」な事なのだけど、あの「悪魔の第二次安倍政権」では、これは「立派な寄付」として「説明が全くされない」し、もちろん「お決まりの”不起訴”」で「検察審査会の結果」も「不起訴」か「起訴相当」でも「検察はまた”不起訴”」にして、その結果「検察審査会」でも「不起訴」で終わるわけで、このような「美しい国日本」が構築されたわけで、そんな中で「裏ワザ」で「少ない投資」で「済む」ならば、まあ「こんなジミン印や官僚”天国”のボーナスステージ」である「第二次安倍政権」で「真面目はバカを見る」わけですよ。

 

だけど「全てがでたらめ」では「さすがに不味い」だから「空気を抜く」ために「生贄として”引退した元ジミン印”」に「執行猶予4年」の「500万円罰金」と、だけど事実「500万円のワイロ」をもらってるので「実質0円」と言う「茶番劇」のような「ションベン刑」いやはや「司法もジミン印に忖度」する時代なんだなあ~って実感します。

 

 

実際「森友問題」では「税金1億700万円」を「認諾」して「言論封鎖」し、そして今度は「佐川元理財局長」の「証人喚問」も「不要」だと「裁判長」が言う始末で「いやはや”司法の忖度っぷり”」が「ひどい」なあって思うわけで、正に「ジミン印や官僚のボーナスステージ」は続くわけで、これが正に「安倍先生」が言う「美しい国日本」の姿であると言えます。

 

 

で、この辺「テレビは報道しない」わけで、そうすると「肉屋を褒めるB層」達は「岸田政権を支持」して、びっくりの「内閣支持率69%」の怪・・・・これ「10人中7人が”岸田政権最高”」って言うんだよ。

 

 

今「アベノミクス大失敗」の結果「スタグフレーション」になり、その結果「国民が使えるお金が減り続けてる」のに「10人中7人が”岸田政権最高”」いやはや「B層は8割ぐらい」存在するそうで、結局「マスメディア」が「岸田政権の問題を報道しない」と「どんどん内閣支持率が上がり続ける」天井は「80%」なんだろうなあ~って思いました。

 

まさに「美しい国」の定義は「マスメディアがジミン印政権」の問題を「報道しない」事で「B層の支持を得る」なんか「北朝鮮」と言うか「ナチスに習う」ここまでして「デタラメ」な「事実と乖離」した「バラエティのような演出(バラエティは嘘・ヤラセは演出でOK)」と同じようなものなんだなあ~って思います。

 

まあ昨今は本当「ロシア・4630万円」のローテーションで、それに飽きたら「意味不明の題材」を「話題」にしてたり、いやはや「今侮辱罪の厳罰化」など「国会でほっとな話題」があるのに、それらは「一切報道しない」正に「岸田政権の内閣支持率をアシスト」してるわけで、やはり「既得権益のテレビ」の腐りっぷりを実感しますね。

 

ジミン印元政治家なら「国民の不満の空気を抜く」ために「実質0円判決」だったり、はたまた「現役ジミン印が関与」していて「この問題で新情報」が出たら「ジミン印自体が”やばい事になる”」「森友問題」の「キーパーソンの1人」である「佐川元理財局長」は「証人喚問はやらなくて良いBy裁判長」の「デタラメケツ舐め忖度」そして「報道番組は”ジミン印の問題”は一切シャットアウト」で、いやはや「安倍先生」が言い続けた「(安倍界隈にとって)美しい国」すぎるだろ!!って思う「今日この頃」!!