テレビ朝日局員でありながら、有名人並みの〝発信力〟を持つのが玉川徹氏だ。

 舌鋒鋭く物事の本質に切り込み、炎上も恐れない。そんな玉川氏だが、この国の行く末に関わる自民党総裁選の話題になると冷静ではいられないようだ。

 10日放送の「羽鳥慎一モーニングショー」では、連日の総裁選報道について「テレビがこうやって総裁選を毎日、取り上げていると、ほぼ自民党のPRになっているんじゃないかっていう指摘もあります」とした上で「私たちはフェアにやらないといけないなと思います」と言い切った。

 しかし、これはある意味〝フリ〟だった。17日、総裁選の顔ぶれが岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、河野太郎行革相、野田聖子幹事長代行に絞られると、ヒートアップ。

 同番組にリモート出演した玉川氏は総裁選を「既得権を守ろうとする人たちと既得権を打破しようとする人たちの戦い」とキッパリ。「なかでも原発をどうするかをめぐっての戦い。その実相をちゃんと伝えなければいけないでしょうね」と語り、争点は原発になると断言した。

 これにはネット上で「え、原発が争点なの」「なんかズレてない?」と困惑の声。

 さらに玉川氏は「小泉進次郎さんは前に最大の既得権との戦いだという話をされていたんで、僕はむしろ河野さんは、背水の陣を敷いてでもそれは一体、どういうものなのか、国民に伝えるべきだと思います。一体、誰と誰の戦いになっているのか。それを国民に知らせることが大事なんじゃないですか」と、脱原発を掲げる河野氏推しとも取れる発言をした。

 玉川氏をめぐっては、発売中の「週刊文春」で竹中平蔵氏と並ぶ河野氏の「応援団」と名指しされている。

 テレビ関係者は「河野さんと玉川氏は交流があり、私的なやりとりもしているそうです。河野さんの掲げる日本の将来像に共鳴したのでしょう。ただ、公共の電波でそちらに寄った発言をしすぎると、放送法の不偏不党に抵触する恐れがあるので注意が必要です」と話す。

 それでも玉川氏は突き進むのか。

朝の情報番組である「モーニングショー」橋下氏とか「出演」しないし「スシロー田崎」とかも「あんまり出ない」から、だから「よく見てる」のだけど、昨今の「コロナ対応」での「ワクチン報道」関連が「ひどい位”ワクチンは銀の弾丸”」であり「完璧ワクチン」とにかく「ワクチン打てばコロナは”単なる風邪になる”」ってぐらいな「報道」ばかりが目立つわけで、そして「率先して”玉川徹氏”」が「ワクチン絶対主義者」の如く「ワクチンを拒否する人は”知識不足”」と断言するぐらい、酷い報道が目立つわけですよ。

 

で、そんなモーニングショーでは「コロナでの”後遺症”」も「ワクチン打てば”治る”」や「ワクチン打てば”殆ど感染しない”」し「ワクチン打てば”感染しても他人に感染させない”」的な「情報を出して」この番組を見続けてると「ワクチン打てば”感染しない”し、仮に(確立は相当低いが)感染しても”他人には殆ど感染させない”」と言う「誤った情報」が「見てる人」に伝わるのではないか?

 

そんな「誤った情報」が見てる人に伝わる「危険性」があるわけであり、また現在「厚労省」でも「ワクチン摂取したから」と言って「感染しない、予防効果がある」と言う「治験は持ち合わせてない」わけですよ。

 

あとびっくりしたのは「現在日本でワクチン接種後に亡くなった人がわかってるだけで1100人以上」居るのですが、これに対して「日本では1日あたり平均3600人が亡くなって、そして”ワクチン後に亡くなった人の多くの病状”は、正にその範囲に入ってる」わけですから、これは「寿命」だと「日本ワクチン学会の理事」の人の「ありがたい言葉」に関しても「モーニングショーは反論なし」と、正に「河野太郎氏」の「2億回ワクチン接種打って亡くなった人は”0人”」と「河野太郎氏とシンクロした意見」なわけですよ。

 

で、テレビと言うのは「影響力」が強いわけで、これを見続けた「視聴者」は、ワクチンでは「健康被害は殆ど出ない」し、副反応で亡くなる事は「基本ない」から「安心して打てる」と。

 

そして、ワクチン2回接種すれば「コロナはもう風邪レベル」だから、コロナ以前の生活を取り戻せるし、ワクチンを打った人は「ワクチンパスポートで大幅な緩和は可能だし、全く問題ない」だとか、だけど現実では「ワクチンは万能じゃない」わけで「実際にアメリカやイスラエルやイギリスなど”ワクチン先進国”では”ブレークスルー感染”によって”感染拡大”」してるわけですよ。

 

また「ワクチンを打たない人は”知識不足”」だとか「デマを信じる浅はかな人間」のような立ち位置に追いやる結果にもなるわけで、そもそも「ワクチン接種は”義務”」ではないわけで、河野太郎氏も「ワクチン接種は打ちたい人が打つものだから”自己責任”」と「言い放ってる」わけで、だけど「これら報道」の「度が過ぎるぐらいのワクチン神話」によって「打った側」からすれば「打たない奴らは愚か者」扱いと言う「分断」を生むわけですよ。

 

そんな「いい加減なワクチン打てば未来はバラ色」的な事を「モーニングショーを含めたマスメディア」は言い続けた事で、それにより「国民が大いに誤解」した結果「とんでもない事」になった場合「マスメディアは責任取るの?」って言えば、事実上「マスメディアは発信した内容の責任を一切取らない」わけで、本当「自民党政治家並に責任は痛感する職業」であると言えますね。

 

そんな「モーニングショーの”ワクチン一本足打法”」ですが、しかしながら「河野太郎氏」の「総裁選出馬」でも、正に「河野太郎氏一本足打法」のごとく「報道を加熱」させてるわけですよ。

 

 

 

正に「モーニングショーでの昨今の総裁選」の「バカ騒ぎ」的報道を見てると「河野太郎氏」が「経産省の官僚」に対するパワハラ音声が「週刊文春」ですっぱ抜かれたわけですが、これに対して「玉川徹氏」は「これはパワハラではない」と豪語したわけですよ。

 

実際筆者はこの音声聞いた限り「たしかに”パワハラ”なんてもんじゃない、これは”恫喝”レベルだ!!」って思ったわけで、なのでこの事に対して「玉川氏」は「比喩表現的」に「これはパワハラじゃない」とわざと言ったのか?って思ったら、これがまた「全然違う」わけですよ。

 

玉川氏は「これは”反原発”との”戦い”であって”パワハラではない”」と、正に「超絶擁護」そのものであり、正に「醜聞を美談に」この報道内容聞いていて、非常にびっくりしたわけです。

 

いやはや、この「超絶擁護」には、非常にびっくりしたわけですが「仮に報道番組」を名乗るのであれば「少しはフェアー」に「公平中立」を担保して「報道」すべきだと思うわけです。

 

仮にこれが「河野太郎氏の”反原発の戦い”」であるのならば、別に「イキりまくった」ように「吠え続ける」必要はないわけで、だけどこの「玉川徹氏」の言い分の根底には「こう言わないと”官僚は言うことを聞かない”」的な背景があるから「これは反原発の戦い」だと「正当化」してるのかと思います。

 

そもそもですが「このような”恫喝”まがいの聞くに耐えない」音声のような「会議」をする事が「反原発との戦い」であり「官僚達にはこう言わないと言う事を聞かない」から「当然の事」と「正当化」するってのは、ある意味「躾けてる」的な「叩かないと言う事を聞かない」と言う「何か相当”上”の存在」が「まるで主人が犬の躾け」のように「叩いて覚え込ませる」的なそんな「政治家=主人」で「官僚=犬」と言う登場人物で片付ける、そんな「相当傲慢」な「地平」から見てるから、こんな事が言えるのか?って思います。

 

大体「報道は公平中立」でなければならないわけだから、実際の「パワハラ音声をモーニングショー」で流して「視聴者がこれを聞いてどう思うか」と言う「議題の共有」があって、初めて「公平中立」だと思いますし、それをもってして玉川氏が「パワハラじゃない、反原発で戦ってる」と「視聴者」に問えば良いわけですが、しかしながらこれでは「河野太郎氏の反原発の戦い」と言う「願望」が「通用しない」から「パワハラ音声」と言う都合の悪い情報は「流さない」で「恣意的な結論」だけ述べるわけで、本当「そこまでする”河野太郎擁護”・”よいしょ”祭り」は、相当気持ち悪いって見ていて思いました。

 

また「河野太郎氏」は「反原発は変わらない」的なニュアンスを持ちつつも「安全な原発は再稼働させる」「新増設はしない」と、これを持ってして「反原発は変わらない」と言うのですが、これが本当に「反原発」なのでしょうか?

 

そもそもですが、これって別に「安倍・菅政権」の「原発推進」と「殆ど何も変わらない」内容なわけですよ。

 

と言うのも現実的な結果として「安倍・菅政権の9年と言う長い間」に「原発の新造の決定」は「なされてない」わけであり、そして「原発の再稼働」も「相当反発が多いし、電力会社の相次ぐ問題もある」ことで、再稼働は殆ど「進んでない」わけであり、これと「河野太郎氏」の「反原発的内容」の何処が「変わってる」のか!?って思います。

 

要するに「福島第一原発事故と言うレベル7の重大事故」を起こした日本において「原発の新造」は「国民が認めない」わけであり、その結果「あの安倍政権」ですら「原発新造」ができなかったわけで、その「原発の新造」そのものの是非に対して、日本では「不可能」なわけであり、なのでそれを題材として「新造しない事」を持ってして「反原発」ってのは「ない」わけですよ。

 

 玉川氏は、河野氏が生出演した「ワイドスクランブル、私も見ましたけど」とした上で「すごく重要なことを言っていて、新増設はしないって言ったんです、原発に関して。ここも大きな話なんです」と指摘した。

だけどこの「河野太郎氏」の事実上の「安倍・菅路線の原発対応」に対して「モーニングショーの玉川徹氏」は、この内容に関して「新増設しない」事”だけ”を持ってして「河野さんは脱原発を言ってる」的な事を言うわけですが、この「玉川氏」が言う「原発を新造しなければ”反原発”」であるならば「安倍・菅の9年で”原発の新造や計画は0件”」であり「安倍・菅政権も”反原発派”」となるわけですよ。

 

まあ「”玉川徹氏”と”河野太郎氏”は個人的に”友人関係”」なのかもしれないですが、この玉川徹氏の「度が過ぎる」”河野太郎推し”報道ってのは、言わば「安倍を擁護する”スシロー田崎”」と、やってることは全く「変わらない」わけですよ。

 

やはり筆者的に思う事は「平井デジタル相」の時は「文春音声」を「いろんな局」が「音声をそのまま流した」わけですが、一方の「河野太郎氏のパワハラ音声」は「どの局も”流さない”」これは「公平中立」ではないって思うわけで、結局は「報道と言う存在」を「貶めてる」のは「報道自身」ではないか!?って思うわけで、政治家も「人材不足」ですが「既得権益のテレビ局」も「相当”人材不足”」ではないか?って昨今見ていて「思います」ね。

 

昨今の「総裁選」による「報道」を見ると「バカになる」と「揶揄されたり」してるわけで、そりゃあ「連日総裁選報道」と「称して」「事実は河野太郎劇場」的な「河野太郎さんはすばらしい!!改革派だ」河野太郎さんが「総理大臣」になれば、日本は「良くなる」的な「正に過去の”小泉劇場”」そのものを再現されてるわけですよ。

 

そんな連日の報道は「政治に興味ない人達」がこれを見れば「へえ、河野太郎さんが総理になれば、あの”安倍・菅政権”から脱却できるんだ!!」と「期待を持つ」から益々「報道番組」は「河野太郎一色」となり、一方で「野党に関して」は「全くに近いぐらい報道しない」わけで、しまいには「野党はあの”共産党とほんとに組む”のか?暴力革命の共産党と組むのは正気の沙汰でない」的な、事実無根の「レッテル張り」をする「報道番組」もあるわけです。

 

その結果「野党は支持されてない」と「そりゃあ”これだけ偏った報道”や”極端”なまでに自民党ばかりを連日報道」すれば、まさに「映画版ドラえもん」のような「きれいな河野太郎氏」の「虚像」が「情報番組」によって作られるわけで、結局「自民党」と言う「多くの不祥事」があっても「巨大な政党」が「維持」できるのは「報道番組」が「きれいな自民党の虚像」を報道しているからではないか?って思います。

 

まあ「競争無き”既得権益”」の最たるものは「テレビ」であるわけであり、何か「テレビ局の電波」を全て「解除」して「インターネット」等の「番組」を「拡充」するほうが「有意義」なのではないか?って昨今そう思いますね。