菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/280645
2020/10/29 日刊ゲンダイ


「問題ない」で乗り切れるか(C)日刊ゲンダイ

「『第二の森友事件』! 『菅総理』タニマチが公有地でぼろ儲け」――。衝撃的なタイトルの記事だ。29日発売の「週刊新潮」が、菅首相のお膝元で起きていた「異常すぎる特別扱い」の土地売買を報じ、政界に激震が走っている。

  ◇  ◇  ◇

森友事件とそっくり

 週刊新潮によると、2015年に神奈川県の県有地が「保育所や学生寮の設置」を条件に破格で民間業者に売却されたが、条件は守られず、転売された。情報公開請求で県の内部資料を検討すると、<経緯の異様さと、菅総理の影や形が立ち上がってくる>というのだ。

 横浜市保土ケ谷区の3000平方メートルほどの土地を県から購入したのは、横浜市内の「㈲成光舎」という会社の河本善鎬代表。菅首相との関係は古く、<ある県議から紹介されて市議時代の菅さんと知り合った。以来、本人も菅さんとの関係を自慢していましたから、県の政界では『菅さんの太いスポンサー』として知られた存在でした>という県政関係者のコメントが紹介されている。

 国会議員に初当選した1996年には、すでに成光舎は菅首相の関係政治団体に献金をしていて、07年までの合計寄付金額は342万5000円に上る。菅首相の事務所が、河本氏の関連会社が所有するビルに置かれていたこともあるという。

 在日韓国人の河本氏は、11年に外国人献金問題で当時の菅直人首相が辞任の危機に追い込まれた際に、献金を行っていた当事者でもある。

 当初、県側は公有地を一般競争入札で売る方針だったが、河本氏が現れ、随意契約で売却することになった。しかし、不動産鑑定士による評価額の鑑定の結果、売却額を約4億5700万円と伝えると、<「思ったよりも高い」と河本代表は異論を唱え始めた>。これを突っぱねていた県側は14年5月に一転、再鑑定に舵を切り、約3億8800万円という15%オフの価格を提示したという。再鑑定による大幅値下げとは、どこかで聞いたような話である。


 土地は15年1月に成光舎に売却されたが、用途は「保育所及び学生寮」で、売買から10年間は他の目的に使用できず、転売も禁止の条件がつけられた。ところが売却当日、河本氏は土地を自身の関連会社に転売。本来なら重大な契約違反だが、県側は理解を示し、用途指定を解除したという。

 結局、この土地に保育所が造られることはなく、16年8月には大手住宅メーカーに売却された。不動産関係者によれば「5億円台半ば」で売りに出されていたそうだ。河本氏は2億円近い差額を手にした可能性がある。

 ことごとく異例ずくめの土地取引なのだが、河本氏は交渉の中で菅首相の名前を出していたという。

<対応によっては、知事、副知事、菅官房長官へ話に行く>(14年1月21日)、<いろいろとしっかり頼みますよ。納得がいかなければ、知事、副知事にも、官房長官にも行きますから>(同2月25日)という発言があったことが、県の内部資料に残されているというのだ。

 新潮の取材に対し、河本氏は<(菅総理に関する)発言をした事実は御座いません。(菅総理の関与も)ありません>、菅事務所も<(取引への)関与はありません>と回答している。

 政治評論家の本澤二郎氏が言う。

「神奈川県における菅氏の影響力は絶大です。県庁や議会には、菅氏の元秘書もたくさんいる。重大な契約違反が発覚しても見逃し、県が訴えようとしなかった背景には、やはり菅氏の存在があると考えるのが普通でしょう。直接の口添えをしていなくても、行政が歪められた可能性があります。あまりに森友事件と構図が似ていて驚きました。この問題を予算委員会で追及されたら、菅氏はどう答えるのでしょうか」

 安倍前首相の答弁に倣い、菅首相も支援者を「非常にしつこい」と切り捨てるのか。

菅総理と言えば「IR」カジノ事業も熱心で「横浜市長」だったか?公約では「カジノ法案反対」だったけど「当選したら」カジノを横浜に作るとか豪語して「偉い揉めた」わけで、その時の「横浜市長」の支持母体も「今の菅総理」だったわけで、そして「共産党を執拗に攻撃するデマサイト」も「菅総理が一押しの神奈川県議」の身内のサイトだったりとか「神奈川を牛耳る菅」の構図は「前々からあった」わけだけど、今回「森友問題クリソツ」なものですら「安倍踏襲」だったとは「驚き」ですね。

 

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/75858

 

 

https://www.excite.co.jp/news/article/Litera_4661/

 

 

正に「叩き上げ」な「パワハラ気質の倒産寸前の社長」のような「菅総理」ですが、そんな「叩き上げ」の「世襲じゃない議員」だからこそ「色々過去に裏技?無茶なこと」をしてきたから、これらは「スキャンダル的」なことは「多々あるのでは?」と「首相になる当初から言われていた」わけだけど、まあ「そんな話題」「正に森友問題再来のような利益誘導」が出てきましたよね。

 

正に「自爆テロ」のような「別に今やらなくても、普通に問題ならば法律改正すれば良いレベル」の「日本学術会議問題」で、支持率が「10%以上急落」な状況と、これらの「説明責任が明らかに残ってる」そんな中、今度は「森友紛い」な案件が「すっぱ抜かれる」わけで、まあ「出だし」から「前途多難」な「滑り出し」だと思いますね。

 

まあこれも「話せることと話せないことがある」とかで乗り切って「国民がふざけるな!!」とかになるんじゃないのかな〜って思いますが、そんな感じで「菅と言う人間は国民と会話する気なし、正にパワハラ気質」なわけで、今後益々「ニュースバラエティ」なマスメディアが「萎縮した報道」政治的な話題は殆どしない状況になるでしょう。

 

安倍やそれを踏襲する菅の「美しい国」とは「正に北朝鮮」なのかも知れないですね。