https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3774611.html

上野宏史議員、「在留資格 口利き疑惑」を否定

 外国人労働者の在留資格申請をめぐる“口利き・金銭要求疑惑”で、厚生労働政務官を辞任した自民党の上野宏史衆院議員が騒動後、初めて公の場に姿を現し、改めて疑惑を否定しました。

 「私の方では違法なあっせん、口利きをしたりまたはお金を受け取ったという事実はない」(上野宏史 前厚労政務官)

 厚労政務官を辞任した自民党の上野衆院議員は11日朝、幹事長室を訪れ、外国人労働者の受け入れをめぐる“口利き疑惑”を含め、辞任に至った経緯などについて説明しました。

 「お金をもらう案件でやってるんだから、それだって指示したでしょう」(上野前政務官【上野前政務官と秘書〔当時〕による会話の音声】)

 「これあっせん利得になっちゃいますよ、代議士」(元秘書【上野前政務官と秘書〔当時〕による会話の音声】)

 「違うよ」(上野前政務官【上野前政務官と秘書〔当時〕による会話の音声】)

 上野氏は元秘書とのやりとりとされる音声について、「私の音声があった事は事実」と認めたうえで、「違法な口利きはなく、お金をもらうことにもなっていなかった」と一連の疑惑を否定しました。また、上野氏は法務省に対し、入管の審査の状況について照会したことも認めていますが、法的な問題はないとして、議員辞職や離党の考えはないとしています。

安倍政権になって「閣僚や要職を辞任」するが、その後「病気」で「雲隠れ」して「何かの大規模イベント」時に「こっそりと釈明会見」をして、それで「終わらせよう」とする自民党の議員が多いですよね。

「ドリル優子」こと「小渕優子」とか、甘利明とか、下村博文とか。

 

だけど、こんな「くるしい釈明会見」をしても「日本のマスコミ・マスメディア」は「それに対して一応報道する程度」で「追求をしない」わけで、それよりも「韓国をバッシングする報道」や「韓国の玉ねぎ男の報道」や「小泉Jrを盛り上げて報道する」とか、そんなのばっかりなので、まあ「ある意味日本のマスコミ・マスメディア」達が「話題にしない」から「疑惑が解決されない」まま「ノウノウと生き残る」始末。

 

特に今回などは「甘利明 and 下村博文」は「芸能界の麻薬で逮捕された芸人」のように「簡単に復帰」しているわけで、内閣改造で「要職復活」と、本当「禊が終わった」からと言わんばかりで、本当こんなので「良いのか?」って思いますね。

 

この「上野元厚生労働政務官」の問題「自民党が移民政策」として「推奨している」わけだけど、それら「外国人労働者を食い物」にしているわけで、ちゃんと報道してもう一度「外国人労働者で不当に利益を得ようとする行為」をしないような仕組みづくりを行ってほしいって思う今日このごろ。