日本おもてなしPlanningの研修が出来るまで① | 日本おもてなしPlanningのブログ

日本おもてなしPlanningのブログ

【日本のおもてなしを世界へ!!】をテーマに日本のおもてなし力を世界へ発信していこうと、ご要望に応じた人材コンサルティングから企業研修・講演会を行っている「日本おもてなしPlanning」のブログです。


テーマ:
日本おもてなしPlanningの研修の原点は
「意識改革研修」です



10年以上前になりますが
その頃は、研修の打ち合わせに行って



「人の意識が重要なのです」
とお話をしても



「マインドはいいからマナー研修をしてください」
など、スキル面を求められることが殆どでした



どれだけスキルを学んでも
使う人の心がどうか・・・で
全く違ってしまう



まずはマインド面を見直さないと
本当の意味での行動や
何で行動するかの判断基準まで変わってしまう



当時から、マナーの先生も
コーチングの先生も
ごまんといらっしゃいましたので



スキルはその方々にお任せして
「何をするにしても まずは
その手前にあるマインドから!!」

ということで


テキストやマニュアルで言えば
「0ページ」にあたる
意識改革に特化した内容を提供する
教育機関が集まって出資した


意識改革専門会社で
研修講師として2年間修業を致しました



研修では、ビデオカメラや
意識改革の手法を使って
皆さまに気づきを促します



講師も体当たりで
皆さまと向き合っていくのですが



意識が低い人ほど
反発をしてきます



「そこまで言われなければならない
意味が分からない」

「どうして自分が研修を
受けなければいけないのかわからない」

「もっと楽しくしてもらわないと
やる気にならない」

「厳しすぎて気分が悪い」

「言っている意味がわからない」

「何様のつもりだ!!」

等々・・・



この発言を見て感じて頂けると思いますが
すっかりお客様気分で
研修を受講されていますし


自分に問題点があるとは思っていない訳です


100歩譲って 自分に問題点があるにしろ
やる気にさせるように指導してくれないと
聞く気にならないとまで言っています



これを「甘い」という事に
気づいて頂かなければならないのです



そんなあなただから
今、受講者として
その席に座っているのです



そんなあなただから
会社は問題と感じているのです




これはもう100パーセントですが
意識の高い人ほど素直に
前向きに受講され


内容以上のものを受け取り
発言も行動も 
意味深いものにしてくれるので


研修する側も
もっと もっとと提供し
結果 かなりレベルの高い研修になりますし



言い訳、反発が多い
意識の低い方が多ければ
気づくまで 同じところに留まって
同じテーマをし続けなければなりません



なので、あの手この手で
研修を進めていくのです・・・



研修後に報告させて頂くと
「この研修が最後のチャンスだったので
これでわからない人には
それなりの対処をします」

という 会社側も覚悟をもっての
研修機会が多かったように感じます




時代が変わり
成果主義が取り入れられ始め



働く側も
いつまでも自分の席があるわけではない・・と
危機感を感じるようになったようで



意識改革研修に関しても
そこまで「理解できない人」は
減っていきました



しかし 次に浮上した問題は



マインドが変わっても
実際の対応、話し方、行動が


相手にとっては
全く「心」を感じないものである




という点



気持ちは変わったけれど
伝え方が分からない・・・ということです



どう相手と接すればいいか・・という
「表現力」が身についていない人が
とても多かったのです



研修中に 今でもよく聞く言葉ですが
「そんなところまで考えたことがなかった」



なので、どういう言動ならば良いのかという
判断方法や考え方だけでなく
スキル面でも足りていない人が
多く存在することがわかったのです



そこで、私たちの研修も
スタイルを変えていくことにしました




リンク日本おもてなしPlanningの研修が出来るまで②へ

リンク日本おもてなしPlanningの研修が出来るまで③へ

古賀春菜@日本おもてなしPlanningさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス