トムとあんずとパンダのニャンコ日記

飼い猫トムとあんずとパンダと飼い主のドタバタな日常をつづっております。笑いあり、涙あり、怒りあり(o^-')b


テーマ:
猫保護をしている友人K宅へ行ったら


保護っ子が増えてました
photo:01


推定3才のキジトラ君
後ろ脚の大腿骨1本骨折し衰弱していたのを偶然通りがかって見つけたそうです。K姉妹の手厚い看護で元気を取り戻しつつあります。近々骨折の手術すると。
ところで費用は大丈夫か?と聞いたら‥あんまり考えていなかった様子f^_^;
イヤイヤ、チャンプ君の時は半額におおまけしてもらっても14万弱かかったから、まともに取られたら20~30万は行くかもしれんよ~。
個人活動家は基本自腹~_~;正直辛いです。
K姉妹が特別裕福で余裕があるから保護活動しているわけはなく
見るに見兼ねて助けているわけで‥
ニャンコ組で募金活動しようかなー大変だぞ!

なのに、Kさんたら、いくらいただきものとは言え、白黒じっちゃんズにと高~い缶詰沢山くれました。
年寄り猫の身体を考えて、腎臓に優しい系のフードです
ありがたい
ありがたい

帰宅しすぐじっちゃんズにあげてみる
食べるかな?療法食は好みが分かれますがー


まずは黒吉
photo:02

まいうー!もっとくれにゃー


そして白くん
photo:03

んめ!んめーなや


k/d缶完食!


気を良くした仮母
今朝はphケアフィッシュをトッピング



で以下じっちゃんズの食レポです



黒吉「まいうー!もっとくれにゃー」

白くん「んめ!んめーなや」


と完食!
それだけかいf^_^;
食レポにならんわ

何でも食べるじっちゃんズでした。


iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ターミナルケアをしていた、ミルキーでしたが
photo:03



4/23 9:14 永眠しました。
4/27にお葬式をあげました。
photo:01


友人の僧侶がお経をあげてくれました。


ミルキーが患っていた猫白血病は

ウィルス感染でかかります。

喧嘩やグルーミングでうつります。

感染しても発症しなければキャリアのまま普通に生活できます。

キャリアの内にウィルスに打ち勝てばキャリアでなくなりますが、発症してしまうと治りません。

発症するかどうかは感染した年齢で大きく発症率が変わります。

感染した年齢が若ければ若い程発症率が高い傾向があります。

ミルキーは推定2~3才
恐らく母子感染で生まれつき白血病キャリアだった可能性があります。
そういうコは大体2~3才までしか生きられないとドクターに聞かされた事があります。もちろん、全てがという訳ではありません。


photo:02

今里親募集中の白君
猫白血病と猫エイズのキャリアですがどちらも発症していないのですこぶる元気です。白君は10才を越えてキャリアなので、もしかしたらキャリアのまま生きられるのかもしれません。


さて、猫白血病が発症するとどうなるか?

それは個体により様々です。
リンパ腫、口内炎、免疫不全、貧血‥
いずれも発症すると対処療法しかなく、治りません。

ミルキーの場合
自分で血液が作れない、再生不良性貧血でした。
本来ならピンクの鼻や歯茎が血の気がなく真っ白になりました。食欲が無くなり何も飲み食いしなくなります。
輸血をすれば直ちに血色がもどり、ガンガン食べて元気になります。
ただし、それは10日間くらいしか持ちません。

人間と違い、献血制度がないペットの世界です。

病院によっては供血の為に猫や犬を所有しています。

猫は75%がA型だそうです。

輸血にはクロスマッチングといい、血液型を調べて、合えば輸血できます。

1度緊急輸血をしたミルキーですが、貧血が重症で血液型すら測れない状態でしたので、恐らくA型だろうとある意味賭けの様に輸血しました。幸い拒絶反応は出なかったので、賭けが当たったという事です。


輸血さえすればほぼ普通に生活できてしまう状態まで回復するので、定期的に輸血を続ければいいのではないか?

一瞬そんな考えも過ぎりました。

ただ、同じ猫さんの血液は2度と貰えないのです。抗体ができてるから。


ウチには元気いっぱいの保護猫や先住猫が合わせて10匹以上いますから、次々供血させれば‥
でもその先は?

動物病院を全てまわり、輸血を続ける‥
でもその先は?

町中に張り紙をし、ネットを駆使し、供血猫さんを探す‥
それを何ヶ月、何年も続けるの?

それをミルキーは望んでいると思う?

私がミルキーなら‥
「母さん、もういいよ。私、天から与えられた寿命を静かに全うしたいな」って考えると思う

いつかはお別れするんだ
ちょっと早いだけ


この世には自分ではどうする事も出来ない事があります。


でも、その中でもやれる事はある。


私は2度目の輸血は考えませんでした。


ターミナルケアがなんたるかはわかりませんでしたが、


6日間
酸素室の助けもあり
寝たい時に寝て
ちゃんとトイレでシッコをし
気分転換にフードを舐め(鼻先につけると舐めてくれた)
騒ぐ事なく
穏やかに
最期は眠る様に‥

母さんが朝の挨拶をし、フードを取りに行きミルキーの所に戻った時には虹の橋を渡っていました。

ミルキー、もう何も心配ないんだね

ありがとうね

いろいろな事を教わりました
本当にありがとう

iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近保護した白じっちゃん
photo:01



シラミ駆除の為
丸刈りのマルガリータさんです
photo:02



ワシ、はずかちぃからあまり見ないでくれんかのぅ


で、白血病とエイズはキャリア状態なので、今んとこすこぶる元気です


食欲だってこの通り!
photo:03



白じっちゃんのウマウマはウェット限定
ドライはぬるま湯でふやかしても沢山は食べないの
缶詰ならペロリ完食

ワシ、缶詰が好きじゃよ
1食1パウチは欲しいにゃ

ハイハイf^_^;



photo:04

ワシにも缶詰くれんかにゃ
白じっちゃんに3段ケージを明け渡し、お部屋フリーになった黒吉じっちゃん

自分の分をちゃっちゃと平らげ、あるいは自分の分を半分残し
チャーリー、チョビ、ラム、みけこの分までガンガン食べる!
ウマウマまいうー炸裂
中ケージで隔離して喰わせるも

ワシにももっと喰わせろにゃー!早く出せにゃー!皆に喰われてなくなるにゃー!とうるさいf^_^;


今朝、蓄膿症の治療で動物病院行ったら
1週間で500g増えてるわ、お腹ポコリン出っ張ってるわで
ドクターに「明らかに喰いすぎ!」と注意されました。

photo:05

まだまだ若いモンには負けねど‼︎



恐るべし白黒じっちゃんズ



iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。