10.12.03 御堂筋の銀杏危機 ② | おがのおーがにっくらいふ(★´ひ`★)ゞ

おがのおーがにっくらいふ(★´ひ`★)ゞ

家庭菜園と
友人との週末農業的な写メ日記★ラボ日誌★学習ノート
(★´ひ`★)ゞ

国土交通省によるイチョウ並木の伐採の危機のほかに、
大阪駅北の梅田北ヤードの開発も気になる。 ※

こちらは貨物駅の跡地などを開発するもので
木を伐採するという話ではないが、
商業施設の建設やサッカースタジアムの建設の構想がある。

たしかに駅前の一等地だが
そんなにいっぱい建設したって需要はあるのかとも思う。

橋下大阪府知事も言っているが、
そんな箱物なんかより森をつくるべきだ。

これはただエコ事業の一環だけにとどまらず、
大規模な商業施設をつくるよりも大きな経済効果を
大阪にもたらすことができると思うのだ。

都会の真ん中に緑がつくられることによって
街の魅力が増し
梅田という街全体の価値が、
さらには大阪市自体の価値が上がる。

商業施設建設はそこだけが賑わうだけだ。
もしかしたら期待していた集客数を下回る可能性だってある。


街の魅力って、
例えば大阪城がある通天閣があるお笑いがある
おばちゃんが元気とか何があるかってことも大事だけれど
街自体が美しいことも大事。

街自体が美しければ
特別どこへ行く訳でもなくても
歩いているだけで楽しい。
街そのものが観光になる。

そういうわけで、梅田北ヤードには森をつくって欲しい。
そして、できるなら銀杏も植えて欲しい。
以前の記事でも述べたが、
イチョウの木は食料の確保も兼ねるのだ。

10.11.23 秋分の日の御堂筋 ①
10.11.23 秋分の日の御堂筋 ②
10.11.23 秋分の日の御堂筋 ③

食べられるものはいただく。
銀杏もいただく。

自給率が低い日本は
日本にあるものを食べるべきなんだ。


※大阪駅北地区

 JR大阪駅の北にある、梅田貨物駅を中心とする地域のこと。
 大阪駅近郊の開発中の商業区域であり、
 大阪駅北側の梅田貨物駅付近のコンテナヤードは
 「大阪駅周辺で最後の一等地」であるといわれている。

 (wikipediaから引用)


$おがのおーがにっくらいふ(★´ひ`★)ゞ-SH3E11120001.jpg
10.11.20 撮影


■参照した資料
・「大阪・御堂筋のイチョウ並木がピンチ 歩道拡張で数十本が伐採?」
 2010年12月3日 読売新聞
 http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20101203-OYO1T00737.htm?from=newslist
・wikipedisa:梅田北ヤードスタジアム構想
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A2%85%E7%94%B0%E5%8C%97%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0%E6%A7%8B%E6%83%B3