ニュージーに移住目指してうほとほ日記

2011年10月四十路オンナがやってきて早くも6年。苦労を重ねて仕事をget後4年となるが、永住権もどこへやら。ビザに翻弄されて子どもたちは日本とこっちを行ったり来たり。収入得ながら留学させちゃう路線へ移行中?
どうせなら楽しんじゃえ、ニュージーランド生活!


テーマ:


 


まったりな週末だ。

 

翌週にやらなければならないことを整理しながら、ゆっくりぼんやり過ごすのもいいねー。

 

 

先日、このようなニュースを読んだ。

 

『黒染め強要で不登校』 生まれつき茶髪の女子高生提訴

 

読んでビックリ、大阪府立高校の話で。

 

 

驚くことに学校側の先生は、『外国人留学生の金髪も黒髪に染めさせる』という発言をしていたんだとか。

 

 

ここなんだよねー、ワタシが不安に思うコト。

 

 

みんな揃って一緒がイイから強制! みたいな。

 

 

この女子高生は、皮膚が弱かったにも関わらず何回も髪を染め直して、それでもやはり染髪は体には合わないと訴えたものの、理解されずあげくに修学旅行の許可もおりなかったんだそうでね。

 

 

なんていうかやりきれないし、そこまでしないといけないことなのかって思う。ハイ。ワタシも元府立高校生でしたよ。

 

 

大阪にある府立高校にもいろいろあるのだと改めて知ったんだけどね。そんなバカげたことを強要する学校もあるんだね。うちの学校は自由だったよ。制服もなし。頭髪の制限もパーマ禁止染髪禁止ってのは確かにあったけど、大して何も言われなかった。規律をきちんと自分で管理させるというのかな。その自由さが中学と違って自分達の責任に任せられてていいなーって思ってた。

 

 

ソコの現場の先生にとっては、高校への評価を上げるために必死なのかな。ほんでもそこまでする?

 

 

なんていうか、それが教育なのかな? 生まれつきで本人の責任でもないことを強要させてまでみんな一緒くたにさせることがさ。他に教えることないん? 現場の先生方、どうなんでしょう。

 

 

後輩のような女子高生とその親御さんのこれまでの学校とのやりとりを考えたらちくちくしたわ。

 

 

 

そう。帰ったらの不安。

 

日本の教育。

 

 

これ。

 

いやもちろんいいとこもいっぱいありますよ。現場の先生方、教科指導に生徒指導に教科授業研究。いっぱいがんばったはる。NZの先生以上に働いてはるんちゃうかな。働かされてる?という表現のほうが妥当かもしれない。昨今は親への対応も大変やと聞くしね。どの子にも一定レベルまで上げようってしてくれてるのはものすごくわかる。これはNZにはないし。

 

でもね、常軌を逸した指導はどうかと...。

 

 

ほんでもtomtom家は、NZでの生活あかんかったら日本しか帰るとこないので帰るしかないんやけどね、なんか学校環境は親のほうで考えないとあかんのかなって思う。とむおのときと同じで。

 

ちーこが学校行けなくなったんは、学校のせいではありません。誰かが悪いわけちゃうからね。改めて言うけど。それは本人しかわからないことでね。このへんデリケートなので素通りしてくださいねー。深読みせずさささーっとね。

 

 

でも親としては、日本に帰ってまた彼女が学校行けんくなったら、どうする?  とか思うワケ..........。  学校行くだけが大事なんちゃうけどさ。

 

そんときゃそんときに考えよか。今から悩んでてもしゃーないけど、なんかギチギチなニュース読むとしんどくなるんよね。まだこんなことやってんのかってさ。

 

 

違うからいいんちゃうっていうか、なんかみんなもっと力抜いてでええんちゃうのんって思うんやけどね...。そうはならんのかなー。

 

 

 

日本のこーゆーとこ、しんどいなって思う。ホンマ、メンドクサイ。

 

 

 

ほんじゃまた。

 

 

このテーマはまだ続く。

 

 

 

 

こんなん出てきたねー。クリスマスやねー。ポチンとくださいねー。


にほんブログ村

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

tomtomさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。