アボガドチャレンジ!!! | ニュージーランド半自給自足生活

ニュージーランド半自給自足生活

本職は移住留学のコーディネーターです☆移住留学のお問い合わせもどうぞ!
海があって、山があって、川があって。温泉も湧く国 ニュージーランド。
平日は会社員として働きながら自然の中での半自給自足生活を満喫しています。

ニュージーランドはアボガドの産地としても知られていますが、お庭にアボガドの木があるお友達も結構います。日本でもよく出回っている右側の黒っぽい皮のアボガドの他にも、何種類かのアボガドがあって、この左側の緑色の皮のアボガドはすごく濃厚で美味しいのです!

で、アボガドは体にいいことがいっぱいあるらしい!っという研究がいろいろ進んでいて、例えば蓄えちゃった脂肪を分解してくれる作用や(素晴らしくデブの味方!!!素敵!!!)、発酵食品と一緒に食べると腸を元気にしてくれ効果がさらに倍増するらしいのです。

なので、私も日々のお食事の中で、極力発酵食品とアボガドを合わせて食べるようにしています。

 

アボガドを食べ始めた頃は、切って、わさび醤油で食べるぐらいしか食べ方を知らなかったのですが、挑戦してみると、いろいろなお料理に使うことができます。今日はそんな我が家のアボガドチャレンジをちょっとご紹介します。

 

まずは、日本のテレビ番組で取り上げられて、日本でも話題になったというアボガドと納豆の組み合わせです。

アボガドのタタキと納豆丼

アボガドのスライスと納豆丼(切り方が違うだけですグラサン)

 

アボガド納豆パスタ。シソも入れるとさらにおいしい。

朝食にアボガド納豆、アボガド味噌汁、そしてアボガドの刺身と、アボガドづくしにしちゃうことも。

 

 

和風朝食だけではなく、洋風朝食にもアボガドすごく合います!!

まずは、アボガドに塩コショウをふって、

ナイフでぐちゃぐちゃっと混ぜてディップを作り、

こんがり焼いたトーストやイングリッシュマフィンにたっぷり塗るアボガドトーストは最高においしいです!

 

 

 

そんな洋風朝食に合わせる発酵食品はヨーグルトです。ヨーグルトに直接アボガドを混ぜて塩コショウ、お好みでガーリックもちょっと混ぜるアボガド塩ヨーグルトにして食べるとさっぱりおいしいです。

 

 

ランチには簡単なアボガドサンドイッチ。

 

 

ディナーで、納豆を切らしている時には、お味噌汁をつければ、発酵食品としての味噌との組み合わせもすごく良いそうなので、味噌汁+こんなメニューでおいしいディナーになります。

アボガド+海鮮色々丼+お味噌汁!!

アボガド+お刺身丼+お味噌汁

よくやってるのに、なんと写真に一度も撮っていなかったアボガドカレーもおいしいよ♪

 

 

ところで、アボガドを割ってみたら、まだちょっと早くて硬かった!!!ってご経験ありますか?もうあのアボカドを切るタイミングを

間違えてしまった時のガックリ感といったらないけど、硬いアボガドを硬いままで食べるのは、あまりにも残念すぎるので、そんな時は加熱します!

 

切ったアボガドをもう一度合わせてそのままラップに包みそのままチン!2分ぐらいチンすればほっくり柔らかくなります。 だけど加熱したアボガドは生のまま熟したアボカドとは別物の味になります。ちょっと、枝豆っぽい味!!

 

なので、私は加熱アボガドをくりぬいて、ミニトマトとツナ缶、マヨネーズであえてチーズをかけてオーブンで焼いて、全く別の食べ物として、アボガドグラタンを作ったりします。

 

これはこれですごくおいしいです! 

そんなこんなで、日々繰り出しているアボカドチャレンジ!!!料理の仕方によって、また合わせる調味料によって、全く味が変わるので、全く飽きることなくずっとアボガド大好きが続いております。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

うさぎクッキーつながるうさぎブログランキングに参加していますキラキラ押していただけると嬉しいです!