ゴルフ天国ニュージーランド発!1打でもスコアアップするための上達ヒント集

ハンディキャップを減らしていくために、限られた時間を活用してゴルフのことを考え、取り組むアイデアを紹介しています。再現性の高いアドレスやスイングのヒントをはじめ、コース戦略やゴルフクラブのことも記しています。


テーマ:
こんにちは。
ニュージーランドゴルフナビゲーターのきょうじです。

ニュージーランドの有名ゴルフ場を巡る旅。

ハイライトは、ニュージーランドベストコースのカウリクリフスです。

何度来ても、いいですね。この雰囲気。

この時期、快晴日が続いているので、マイランギベイの海がきれいに見えて、とても素晴らしい雰囲気です。この光景はここでしか味わえないですね!

しかし!!!

今日は、風が吹く日。

カウリクリフスのスタッフも驚く今日の風の強さは、コースの難易度をぐっと高めたようです。

微風なら天国。風吹けば地獄。そんな天と地の差があるかもしれません。

そんな中、しっかりバーディを取ってくるのですから、さすがプロです。

カウリクリフス18番
マイランギベイの海が美しい

カウリクリフス18番
カウリクリフス18番グリーン

カウリクリフス クラブハウス
カウリクリフスのクラブハウス

きょうじ

あなたのニュージーランドゴルフ旅行、引き受けます!
http://www.nzgolfcourse.com/


.
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
ニュージーランドゴルフナビゲーターのきょうじです。

日本から来られているプロゴルファーの方とお話できる機会に恵まれています。

たくさんのアドバイスをいただいているのですが、その中の一つ、パッティングについてのお話を共有したいと思います。

CapeKidnappers

「よいストロークをしている人が上手いのではなく、入っている人が上手い」

・型にとらわれすぎないこと。
・構えを意識しすぎないこと。
・難しく考えないこと。
・自分のストロークを固めること。

ボールの位置も自由で構わない。自分のタッチが出せるスタイルを作ることが一番大切。


「パッティングの距離感は、体全体で意識する」

距離感は、テークバックの大きさでは作れない。カップの入り口や想定したラインに対して、どのような転がりのボールを打つことを考え、そのタッチをどのように出すかを体全体で意識する。

野球のキャッチボールも、バスケットボールのスローも、テニスのストロークも、テークバックの大きさでは決めません。「あそこへ投げよう、あそこまで投げよう」、そのように体全体で感じて距離感を出しています。

パッティングの距離感も、そのような体全体の意識が大切ということでした。


「出球の幅をしぼる練習」

パッティングが上手い人ほど、出球の幅が絞られています。つまり、左右にブレません。そのため、長い距離でも狙ったラインにボールを出せるわけです。

出球の幅を狭める練習として、教えてもらったのが、こちら。

パッティング練習

ボールの20センチほど先に、ボールがギリギリ通る幅にティを2本を挿し、その間を通す練習です。

なぜ、ティに当たらず通ったのか?なぜ、ティに当たったのか?その違いを感じられるようになるまで、ひたすら練習です。




ゴルフって、本当に面白いです。

ニュージーランドのゴルフ場を舞台に、いろいろな話ができる機会に感謝です。

-----------------------------------------------
パッティングのタッチに集中する。
自分の描いたラインに出せるタッチがスコアアップにつながります。
-----------------------------------------------

きょうじ

あなたのニュージーランドゴルフ旅行、引き受けます!
http://www.nzgolfcourse.com/


.
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
ニュージーランドゴルフナビゲーターのきょうじです。

オープン戦がはじまっているプロ野球ですが、キャンプ中の話題と言えば、松井秀喜氏の巨人キャンプコーチ就任だったのではないでしょうか?

そんな松井氏は、現役選手をどのように感じ、どのようなメッセージを伝えていたのでしょうか?興味深い記事がありました。

(ここから)

 松井氏「(テークバックでのバットの)トップの距離が、みんな小さいんですよね。もうちょっと長くボールを見られるように距離を取ったほうがいい。大田(泰示)もそうなんですけど、みんなボールを当てにいく傾向がある」

 テークバック時のトップの距離をできるだけ大きくする。これが松井氏の「鉄則」。見ていてしっくりとこなかった選手が多くいたようだ。特に今キャンプで指導した元背番号55の後輩のことはとても気になっているようで、こう補足した。

 松井氏「大田はあれだけ体が大きいんだから、トップの距離を大きくとればいいと思うんですけどね。(バットを)強く振るには、トップの距離が重要。トップの距離を大きく取るほうが強く振れるし、ボールを強く叩ける。それは大田を見ていても思うことですね」

(ここまで)

○元記事「前田氏がゴジラ独占直撃 後輩たちに残した金言とは」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140220-00000009-tospoweb-base

方向性が求められるゴルフの場合は、必ずしも強く振る必要はないですし、強く叩く必要もないかもしれません。

しかし、飛距離を求める場合は、強く振れることは必須です。
※芯にしっかり当てることも大切。

コンパクトにスイングしようとすると、トップが小さくなります。

大きなトップを作るために、手打ちにならないよう、肩や肩甲骨の可動域を広げて、大きなトップを作りたいですね。

現役プロ野球選手がスイングを作ることと、40代ゴルファーがゴルフスイングを作ることでは、やるべきことも違うかもしれませんが、上を求めていきたいです。

-----------------------------------------------
可動域を拡げる努力をする。
大きなトップが飛距離のアドバンテージを作り、スコアアップにつながります。
-----------------------------------------------

きょうじ

あなたのニュージーランドゴルフ旅行、引き受けます!
http://www.nzgolfcourse.com/


.
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
ニュージーランドゴルフナビゲーターのきょうじです。

ツアープロコーチである井上透氏が、冬期の練習についてコメントしています。

(ここから)
初心者であれば、アドレス、トップ、フィニッシュの3つの型を意識し、中上級者であればさらにハーフウェイバック、ハーフウェイダウン、インパクト、フォロースルーの7つの型全てを意識する必要がある。

このように、7つの型が正しい事が前提となるため、ただクラブを振るという事は意味を持たない。正確な型の習得が正確な素振りの習得に繋がり、結果的に効率的で美しいスイングに習得に役立つのである。
(ここまで)

○さむーい冬の間は“ボールを打たない”練習をしよう!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140217-00000007-alba-golf

スイングにおける各箇所での確認と流れるようなリズム(タイミング)も大切ですね。

自分のスイングを覚えていきたいです。

-----------------------------------------------
スイングの型を7つに分ける。
型を覚えるスイングがスコアアップにつながります。
-----------------------------------------------

きょうじ

あなたのニュージーランドゴルフ旅行、引き受けます!
http://www.nzgolfcourse.com/


.
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
ニュージーランドゴルフナビゲーターのきょうじです。

今日は、日本から来られた19名グループのコンペお手伝いのためゴルフ場へ行ってきました。

・セルフプレー
・メートル表示
・ブッシュ(深いラフ)
・アンジュレーションが激しく速いグリーン

多くの方が「難しい」とおっしゃっていましたが、面白い、楽しいというコメントも聞けて良かったです。

最近は好天続きで乾燥気味。フェアウェイもよく転がっていたようです!



さて、表彰式ではダブルペリアのハンディキャップ(トリプルカット)を適用するということで、久しぶりにハンディキャップ計算を行いました。

ダブルペリア:
・18ホール中、3分の2となる任意の12ホールを抽出。
・その12ホールはパー48。
・12ホールの合計スコアを1.5倍→(A)
・(A)から72を引く→(B)
・(B)に0.8をかける

但し、とあるホール、例えば10を数えた場合に、そのホールが12ホールの中に含まれているとハンデが極端に多く増えてしまうので、スコアはトリプルカット(パー4なら7まで)で計算することが多いようです。

優勝、準優勝、ブービー、ニアピン、申告スコア、馬券。

ニュージーランドで行われる、日本流のコンペ。思い出に残していただけるといいですね!


きょうじ

あなたのニュージーランドゴルフ旅行、引き受けます!
http://www.nzgolfcourse.com/


.
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。