ゴルフ天国ニュージーランド発!1打でもスコアアップするための上達ヒント集

ハンディキャップを減らしていくために、限られた時間を活用してゴルフのことを考え、取り組むアイデアを紹介しています。再現性の高いアドレスやスイングのヒントをはじめ、コース戦略やゴルフクラブのことも記しています。


テーマ:
こんにちは。
ニュージーランドゴルフナビゲーターのきょうじです。

石川遼選手がボールを変えたようです。
同じスリクソンのボールでも、飛距離よりもスピンを求めたようです。

 ○元記事
 http://number.bunshun.jp/articles/-/156296

もちろん、トッププロですから、
アマチュアが想像する範ちゅうを超えているはずですが、
アメリカでプレーして、硬いグリーンでも止まるボールのほうが、
スコアメイクにつながると考えたところもあったようです。

自分はタイトリスト派で、
飛距離系の「V1x」よりもスピン系の「V1」を好んで使っていますが、
スピンコントロールなんて、できません。
せいぜい、アプローチやパットの打感がやわらかいという理由です。

よりよい物(ごと)を求める探究心。

そこだけは、
アマチュアの自分にも真似できそうです。


きょうじ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
ニュージーランドゴルフナビゲーターのきょうじです。

「より遠くへまっすぐ飛ばしたい」

ドライバーショットに、
多くの方が望んでいることではないでしょうか。

最近では、
自分のスイングとシャフトのマッチングについて、
注目されているように感じます。

既製のモデルでも、
いくつかシャフトの選択肢がありますね。

硬さや長さはもちろん、
キックポイント、重量、トルクなど、
シャフトの特徴は様々です。

僕は、
「テーラーメイドR11」にプロで人気の「DI7(70g)」シャフトを入れたもの
「ピンG10」に「Diamana(青)(60g)」シャフト入れたもの
この2本を試しています。

8月は日本の夏ですが、
ニュージーランドは冬ですので、
気温が低く(日中10~15度前後)、大きくしっかり振れないところもあります。
今は、60gで様子を見て、
もっと暖かくなって体を動かせるようになれば、70gで打っていきたいです。

いずれにしても、
一度で、自分に合うシャフトは見つかりにくいので、
いろいろ試し、リシャフトし、
見つけていくのがよいのではないでしょうか。


きょうじ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
ニュージーランドゴルフナビゲーターのきょうじです。

2011年世界陸上で、
ハンマー投げの室伏選手が金メダルを獲得しました。
37歳、すごいです。

室伏選手のコメントです。

「1年間ずっと最高の状態を維持するのは難しい。
ピークを上手に持って行くのが試合に勝つ方法だ」

 ○元記事
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110829-00000155-jij-spo

年齢と体と相談しながら、
調整されていることが分かります。

自分のゴルフに置き換えてみると、

「18ホールずっと集中力を高め続けることは難しい。
ここぞというときに、集中できるために、
リラックスしておくことが、よいスコアを出す方法だ」

アマチュアは、
毎日、ゴルフクラブを握れるとは限りませんので、
リズムにめりはりをつけて、取り組みたいです。


きょうじ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
ニュージーランドゴルフナビゲーターのきょうじです。

コアマッスル(体幹)がゴルフで大切であることは、
ここ数年、取り上げられています。

腹筋、背筋といった、
カラダを支える部分を鍛えておくと、
安定するという考え方ですね。

ゴルフは、
ひねりの動きがありますので、
どうしてもカラダがゆがんできます。

・足の長さが違う
・まっすぐ立っている感覚でも、肩の高さが違う

僕は、すぐに足を組みたくなるクセがあり、
日本で一度、整体師の方に見てもらうと、
足の長さが違っていると、指摘されました。

バランスがよいカラダは、
バランスが取れたスイングができます。

定期的に、ストレッチをして、
カラダを整えておきたいです。


きょうじ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
ニュージーランドゴルフナビゲーターのきょうじです。

自分のスイングの大きな課題は、
フォロースルーで、腕がインサイド(内側)に入ってこないことです。

ビデオ撮影すると、
腕が頭(上)のほうへ抜けていくことがよく分かります。

そのため、
ボールを腕で扱ってしまうことになり、
安定感に欠けます。
強いボールを打てないこともその影響と考えています。

できるだけ、
腕を使わず、上体の回転で打ちたい。

そのための素振りをつづけています。

腹筋、背筋、側筋。
使わない筋肉が悲鳴を上げています(笑)。

そのリズムやフィーリングになれてこれば、
スイングは安定すると考えています。


きょうじ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。