原口総務相が、総務省で国会との連絡・調整を担う原口亮介官房総務課長について、就任からわずか約8か月で情報通信国際戦略局参事官に異動させる人事が波紋を呼んでいる。

 異動は4月1日付で、対象となった原口課長ら4人はいずれも国会担当。省内では、総務相が今月、国会審議に2度遅刻したことの引責による更迭ではないかとの見方が広がっている。

 総務相は26日の記者会見で「定期人事異動で、更迭ではない」と述べ、遅刻とは無関係だと強調した。だが、総務相は遅刻の原因を「事務方のミス」と釈明しており、「更迭と見られても仕方がない」との声が上がっている。

 最初に遅刻した3月3日は、日程を管理する大臣秘書室内の確認が不十分だったとされ、「責めを負うのは大臣秘書室が先だ」(中堅幹部)との声も漏れる。

【集う】「ロシア初-現代日本絵画-日本の美展」記者会見(産経新聞)
国家公安委員長、議員宿舎キーを女性に貸与報道(読売新聞)
首相、生方氏留任は「幹事長が判断した。良かった」(産経新聞)
「家計費の節約になるなら…」 主婦、CO2削減負担どうする?(産経新聞)
「心配お掛けしている」=皇太子ご夫妻がコメント(時事通信)