子どもが3歳になった頃に、移住も視野に入れつつ家族で渡航する | ニュージーランド留学と海外生活ブログ ~ 一度は日本から出てみよう

先日、1歳のお子さんと個別相談に参加していただいたご夫婦、「親子での留学はまだ考えたばかり」と仰っていましたが、お話を伺うにつれ、日本の現状や未来を憂い、真剣に海外での生活も視野に入れてることが伝わってきました。

これから具体化するために最も大切なのはやはり資金計画であること、そして様々な情報を集めることも大切だけど、現地事情やビザに関することなどは毎年のように変化していくので、どのような状況になってもある程度は柔軟に対応できるようにすることが大切とお伝えしました。



最初のうちはニュージーランドで小学校入学が可能な子供が満5歳になる頃をメドに渡航する想定でしたが、話すにつれ、もう少し早めてもいいのではないか、資金的にはむしろ就学前に渡航して現地慣れすべきかも?という発言も出るようになりました。

オークランドより地方都市に興味があるとのこと。

個人的な見解ながら、オークランドという日本なら大都市とはいえないが、NZ最大都市での生活と地方暮しの違いや実感をお伝えしたところ、ご自身の趣味やこれまでの経歴、価値観から二都市に絞れそうだという流れになりました。

ご夫婦ともに4大卒で、ご主人は勤め人ではなく自営業。奥さんは有資格者の専門職に就いておられるので、場合によっては奥さんの側が就労を目指すことも可能ですですので、それらも加味して場所も絞られてくるでしょう。





資金、英語、場所、学校選び。

具体化のためにはそれらだけではなくもっともっと細かな作業や段取りが不可欠ですが、ブレない気持ちと覚悟があればある程度は切り拓けます。ブレずに行動することで当事者だけでなく周囲も安定するし、知り合う人にも伝わって好影響を与えますから人脈も築きやすい。その結果『幸運』を引っ張ってくるということもあるでしょうね。




「とにかくやってみたいしやってみないと分からない、楽しみになってきた」
と仰った奥さんの言葉がすべてのような気がします。



こんな環境で子育てしたい

にほんブログ村