2020年5月の四柱推命オンライン鑑定、
満員御礼です!
ありがとうございますー!!

 

 

 

 

 

占い師のゆーこです。

 

 

 

 

 

StephenRMelling / Sky Watching

 

 

 

 

 

本日はオンライン鑑定日でした。

 

 

 

本日鑑定を受けてくださった方、

ありがとうございましたー!!

 

 

 

オンライン鑑定、

ほとんど経験がなく、

粗相なくできるかドキドキでしたが、

問題なく開催できました。

 

 

 

やったー!!

すごいー!!

 

 

 

最後に

「ありがとうございました~!」

とお別れする際、

「終了ボタン」をクリックすると

すぐに終了するので(そりゃそうである)

なんというか余韻がなくて

ちょっとだけ寂しいな・・・と思いました。

 

良い改善策は無いものか・・・?

 

 

 

 

 

閑話休題。

 

 

 

 

 

気づいたら「萬年暦」上での

5月に入ってましたね~。

(萬年暦は、四柱推命や算命学で使用する旧暦のことです)

(萬年暦上では5月5日から5月に入りました)

 

 

 

萬年暦では2月4日が元日なので、

2020年に入って

3ヶ月くらい経つということになります。

 

 

 

子丑天中殺の皆さん。

年の天中殺1年目ですが、どうですかね・・・?

自分が子丑天中殺かどうかは、

このページを参考にして探してみてね。

 

※上記ページでは天中殺を「3年」と書いていますが、

 当時習った流派では3年だったためです。

 現在は「2年」と考えています。

 

 

 

天中殺というのは、運気の枠が外れた

無重力状態のようなものでして、

時間があっても空間がないので

受け止めてくれる相手がいないのです。

 

なので、現実的な行為行動を

どれだけしたとしても、

それが通常時の評価とはならず、

全く予測がつかない不自然な時期、

となります。

 

運命が深呼吸をして調整をする期間、

それが天中殺です。

 

 

 

天中殺の間は、

今まで見えなかった(見なかった)

自分の本音・本性というものが

浮き上がってきます。

 

 

 

例えば、

 

お金は二の次と考えていたけど、

(愛とか優しさとか精神安定とかのが大事としてきた)

本当はお金に執着していて

拝金主義なことに気づいてしまった

 

自分は「優しい」と思っていて

博愛的行動や言動をしてきたが、

本当は利己主義で

優しいとか素晴らしいとか

評価されたいだけだった

 

自分は「一人が好き」と思っていたが

実は誰かと一緒にいたいけど

つながりを作るのが怖いだけだった

 

などなど。

 

 

 

天中殺の時期は、

自分の心が揺れ動いて

「本当は・・・」が見つかってしまうような

きっかけも起こりやすいです。

 

 

 

何かインパクトのある出来事があったら、

自分の中にある

  • 隠してきた自分
  • 見ないようにしていた自分
  • ほったらかしてきた自分
  • 排斥しようとしてきた自分

に気づくタイミングだと思って、

じっくり向き合うようにするといいですよ。

 

慌てない・ジタバタしないが大事。

 

 

 

あと、天中殺の時期は、

「隠し事」もバレやすいです。

 

 

 

めちゃくちゃ気を付けて

バレないように取り繕ってきたのに、

ちょっとしたきっかけ(ほんとに些細なこと)

表面化してしまって、

しかもめちゃくちゃ広まる・・・

なんてことになりやすいです。

 

 

 

拡散性が高いので、

ある意味「名を売る」という意味では

利用するという手はありますが、

実益がほとんどないので

「炎上商法」はおすすめしません。

(ってやる人いないだろうけど)

 

 

 

加えて、年の天中殺の時期に

「判断」をするのは

できる限りおすすめしません。

 

 

 

天中殺の時期は不安定になるので

判断力が低下します。

いつもの自分らしくなくなりやすいんです。

 

 

 

もし「決める」のであれば、

  • 別れる
  • 離れる
  • 手放す
  • 終わる

ということであれば問題ないです。

 

 

 

でも、「利益を目的とする決断」は

自分一人で行うのではなく、

  • 子丑天中殺じゃない人に相談する
  • 情報をたくさん集めて検討する
  • 執着しないことを自分に約束する

ということをやったほうがいいです。

(執着しないことを自分に約束するは、

 天中殺中に実益が出ても

 天中殺後に辞めたくなるとか立ちいかなくなるとか

 変えたくなるとかなりやすいからです)

 

 

 

そんなわけで、

子丑天中殺の人は、

2020年2月4日~2022年2月3日の期間は

  • 現実よりも精神重視
  • 自分を成長させるような「学び」をする
  • 何かが起こってもあわてない
  • 人からお願いされたことをする(受け身でいる)
  • 何か始めてもいいけど執着しない

を心に留めておくと、

無用なトラブルなく過ぎていくと思います。

 

 

 

ちなみに、

宿命中殺を持っている人は、

天中殺の最中でも

何の影響も出ないか

逆にうまくいきやすいです。

(宿命に天中殺ある=人生天中殺なので、

 天中殺が巡ってきても耐性がある)

 

 

 

私も宿命中殺あるので、

天中殺中に

「天中殺やべー!!」

みたいな出来事はなかったですが、

でも明ける前の3ヶ月くらいは

精神も現実もキツかったので、

「自分を整える期間なんだな」

くらいのことは

意識しておいた方がいいですよ。

 

 

 

・・・なんか怖いことも

書いてしまった気がするのですが、

天中殺の時期に「学ぶこと」をすると

めちゃくちゃ自分の成長につながりますし、

「人のためになる行動」をしていくと

すごくうまくいくので、

これはぜひやってほしいなぁと思います。

 

 

 

つらつらと書いてみましたが、

子丑天中殺の方、ご参考までー!!

 

 

 

 

 

-----

 

今回も読んでくれてありがとうございます!