占い師のゆーこです。






Marco Manna / Gerard Butler - Toronto International Film Festival 2011 1708

 

 

 

 

 

皆さんは何のブラウザを使っていますか?
私はChromeです。

昨日、記事を半分以上書いていて、

こりゃーいい感じだな!

とウキウキだったのに、

Chromeのクラッシュで全消えして

悲しみにくれました。

なので、

自動保存機能のあるアプリで書こう!

と思い、

今は試しにGoogle Docsを使って

書いています。

テキストエディタなので書きやすい!


次はEvernoteを使ってみようと思います。



さて、

気を取り直して今回の記事を書きます。



題して!
日柱の十干(にっちゅうのじっかん)別、

「〇〇な男性」ランキング!

 

 

日柱の十干って、

人の本質を表す箇所です。
 

具体的には、ここ。




あなたの日柱の十干はなにかな?

こちらでチェック!



この日柱の十干を起点として、

通変星や十二運星が決まります。
全ての星の基になっているのが

日柱の十干。

そんな日柱の十干別で、

ランキングやっちゃいます☆

十干全部は出てこないです!
私が「なるほどね!」と

納得した要素だけのランキングです!

しかも今回は「男性」!
あなたの気になる彼や

愛しの旦那様は

ランキングに入ってるかしら?

 

 

それでは行ってみましょ~!!

 

 

キラキラ細かいことを気にしない男性」キラキラ

 ランキング
 

1位 戊(つちのえ)
2位 壬(みずのえ)
3位 丙(ひのえ)

1位は戊の男性!
 

日柱の十干に戊を持つ男性は、

まーとにかく気にしない!


「細かさ」という概念が発揮されるのは、

仕事とか趣味とかのほんの一部分!

それ以外は基本気にしない!
 

戊さんはですね、

おおらかで、ゆったりしてて、

マイペース・スローペース、

どっしり構えている人が多いです。

のんびりさん。

急かされるの嫌いです。
 

時間もあんまり気にしない。

遅れても平気。


なので、他人に対してもおおらか。

嫌味言われても気にしない。

むしろ、嫌味だと気づかないこともある。


そんな戊さんに魅了されるのか、

自然と人が集まってくる存在です。

戊さん自身は

「来るもの拒まず去る者追わず」で

割とドライな面もあるんですけどね。
 

戊って、自然で表すと「山」なんです。

山って雄大で、存在感があって、

落ち着きを感じる偉大な存在。

 

そんな山の持つ雰囲気を

身にまとう戊さん、

「細かいこと気にしない

 男性ランキング」

見事1位に輝きました!

おめでとうございます!!



続いて2位は壬の男性!
 

壬の男性は、めっちゃ自由。

自由でいたい。

留まりたくないし、

良い考えや良いアイデアは

積極的に吸収して自分のものにしたい。

なので、細かいことに

いちいち気にしていられないんです!

 

壬って、十干の中で

一番成功する可能性を秘めているヤツ。

だからなのか、

壬を持つ男性は忙しい人が多い。

仕事好きなんでしょうね!
 

壬を持つ男性は、

何かしら大義や夢を内に秘めています。

大義のため、変化を恐れず、

むしろ変化を好み、

臨機応変に何事も対応できる人。

細部を突き詰めるのは、

まず大義や夢を叶えてから。

という感じなのかもですね。
 

壬は自然で表すと「海」。

なるほど、海はすべてを飲み込む存在!

細かいことを

ちまちま考えてるような器じゃないですね!

納得!



3位は丙の男性!
 

丙の男性は明るくて裏表なくて

みんなの人気者!

ムードメーカーで、

リーダー的存在になりやすい。

飽きっぽいところがあって、

怒ってもすぐに忘れるタイプなので、

細かいことに気づいたとしても、

それが持続しないのです。

どーでもよくなっちゃうというか、

細かいことに執着しないの。

 

「ま、いっか」とか

「何とかなるっしょ!」って、

周りを引っ張ってどうにかしちゃうから、

細かいことは気にしなくていいって

思ってるのかも笑
 

丙は自然で表すと「太陽」。

みんなを明るく照らす存在。

太陽が細かいところばかり

照らすわけないもんね。

全部照らすから太陽なんだもん!



逆に、

細かいこと気にする男性1位は、

「辛(かのと)の男性」です!
辛は感性が非常に強くて、

繊細でデリケート。

だから、辛の男性は

ちっちゃいことですぐに傷つくし、

え!?それ!??ってことを

ズルズル引きずります。

感受性が強いことの側面一つですな~。



キラキラ「つかみどころのない男性」キラキラ

 ランキング
 

1位 丁(ひのと)
2位 癸(みずのと)
3位 乙(きのと)

1位は丁の男性!
丁を持つ男性、

まーーーーーーつかめない!!
丁さんは人によって対応を変えて

うまく付き合うのが得意。

変幻自在。

聞き上手だし喋り上手、

出しゃばらない奥ゆかしさがあるので、

人当たり良くて人に好かれます。
 

男性なんだけど

なんか艶っぽいというか、

揺らぎがあるというか、

独特の味わい深さのある人。

丁さんは夜が似合います。
 

丁の男性は柔和で優しくて

気遣いが上手です。

そして、ミステリアス。秘密主義です。
「この人の本心はどこなんだろう?」

と思わせるような

つかみどころのなさがあります。

それは、丁の人が

「人に自然と合わせられる」

という特徴を持つ面から来ていると

思われます。

 

一緒にいて感じがよくて

親切で優しいいい人なのに、

どこか見えない部分があって、

この人の全部が分からない!

というのが丁の男性に多いです。

いや~ つかめんな~ 笑
 

丁は自然で表すと「月」。

月は日によって姿を変え、

全部見える日もあれば

全部見えない日もある。

 

丁の人の本心はどこ?と

探してしまうのも、

月らしさなのかもしれませんね。



2位は癸の男性。


癸の男性は、まあとにかく優しい。

支えてくれる優しさ。

ホスピタリティメン。

サプライズも大好き。

人に尽くすタイプで、

出しゃばらずに縁の下の力持ちでいてくれる

ありがたい存在。

そして、愛されキャラ。

癸の男性の魅力は、

「丁寧で人に尽くすような優しさ、 謙虚さ」

にあります。
 

癸さんは

惜しみなくその優しさを注ぎ込みますが、

ある一定の距離から

中に他人を入れないような面があります。

 

「仲いいんだけど、

 一定の距離からは踏み込めないんだよなぁ」

って感じさせるのが癸さん。

 

癸を持つ男性、尽くしがちな優しい人ですが、

ネガティブさ・アンニュイさも持っています。

触れられたくない核の部分は

誰にも見せたくない、

という気持ちがあるんじゃないかな、と。

そこが「つかみどころのなさ」として

見えるのかもしれません。
 

癸は自然で表すと「雨」。

慈雨って言葉もあるように、

雨は癒しの存在。

そして、雨って

めっちゃ小さい水の粒だから、

つかめないよね。濡れるけど。

そういう存在なのかもね。



3位は乙の男性。
 

乙さんは穏やかで

人の和を気にするところがあるので、

「強さ」をあんまり見せません。

周りの空気や状況を察して

動くことのできる人。

怒ることが少なくて、

いじられても笑いに変えて受け流したり、

自分の気持ちを抑えることができる。

なじむの得意なんですよね。

人の和の中にすっと入って、

和やかな空気を創り出す存在。

それが乙の男性。
 

乙さんって

どこかしたたかなところがあって、

計画的に人と協調できるんです。

「一人よりはみんなで」の人で、

基本人の輪の中にいるんだけど、

人と協調することを優先しているせいか、

「え、今の本心?」

みたいに感じるときがあります。

空気読めすぎで本心読めない

って感じ。

主張しすぎないからかな~。
 

乙は自然で表すと「草花」。

草花は多数で咲くもんね。

だから周囲の人に優しく、

協調性が高いのかなー。



ガーベラガーベラガーベラ

 

 


とりあえず私の独断と偏見で

2つほどランキングしてみました!


途中から

「あれ、これ男性じゃなくても

 当てはまるくない?」

って自分でツッコミ入れるような内容に

なりつつありましたが、

突発バカ企画にお付き合いくださり

ありがとうございました♪

 
 
 
 
 
非常にまじめな占い師です。
四柱推命 鑑定受付中
◇対面鑑定はこちら

◇メール鑑定はこちら