小学校の時の思い出

テーマ:

 小学校修学旅行 でのことだった。

我々は一路目的地をめざしてバス に乗り込んだ。


 クラス のおどけ者、安川君はその日も元気良く、皆の前で

おどけては、バス の中に笑いを振り撒いていた。私は彼と同じ班で

席も隣同士だった。少しテンション の高すぎる彼に閉口しながらも、

バス の旅は快調に進んで行った・・・。


 しかし、バス に乗って1時間が過ぎた頃には、安川君はさっきまでの

テンション がウソだったかのように静かになり、何か神妙な顔つきに

なっていた。

 「車酔いか?」

私は聞いてみた。

 「うん、ちょっと酔ったみたい。」

 「先生 に言おうか?」

 「いや、大丈夫、言わんといて」

 「そうか、また気分悪くなったら言いや。」

 「うん。」

まぁ彼が大丈夫だと言うのだから、それ以上のしようはない。

私も彼の車酔いにつきあって、せっかくの楽しい修学旅行 をだいなしに

するつもりは毛頭なく、彼を放って友人らとの会話を楽しんでいた。


 「先生 、和田さんが気分悪いって」

突然後方の女子らの席からゲロ警告が先生 に報告された。

警告されたところで、先生 にできるのは「大丈夫?」とのお決まりの

セリフとゲロ袋を装着したゲロバケツを渡すことぐらいだ。

 特技が『貰いゲロ』の私としては、非常に忌々しき事態である。

隣の安川君も加わって『連鎖ゲロ』という非常事態に突入する

危険性もはらんでいた。




 しかし、和田さんは車酔いに耐えてよく頑張った!私は感動した!

かくして非常事態は去ったかに思えた・・・・。


 バス は予定通りに快調に進み、ハイウェイ へと突入した。

ハイウェイ はカーブも信号 も無いので、酔いが悪化することは無い。

 私は安堵し、また友人らとのバカ話に花を咲かせていた・・・


         その時


 私の隣の安川爆弾 がポツリと火花をあげた



         「・・・うんこしたい。」



・・・車酔いではなかったのだ。彼は一心不乱に、今にも括約筋の束縛を

振り切って生まれ落ちんとする『うんこ』との熱いバトルを孤独 に繰り広げて

いたのである。


 しかし、そんなことを告白されても私にはどうしようもなかった。

勿論バス にはトイレ は無かったし、ハイウェイ に乗ったばかりで

次のトイレ 休憩はまだまだ先だったからだ。

 「やばい?先生 に言おうか?」

 「いや、言わんといて。」

蚊の消え入るような声で彼はよわよわしく訴えた。


 そうなのだ。小学生 にとって『うんこ』という行為は、

イスラム教 徒が豚を食うに等しいタブー だったのだ。

 しかし、彼の様子を見ていると、そんな事を言っている場合では

なさそうなのがわかった。


 「このままでは『ウンコマン』が『おもらしマン』にクラス アップして

 いくだけだ!」


 そう考えた私は、彼の抑止を振り切り、先生

 「安川君がうんこしたいって言ってます。」と伝えた。

わざわざ先生 に接近して、小声で伝えたのは私なりの彼の

名誉への気遣いであった。




 しかし、先生 はそんな私の気遣いに気付かず


「安川君、ガマンできそう?もう出ちゃいそう?」


 とバス 中に響き渡る大声で彼に問い掛けた。

安川君の恨みがましい視線が私に突き刺さる。


 一瞬で車内には静寂が訪れ、皆の注意は

『うんこがもれそうな安川君』に集まった。


 先生 が彼の隣の席へと移動したので、隣だった私は

先生 の席へと移動が出来だ。


  「爆心地は避けれた!やった!」


 不謹慎だが私のその時の素直な心境はそうだ。


 最早私に出来ることは祈るだけだったが、

「安川君がうんこをガマンできますように」 なんて祈ったら

神様 に怒られそうだったのでやめた。大人しく事の成り行きを

見守ることにした。


 先生 は「ガマンできそう?」とまだ問うていた。安川君は半泣き状態で

答えようとしない。


 私は考えていた。もし「もうガマンできません」と彼が答えたら

先生 はどうするのだろうかと。幼い私の出したベストの答えは

バス を停車して道の端にうんこする』というものだ。それ以外に

考え付かなかったという事もあるが。一休さんでもそう答えるであろう

ベストの回答を、もしその時が来れば先生 も選択するだろうと

思っていた・・・。




Time is come---そして時は来たれり


先生 の「ガマンできる?」の問いに遂に彼が首を 横 に振った。


『WARNING WARNING 爆発秒読み開始

 乗組員はすみやかに退避せよ』 緊急コールが脳内に鳴り響く。


 しかし我々には逃げ場は無かった。


モーゼにすがる民草のように我々は先生 の決断を待った。

モーゼの口から決断の言葉が吐かれる


「安川君は一番前の席へ、前の席の人達は後ろの座席へ下がって!」


 意外なモーゼの言葉に私は呆然とした。席を移動して何の解決に

なるのだろうかと。しかしその疑問はモーゼの手にしたものによって

一瞬で掻き消えた。


 モーゼの手にあったもの・・・それは


     『バケツ』


 そう、『ゲロバケツ』として搭載されていたあのバケツである。

流石にモーゼがそのバケツを何に使用せんとしているかは理解できた。


モーゼは海を割る変わりに 『ゲロバケツ』 を 『うんこバケツ』

へと変身させようとしているのだと。




モーゼの導きにより、民族 大移動は終了した。


 しかし、それで終わりではない、いや、地獄 はこれからなのだ。

皆が顔を見合わせる。何を喋ればいいのかわからない。

来るべき地獄 の時を皆が、最大級の静寂という最悪の状況で

迎えようとしたいた。


           「ピブッ」


静寂の車内についにサタンが産声を上げた。悪魔 の母は嗚咽をあげていた。


   「ブピッ! ブパパパパパパ!!

           ブシャッ!!    ビッ!  ピピブブツ!!


     プシャシャシャシャシャシャーーーーー ビッ!!」


 サタンがあらん限りの雄たけびをあげた!!

 雄たけびと共に、車内に地獄 の臭気が蔓延する!!


 この極限の状況に耐えられず、滝川君が笑い声を

上げはじめた!するとそれにつられてガマンしていた者達も

一斉に大笑いを始めた。


 「ブプビチチッ ワーープッーーーハハブピッピツハッブリブリブリハッハッ!!


     ワハハハブリブリッハハッハッハビチチプチッハハハーーーーハハハプゥッ」


 サタンの雄たけびと臭気と子羊達の笑い声で車内は更なる地獄 へと変わった。


 その瘴気に当てられたのは、車に酔っていた和田さんだった。

頼みの綱のゲロバケツは既にバス 前方で安川君の菊門錬金術 により

うんこバケツへとクラス チェンジしていた。


 耐え切れなくなった和田さんの口から溶解液が勢いよく放たれた。

前門の狼、後門の虎とはよく言うが、『前門のビチグソ、後門のゲロ』

とは古代 中国 の文人も考えもしなかったであろう。


 車内はクソの悪臭とゲロの悪臭が入り混じり、ビチグソの放たれる

爆音と気の触れんばかりの爆笑がうずまき、泣き出す女や貰いゲロを

する奴らも現れた。


 「フゲロオエップ゙プビチチッ ワーウッッープッーーーハハブピッピツハッブリブリブリハッハッ!!


     ワハハハゲェェッハハゲロゲロハブリリリハハハ  ゲロ


     ブリブリワハハハゲロゲオエッエッ   ビプッ  ゲロオペッハハハハエーン    


     ワハハハブリブリッハシクシクハッハッハビチチッハブピゲロッロロハハーーーーハハハプゥッ」



 脱糞、嘔吐、嗚咽、爆笑、激臭を乗せた地獄バス は速度を緩める

ことなく目的地へと向かった。


               ==終==