4月20日の夜は、東京の江戸川区、瑞江に来て! | 植松努のブログ

植松努のブログ

講演でしゃべりきれないことを書きます。


テーマ:

先日、黒い封筒が届きました。

白い字で、スタイリッシュに住所が書かれています。

 

中身は、本でした。

その本の作者は、小学4年生でした。

 

「恐竜VS妖怪 最強王図鑑」

フルカラー。

しっかり製本されて、帯までついてる。

ちなみに、総ルビです。(漢字にはふりがながふってある)

 

子どもの頃、ジャガーバックスの日本妖怪図鑑、世界妖怪図鑑に恐怖した僕。

小学生の頃、フタバスズキリュウが発掘されて、衝撃を受けた僕。

僕の大好物が、いまここに、世紀の対決!

(さすがに、いまでは妖怪の勉強はあんまりしていませんが、

恐竜に関しては、現在進行形で大好きです。)

 

この本を支えたのは、ご両親です。

ご両親は、夢をあきらめそうになる作者に

「大人になるまでまたなくていいんだよ。今の夢は今かなえてごらん」と

言ってくれたそうです。

そして、この本の最後には「ぼくのことが大好きな弟に贈ります」との

作者からのメッセージ。

 

なんてこった。

 

ちょうど、そんなとき、

4月20日に東京の江戸川区の瑞江駅のそばで行われる、

僕と清水さんの出版記念講演会の準備をしてくださっている方から、

「オススメの本があれば、当日会場で販売しますよ。」との連絡が。

そこで、この「恐竜VS妖怪」を提案してみました。

すると、主催の方が作者に連絡を取ってくださって、

なんと、当日、作者とご家族もいらっしゃってくださるとのこと。
彼の本も販売されるとのこと!

 

なんてこった。

 

当日は、講演会のあとにサイン会が用意されています。

近所のお店が協力してくださって、おそくまで会場を提供してくださるとか。

そして、そのサイン会には、「恐竜VS妖怪」の作者も登場するかも!

なんたって、講演会が21時までですから、サイン会は遅い時間になります。

作者は小学4年生ですから、彼が参加してくれるなら、まずは彼のサインを優先で。

ぼくらおっさんのサインは、後回しにしてください。

僕はその日は、瑞江に宿泊ですので、僕はなんぼ遅くなってもかまいません。

 

僕は、会社を経営しています。

その上で、自分の夢を実現するために努力をしています。

僕は、人の自信や可能性が奪われない社会をつくりたいです。

そのためには、自信や可能性を奪われない人を増やすのが一番です。

だから、僕の最優先は、子ども達です。

子ども達にあきらめ方を教えなければ、その子達が、10年後に社会を変えるはずです。

ということも、命をかけてやっています。

そのため、スケジュールはいつもカツカツです。

ですから、自分ではスケジュール管理をしていません。

すべて、会社がコントロールしている状況です。

ということで、大変残念な事ですが「どうしても会いたい」「個人的にお話がしたい」

というメールを沢山いただくのですが、対応することができません。

しかし、4月20日の講演会の後のサイン会(懇親会?)でならば、
もしかしたら、他にもそういう人がいて、順番待ちになってしまうかもしれないけど、
お話しすることができると思います。

ということで、
「恐竜VS妖怪」の作者、「たつみや そう」氏に会いたければ、
そして、ついでで僕にあってくれるのならば、
下記のURLから、お願いします!
 

https://puchisoku.org/event/20190420.html

 

植松努さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ