値段は理解できるけど、価値がわからない人達 | 植松努のブログ

植松努のブログ

講演でしゃべりきれないことを書きます。


テーマ:

最近感じるのですが、

情報をまるごと鵜呑みにして信じてしまう人が増えてる気がします。

 

おそらく、「はい、ここテストにでるよ〜。」方式の勉強をしてきた人だと思います。

 

大人や、学校が教える事や、本に書いてあることは、すべて真実。

それを、いかに正確に丸暗記するか。

という教育を受けてきた人達です。

 

そういう人達は、複数の相反する情報があると、思考停止です。

それらの情報から、自分で思考して答えを出せないからです。

 

 

そういう人達は、「値段」は理解できるけど、「価値」がわかりません。

 

なぜなら、値段は、誰かがつけてくれるものだけど、

価値は、自分が考えるものだからです。

 

これが、ハンドメイド作品などに、原材料費からみたらぼったくりだ、と
言ってしまう原因ではないかなと思います。
そういう人達は、思考力を奪われた人達なのかもしれないです。
 
この調子で、「過去問題丸暗記」方式の人が増え続けると、
もしかしたら、命の価値さえわからなくなるかもしれません。
それはきっと、ものすごく恐ろしい事です。
でもなんか、そんな雰囲気は高まってる気がします。
 
僕は、小さい頃から本を読むのが好きだから、
教科書に書いてあることと、図鑑に書いてあることに、差があることを知っていました。
伝記もです。同じ人のことを書いてるのに、出版社によって内容がかなり違う。
僕はそれを、正しいとか、間違ってるとか思わずに、受け容れていました。
 
また、親戚のおじさん達は、お酒を飲んで議論するのが好きでした。
「紙おむつVS布おむつ」とか「戦前教育VS戦後教育」とか、
まー、酔っ払って、最後はケンカになりそうになりつつも、
僕はそういう議論を聞いているのが好きでした。
 
きっと、様々な情報や、様々な考え方に触れるのは、すごく大事なことだと思います。
でも、今の子達は、部活と勉強が忙しすぎです。
すごく頑張っているのだけど、ものすごく大事な「思考力」を失ってる気がします。
そして、思考力がないと、値段は理解できるけど、価値を考える事ができません。
それは、かなり危険なことだと思います。
 
みんなが「いいね」してるから「いい」と思い込む。
みんなが「価値がある」というから、価値があると思い込む。
わかりやすい「指標」を信じ込む。
そういう人達は、詐欺に遭いやすいだろうねえ。
 
 
 
 
 
 

 

植松努さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス