裸のニューヨーク

ユー・ドント・ノウ・ニューヨーク・ザ・ウェイ・アイ・ドゥ...これは私のアンビバレントでパーソナルなニューヨーク・ストーリー。


テーマ:
こんばんは。

女性の監禁や連れ去りがまたニュースになっています。これも性犯罪がらみです。

あまり書きたい題材ではなかったのですが誰も書かないので、私が書くしかないかと思って男性からのバッシング覚悟で書きました。


(中)性犯罪撲滅には男女理解と女性差別是正が必要
女性の服装に対して日米の男性たち感覚の差が大きい


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

総面積830キロメーターのニューヨーク市には5つの区(borough)があり、約820万人が暮らしている。有名なフィフス・アベニューやタイムズ・スクエアなどはそのうちの1つ、マンハッタンにある。ブロンクス区やブルックリン区、クイーンズ区、特にフェリーでしか行けないスタテン・アイランドなどをわざわざ訪れる短期の観光者は少ないだろう。

 「クイーンズはニューヨークじゃない」(映画「クイズショー」のTVプロデューサーのセリフ)と不名誉な評価を与えられる事もあるクイーンズには2003年と2006年に2度滞在した。80年代や90年代にはマンハッタン以外に滞在する気などさらさらなかった。それが、2000年がピークだったとも言われるバブルの影響で、マンハッタン市内には80ドル以下のホテルなどなくなったのである。

 2度利用した「ホテル・カーター」(参考サイト)は43丁目のNYタイムズの向かい、7番街と8番街の間にあり、80年代には1つ下の42丁目には夜になるとずらりとプッシャー(ドラッグの売人)が並び、「スモーク、スモーク(マリファナあるよ)」などと声をかけられた。現在のこぎれいなタイムズ・スクエアからは想像もつかないだろう。物騒なエリアだったにも関わらずガイドブックに出たとかで、日本人もよく利用していた。一週間利用者に適用されるウィークリー・レートが確か45ドルほどで、貧しいツーリストの強い味方だったが、数年前に前を通りかかって料金を聞いてみると1泊100ドルもすると聞き、信じられなかった。何しろここはネズミが出るホテルなのだ。それに照明のカサは壊れたまま、洗面台が詰まって流れない、ベッドサイドのランプが付かないというひどいコンディションで、数ヶ月前のクリスマス時に宿泊客が飾ったメリークリスマスという飾り幕がまだ天井に張りついていた。更にはスペイン語で罵りあう男女の声が通路まで聞こえてきたり、ドシン、ドシンと物騒な物音がしたり、映画「ビッグ」に出て来た恐ろしげなホテルそっくりだったのだ。市がホームレスなどを宿泊させる時にも使っていたという。その安宿が100ドルとは!

 2001 年の911直後にはニューヨークを訪れる日本人が激減し、日本人相手のホテルや寮は大打撃を受けて大幅割引をした。私は2002年の1月には航空運賃と宿代、食費にエンターテインメント代に交通費全部込みで1週間10万円という旅が出来たが、観光産業も徐々に回復し、1ヶ月という長丁場の取材にマンハッタンのホテルを利用する事は到底できなくなった。

 その後ルームメートを募集しているマンハッタンの日本人と住んだ時には、ニューヨーク在住の日本人が利用する掲示板上でも色々と問題が報告されているように、私も非常に悪い扱いを受け、散々な目に遭ったので、それ以降はついに「都落ち」してクイーンズの下宿に滞在する事になったのだ。

 クイーンズはNYに住んでいた時には用のない街だった。数ヶ月に1度、重い腰を上げてはるばる行く用というのはフラッシングにある日本の食料品店「大道」で納豆やインスタントラーメンや味噌などを買う時だけだった。当時すでにインド人が多く住み、白人の多いマンハッタンからするとそこはまるで第三世界のようだったのを覚えている。

 私が昨年滞在したクイーンズ区のジャクソンハイツにはインド系、ラテン系、アジア系が多く、黒人や白人のアメリカ人は非常に少なかった。道がわからなくて誰かに聞いてもメキシコ人や中南米人はほとんど英語を話せないので聞くだけ時間のムダである。中国系や韓国系の人でも似たり寄ったり。韓国人女性が路上でニラと思われる野菜を売っていた時には、2ドルと安いので買いたかったのだが言葉が通じない。ニラでなかったら困る。目の前の韓国の美容院の従業員がやって来たので餃子に使うニラか、炒めて食べられるか、などと聞き出し、やはりニラらしいというので買って帰った。食べてみるとニラでホッとしたが、言葉が通じないという事は気力、体力を非常に消耗する。英語も通じないとは、ここは本当にアメリカなのだろうか、と思ってしまう街なのだ。

 高層ビルのない、英語の通じない人々の行きかうジャクソンハイツではアメリカの豊かさは全く感じられない。そこから地下鉄に揺られて10分、53丁目で降りて階段を登り、地上に出る。右に折れて5番街に出ると高層ビルが目に入る。広い道路を華やかな色彩の洋服を着た人々が行き交う。クイーンズとは別世界が広がっている。

 (ああ、また「ニューヨーク」にやって来た)

 そんな実感と感慨、そして感動がこみ上げてくる。私の中でも、クイーンズはニューヨークではないのだった。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 7月、中国にある日系銀行の日本人上司が、部下との業務上の議論で感情的になり中国人部下に平手打ちを食わせ、31日解任されたそうだ。辞表を叩き付けてついでにいやな上司を一発殴ってやりたいという男性の声を聞く事がある。職場では怒りは抑え、我慢ができなくなったら退職、というひとつのパターンが見えてくる。今回の日本人にしても今までの経緯があったものと推測するが職場では怒ったり怒鳴ったりすべきではないという事だろう。

 ところが、アメリカでは、職場で怒る男性は尊敬を勝ち得るという調査が発表されているそうだ。その一方で女性が怒ると、抑制が効かない、無能であると見られる恐れがあるという。(出典サイト)しかも感情的でない女性は怒る女性より高い給料を得られるというから日頃から怒る傾向のある職業女性は注意しなくてはいけない。

 記事の中でエール大学の学者は職場での男性の怒りはパワフルなツールとして職務をまっとうするのに有益だが、女性は合理的な人間と見られる為には冷静に振舞う必要があるかもしれないと結んでいる。

 時の人、ヒラリー・クリントン大統領候補は大物共和党員に「大統領となるには怒りすぎ」と評されているそうで、彼女は大統領選に勝利して怒る女性の救世主となるのか、それとも共和党員の言うように大統領となるには怒りすぎと見られて大統領失格という烙印を押されるのだろうか。

 不思議なのは「女性は大統領としてアメリカを治めるには弱すぎるのではないか」という世論が強い時に、ヒラリーさんはパワフルに怒ってもダメ、弱くてもダメ、という矛盾を突きつけられている事になる。

 男女平等の進んだアメリカでもいまだにこうした「男は怒ってもいいが女はダメ」というダブル・スタンダード(2重基準)がある事に少々驚く。この記事を読んで、女性は「冗談じゃない!」と怒るべきなのか、それとも「しょ
ーがない」と冷静に受け止めるべきなのか。

 怒れる女性の代表格のような田嶋陽子センセや佐藤あい子さんのファンである私は女性もどんどん怒るべき時には怒ればいいと思う。但し理性的に怒るべきで感情的に怒るのはよろしくない。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ニューヨークでの自分の出会い体験を書いております。ニューヨークの出会い系で出会おうなんて
今はこれっぽっちも思っておりませんです。たまにメールのやり取りをするバーチャルな友人はおり
ますが...スカイプで話すニューヨーカーも年齢を偽ったり、自分をよく見せようとしたりどうも
信用できません。こういう人を見ると悲しくなるのです。

ニューヨーク「出会い系」考
知り合うことのむずかしさ



良ければ「評価する」をクリックよろしく。

反響があればまた書きますし、なければ書きません(笑い)。

Simple as that.


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

社団法人中央調査社という調査機関が「幸福度調査」というのを行なっている。2004年に日本人6000人、アメリカ人12000人を対象に行なわれ、普段どの程度幸福だと感じるかを、「非常に幸福」を10点、「非常に不幸」を0
点として回答してもらったという。日米とも全体に幸福な人が多かったが、アメリカ人は日本人よりもさらに幸福感を感じており、平均値で見るとアメリカが6.98、日本は6.32だった。また、女性は男性より幸福な傾向があり、
男性が不幸なのは喫煙傾向があり、喫煙する人は不幸な傾向があるためだそうだ。但し、喫煙するから不幸なのか、不幸な人が喫煙するのかは定かではないという。


また日本では20代が幸福の絶頂期で、加齢とともに不幸になり、60代が一番不幸だという結果が出た時に、アメリカでは60代が最も幸福で、40代がもっとも不幸と、日米で極めて対照的な結果が出ているのが興味深いと
いうか不可解というか、はたまた至極ごもっともというか、考え方は様々だろうが、私は70代や80代の女性が「ああ、今が一番幸せ」とため息と共につぶやくのを実際によく聞いており、不思議に思ったものだが、女性差別や戦争を経験した彼女達には今が「極楽、極楽」なのかもしれない。


「幸せと聞かないで、嘘つくのは上手じゃない」と松田聖子が歌っているが、たまには「自分は幸せだろうか?」と自問してみるのも生活の向上の為にはいいかもしれない。


それにしてもやはり日米の60代が正反対の結果となったのは気になる。この調査は2004年から3年にわたって行われると同社のウェブサイトにあるから近く興味深い最終結果が発表されるものと思われる。取りあえず、
日本の60代の喫煙男性は、禁煙すればちょっとだけ幸せになれるという事か?

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
お国変われどなぜかなつかしいニューヨークと日本のベンダー(屋台)



ニューヨークのベンダーの大会、取材しそこねました...毎年やるんでしょうかねえ。

しかし、ジャクソンハイツのサミーの屋台ってどこだろう?
駅近くの五差路みたいなところにあった横長の?1度サンドイッチか何か食べたけど
あまり美味しくなかったけど...

次回は名前をチェック&チキンライス!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
アメリカ人は日本人ほど器用ではないと聞き、実際にニューヨークで4年ほど暮らしてみると様々なシーンで(なるほど)と納得する場合が多かった。例を挙げると…

シーンその1 銀行の窓口
  幾つかのアメリカの銀行を利用してみて、まず驚くのは彼らのお金の数えるスピードの遅さ。日本では新入社員はお札を素早く正確に数える訓練をさせられると いう。私の姉なども銀行に入社したおかげで今でも100万円ぐらいはさっと短時間に数えられる。おそらく私が要する時間の10分の1以下だろう。ところが アメリカの窓口(テラー)は、左手でお札をつかみ、1枚ずつ右手にザッザッとしごいて持ち替えながら数えるので非常に遅い。これが窓口に列が出来る大きな 理由のひとつだろう。そして、まさか今ではそんな事はないだろうと思うけれど、窓口は支払いの金額をよく間違うと日本人の間で噂されていた。日本の銀行で は考えられない事だ。

シーンその2 スーパーのレジ

 レジの打ち込みが遅い上に同僚とお喋りしながら行うアメリカ人従業 員が多いせいもあり、やはり作業が遅く、間違いが多い。最近は大きい所はバーコードをピッとスキャンするだけなのでいいが、小さな所ではまだ手入力。幸い というか、私がニューヨークで利用するスーパーには韓国系や中国系の所が多いので、彼 /女らにイライラさせられる事はほとんどない。インド系の人も早いようだ。

 これら2つの例からでもいかに日本人の手仕事が早くて正確か を実感する。見聞きするところによると、アメリカ人の多くは時給以上の仕事はしない、マルチタスクが苦手、客を待たせてはいけないという認識がないなど他 にも理由があるのだが、総じて日本人は手先が器用であるという事に気付く。

 その理由は、日本人が箸を使う点、そしてかつてはそろばん、裁縫など、手先をよく使う国民であるという事に起因するのではないかと思う。

  ここでアメリカ人女性の名誉の為に言えば、ミシンが発明される前の彼女らが非常に器用だったという証拠が1つある。ニューヨークでヴィンテージの洋服を扱 う店を経営していた私はよくシルクのスリップを扱ったが、それらは複雑なカットワークも縫製もすべて手縫いで、(アメリカ人も器用だったんだ)と目からう ろこが落ちる思いだった。ご存知のキルトも最近はミシンで縫う場合もあるが基本は手縫いである。

 ミシン、バーコードのキャッシュレジスターと便利な物が発明される度に人間の器用さが失われて行くようで大変残念である。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ようやく書けました、ニューヨークでウォシュレットが普及しない理由。研究成果(?)はこちらです。↓

TOTOウォシュレットがアメリカで普及しない理由 トイレ観の違い考察


それにウォシュレットという名前もわかりにくいと思いますよね。もっとズバッとバトックリーン(尻/バトックとクリーン
の合成語)とか何とかわかるようにした方がいいと思いますがねー。


こちらは目にも美しいニューヨーク女性。私がカメラを構えているのを見るとスーッと寄ってきてにっこりとスマイル。
サマになってますね。

ニューヨーク名物 美人人力車 未来の人気女優かも

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。