裸のニューヨーク

ユー・ドント・ノウ・ニューヨーク・ザ・ウェイ・アイ・ドゥ...これは私のアンビバレントでパーソナルなニューヨーク・ストーリー。


テーマ:
アメリカCNNがカンザス州のモールで29日の午後に起こった銃乱射事件を速報で伝えて来た。

1959年開業の Ward Parkway Shopping Centerの駐車場で3時半過ぎ(現地時間)突如銃身の短い散弾銃を発砲したのは若い男で既に警官によって射殺されている。容疑者を含む3人が死亡した他、少なくとも 2人が負傷しているという。モール、しかも日曜日。人が多く集まる場所での事件で、もっと多くの死者が出た可能性もある今回の事件。同社のウェブサイトでは警備員を募集中だった。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。
銃社会、アメリカ。難しい問題です。自分なりに考えてみました。↓
相次ぐ銃乱射事件、それでも銃を手放さない人、銃を持つ事を選択する人


市民と武装 ―アメリカ合衆国における戦争と銃規制/小熊 英二

¥1,785
Amazon.co.jp
銃を持つ民主主義―「アメリカという国」のなりたち/松尾 文夫
¥1,575
Amazon.co.jp
アメリカにおける銃保持・携帯権限―銃保持の法的根拠を探り、憲法修正2条と銃規制の妥協点を求める/鈴木 康彦
¥1,575
Amazon.co.jp



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

じゃらん トラックバックキャンペーンじゃらん 恋人と行きたいお宿 気分はMAX!心はメロメロ! 「夜景がキレイなホテル」派


ひとりで行くなら温泉、オトコと行くならホテルでしょう。


私のニューヨーク一押しホテルは「マークホテル」。

観光ガイド引き受けます!いや、ホントに。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
菊と刀―日本文化の型/ルース ベネディクト
¥1,313
Amazon.co.jp

日本人が忘れてはいけない美しい日本の言葉/倉島 長正
¥767
Amazon.co.jp

日本人と日本文化/司馬 遼太郎
¥580
Amazon.co.jp

 断わるのも拒絶されるのも苦手な日本人が多い。私はアメリカ生活でノーと はっきり断わらない事にはどこまでも利用されるという経験をしたおかげ(?) で、日本人にしてはかなりはっきり断われる方だとは思うが、それでもアメリカ人にはしてやられる事がままある。大体において人を騙そうとする連中は、ノー と言えない状況を作るのに長けている。

  ハワイのアロハスタジアム・スワップミートに出かけたら、何のことはない、安物のTシャツやアクセサリーのプロの露天商がずらりと並んでいるだけのつまら ない場所だったが、いい柄のバティックのサロンがあったので1枚購入した。魚座の妹が魚の柄があれば買ってもいいという。オーナーの40代の白人女性は、 夫がやっている店に電話してくれて、ある事を確認してくれた。店のあるセクション番号を教えてくれたので行ってみる事にした。するとその女性は、代金はこ ちらで支払ってくれという。ちょっとイヤな予感がよぎったが、世間話をしているうちに既に一種の信頼関係というか親近感を持ち始めた後だったのでうかうか と支払ってしまったのだった。(どうしてここで支払わなければいけないのか)と考えてみるべきだったのに。

 教えてもらった場所は思った よりかなり遠かったしわかりにくかった。そのうち終了時間の3時が近付いて来た。私はこの時点で(やられた)と思った。これ以上先に進んでも店も見つから ず、お金も戻って来ないと判断し、「戻ろう」と妹を促し、先ほどの店に取って返し、お金を取り戻した。その女性は先ほどの笑顔はどこへやら、謝る事もな く、無言だった。夫と連絡を取ろうともしなかったところを見ると、騙そうとした事はほぼ確実だろうと思う。

 怖い顔をしてズンズンと歩く私に、妹は「いいよ、お金は」と言うのだが、私は子供時代のトラウマで、騙される事が極端にキライなのだ。

「品 物を見てから決めるからお金はその時に」ときっぱりと断わればそれで済んだ事なのだが、その女性を疑っていると思われるのがイヤで、ついいい顔をしてしま う私はつくづく浅はかで見栄っぱりだと自戒するが、数年に1回は騙されている。昨年もやっぱりニューヨークで騙されてしまった。なぜアメリカで騙されるか というと、日本人は他人を信じやすいから、そしてやっぱりノーと言えないから、それに尽きる。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ミレイディ、と呼んでくれたあのタイムズスクエアのパブ、まだあるんでしょうか。日本でもこんな喫茶店ができました。ずずっと下へ。

【セール品】 イギリス紅茶 トワイニング オレンジペコ
¥945
カンミ

霧の紅茶有機栽培紅茶オリジナルブレンド

¥598
株式会社イオンビスティー

新手のビジネス、「執事カフェ」は廉価版ホストクラブ?
http://news.livedoor.com/article/detail/3124719/

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
「ホワイト・オンリー」と「ジャパニーズ・オンリー」のビミョウな差

ハーレムに行った後で見るとなかなか良かった「コットンクラブ」。特にタップダンス好きは必見!ジミースライドなど伝説的
タップダンサーが出ています。

コットンクラブ/リチャード・ギア
¥2,000
Amazon.co.jp






いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 SANKEI EXPESS(3月15日付)「同じメニューで値段が違う?」によると、ニューヨークのチャイナタウンのレストランが訴えられているという。それは「1メ ニュー2価格」のせいだとか。アメリカ人の客が中国語のメニューより英語のメニューの方が1ドル高いとニューヨーク市の人権局に苦情の電話をしたので、人 種差別を監視する人権Gメンが店に踏み込んで英中両方のメニューを押収したとある。店側ではテイクアウト用のメニューが誤解を招いたと弁解している。アメ リカではどんなに小さな差別でもこうして訴訟に発展する場合がある。アメリカ人向け、中国人向けと異なったメニューを出す店は多いとある。実は日本料理店 にもこうした別メニューはある。ある有名なソバ屋に行った時に発見したのだが、日本語のメニューにしかない料理があって、内心(これはマズイでしょう)と 思った。それとなく聞いたら差別的な理由ではなかったが、アメリカ人が知ったらさぞかし憤慨したと思う。

 香港に行った時には小売店は4つの定価表を用意していると現地の人に聞いた。
高い順に並べれば、日本人、アメリカ人、イギリス人、中国人の順ではなかっただろうか。地元の人と行けば安く買えるのだという。取れるところから取るなん て随分不正直なやり方だと思ったが長居する訳ではないので看過した。デパートで商品の相場を見てから小売店に行って値切る、というのがボラレないショッピ ング法だとも聞いたが、そうやって騙されないよう消費者側が策を
弄さなければいけないとは何という所だろうとうんざりした。

 ニューヨークのチャイナタウンに話を戻すと、英語のメニューと中国語のメニューでは値段が違うという話はとっくの昔からあって、ようやくアメリカ人も気付いたのだろう。私などは中国語のメニューを見て注文していたから安い方の値段だった訳だ。

 行き付けの店でチャプスイという野菜あんかけご飯のようなものを好んで食べていたが、ある時中国人のウェイターが「それはアメリカ人の食べる物だから」”Don’t eat.”(食べるな)とアドバイスとも非難とも取れる言い方をされた。

 それ以来料理のわからない女と思われるのはイヤなのと、彼に敬意を表して注文しない事にした。これは野菜の切れ端を使った料理で、プライドのあ るコックなら作らない代物なのだと後に「チャイナタウン」という本で知った。彼らはアメリカ人がチャプスイを注文するたび、(中国料理のわからないヤツ め)と軽蔑しているのかもしれない。だからといってボッていいという事にはなら
ないが、そう思う気持ちもわからないではない。かつて日本レストランで働いて、ご飯の上に甘辛いしょうゆのたれをかけて食べたり、緑茶に砂糖を入れて飲むアメリカ人を目撃して(許しがたい!)と憤慨した私としては。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ハーレム・ナイト/エディ・マーフィ
¥1,100
Amazon.co.jp

ハーレム・ナイト
¥1,455
Amazon.co.jp

映画「ハーレム・ナイト」は1918年、黒人少年がラファイエット・シアターの前を走り過ぎるシーンから始まる。今はないこの伝説的な劇場は7番街の131-132丁目にあり、有名なコニーズ・インが隣接していた。物語は20年後、芸術、文学、音楽などの黒人文化が花開いたハーレム・ルネッサンスの後期に移る。20年から34年までの禁酒法の時代にはニューヨークに5千軒あったと言われるスピーク・イージー(もぐり酒場)の一つだったと思われるクラブが舞台となっている。20年代から30年代にはハーレムの中心地には、125以上のもぐり酒場、ラウンジ、サパークラブ、バー、劇場、ダンスホールなどがあり、大変な活況を呈していたという。

ラファイエット・シアターは現在は教会になっている。コニーズ・インも消失し、スーパー・マーケットとなっている。教会の駐車場はかつてはリズム・クラブだった場所で、隣のアパートの壁面いっぱいに描かれた、こぶしを振り上げて団結を訴える黒人達の絵が見られる。(写真)

写真を撮っていると、教会のオーナーだという黒人の中年女性が近寄って来た。「80年代のハーレムはまだひどい時代だった、でも」と向かいのアパートの幾つかを示し、今はべらぼうに高くなった家賃が当時はいかに安かったかため息まじりに話してくれた。

向い側には「Big Apple Jazz 」という、チャージなしでジャズを楽しめるカフェ兼ギャラリーがあり、日本人も数多く訪れていた。
ハーレムのジャズの歴史に詳しいオーナーのゴードンさんはツアーも行なっている。

(この記事はSANKEI EXPRESS 4月15日号に掲載されています)


Wallpaint

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
日本のTV番組はつまらない、と言う人が多い。もっとも若い時には、「笑っていいとも」などは毎日見ていたから、スカパーやNHKの衛星放送など、チョイスが出来たので地上波は見なくなったのかももしれない。とにかくアメリカやイギリス、カナダなどのドキュメンタリーには優れた物が多く、エンターテイニングであると共に教えられる事もたくさんある。

日米のテレビ番組を見ていて気が付いた事を幾つか挙げてみたい。昨年滞在先した家にはケーブルテレビが入っていたのでたくさんの局が見られた。但し、あまりに選択肢があっても疲れるもので、結局はなじみのNBCやABC、CNN、たまにFOX、一番見たのはNYの地元局のNY1だった。

やはり日本で見慣れた番組がとっつきやすく、「(隣の)サインフェルド」をよく見た。これがまた幾つかの局で違う時間帯にやっているので何が何だかよくわからない。TVガイドを買って研究しようとしたが時間がなかった。遊びで行った訳ではないので本来のんびりTVを見ているヒマなどないのだが、つい毎晩チャンネルを合わせてしまったのがNBCのジェイ・レノの”Late Show”と、続く”Late Night with Conan O’brien”。

コナン・オブライエンは大好きなので数年来の念願だったスタジオ収録にまで出かけて行った。これは前もって電話で予約し、予約確認のメールのプリントアウトを当日持参する。無料で、おみやげにはTシャツまでくれるサービスの良さだが、とにかく時間がつぶれる。一旦NBCまで出向き、始まる1時間前ぐらいに再集合して延々と並ばされるのだ。局側の人間が並び方から座る席まで仕切るので私の後ろに立っていた、NY観光にやって来たらしいプアホワイト(失礼)の、笑うとおなかがたぷたぷと波打つ女性など「ブー」とブー垂れていた。長々と待たされるのがイヤな人には向かないが、私は次回も行ってみたいと思う。

それはともかく、日米のTVを見ていて気になる点が幾つかある。似た、というか構成が全く同じ番組があるのだ。昔だったら「クイズ100人に聞きました」、日本の決まり文句「あるあるある!」はアメリカでは”Good answer!”だった。”Dance with Celebrity”(セレブとダンス)に似た番組も日本にある。「クイズ$ミリオネア」も日米同じ構成である。

日本の番組もNHKほか数局あるようだが、帰国すればいくらでも見られるのだから一度も見なかった。「料理の鉄人」がアメリカで大ヒットしたのはご存知かと思う。チャンネルのザッピング中に非常に不思議な番組を見つけた。多分「ゴレンジャー」だと思うのだが、屋外のシーンは日本なのに、アメリカ人が出る場面はアメリカで撮影している。しかも言語は英語。その切り替えが稚拙で不自然で、どうしてこんな事をしなければいけないのかと首を捻った。「風雲タケシ城」と思われる番組も英語で放送していて、若き宮崎県知事が出演していた。

日本の地上波はほとんど見ない。若いタレントには一切興味がない。日本人で私の映画や音楽の趣味がわかる人は皆無に近い。こんな生活をしている私は「海外逃亡者」ではなく「国内逃亡者」なのかもしれない。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。