(番外編)1965年夏・マキノ島のモダン・フォーク・カルテット | AFTER THE GOLD RUSH

AFTER THE GOLD RUSH

とおくまでゆくんだ ぼくらの好きな音楽よ――


テーマ:

MEN'S CLUB(メンズ・クラブ)1965年12月号には、「モダン・フォーク・クァルテットのマキノ島だより」と題して、同年夏にマキノ島で開催されたMRA世界大会に関するごく短いレポートと数枚の写真で構成されたグラビア記事が掲載されている。本ブログでも参考にさせていただいたが、モダン・フォーク・カルテットのマキノ島での生活の一端が垣間見える貴重な資料であり、埋もれたままにしておくのは惜しいので、その一部を紹介する。なお、冒頭の写真は、宿舎での練習風景のスナップである。(左から、眞木壮一郎、重見康一、麻田浩、渡邊かをる)

「六時、ラッパの音と共にグランドへとび出した。フットボールのユニホームを着た若者、テニス、ラグビーと、それぞれ勝手なスタイルでどんどん集まってくる。すがすがしい湖を渡る風が僕達を包む。ワン、ツー、スリー、マキノ島をゆさぶらんと体操が続く。MRA世界大会。正しい人を作り、正しい社会にし、正しい国に、そして正しい世界を作ろうと集まった若者達。(中略)馬車の鈴の音が聞こえる頃ミィーティングが始まる。ヴェトナム問題、日本のアジアに対する問題等、どの顔も真剣だ。昼にはバーベキューをした。どこからともなく集まってくる鳥。彼等も大会に参加しているのだろう。食べ終わる頃ギターやバンジョーを囲んでフーテナニーが始まった。(後略)」

昼食のバーベキューを食べ終わると、自然にフーテナニーが始まった

 


MRA訓練センターでは、コルウェル・ブラザーズがフォーク・ソングの演奏で迎えた

 


「Run and Catch the Wind(風をつかもう)」を歌うグリーン・グレン・シンガーズ

 


男子宿舎の前での麻田(左)と眞木(右)。マキノ島は、車の乗り入れが禁止されているため、交通手段は馬車か自転車のみ

nyarome007さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。