三度目の正直(笑)

                                                     バツ2で三児の母なのに遠距離恋愛やっちゃってた三重苦の末結婚しちゃった私。( ̄▽ ̄)


テーマ:
タイトルは、分る人にしか分らないって事でヾ(;´▽`A``

さて・・・行ってきましたよ。小学校の校長室に。

校長室のソファーに座る男子中学生三人。も、まったくもって【普通のお兄ちゃん】達。

校長、次男の担任、小学校の生活指導の先生、中学校の生活指導の先生。

次男の他にも出てきたエアガンで撃たれた子が二人。

で、次男と私。

私が校長室に着くと、次男の他に撃たれた子達への謝罪が始まったとこだった(ん?)

・・・なんで、同時に話し合いをはじめないんだ?同じ内容だろうに。

・・・ん?親が来ているのは私だけ???

次男の他に撃たれた子達への謝罪が終わったら、今度はウチの番になり同じ話の繰り返しが始まったらしい・・・。

エアガンを撃った三人のうち一人は実際に次男に撃った訳ではなくそばにいたからボクも同罪と自分から出てきたらしい。なかなかいさぎいいな坊や☆

三人とも、きちんと目を見て話のできる子達だった。

『君達のやった事は、怪我しなかったからってイタズラで済まされるのもではないんだよ。ましてや、校則や法律で禁止されてる事をしたの。中学生といえど自分で責任のもてない事はしてはいけないのは当然だよね?他の人もしてるからいいじゃないかではなく自分のやった事なんだよ』と、言ってみる。

・・・同じ年頃の長男と、だぶった・・・。

きちんとした謝罪の言葉を聞けたので『今回は君達を信じます』で、終わらせる。

いや・・・『終わらせた』が正解だな・・・問題はここからだ!!

席を立つ中学生達と生活指導の先生。

『ちょっと待った。先生だけ残ってくださいますか?(にっこり)』

生徒達だけ学校へ戻し、職員室に私と先生ご一行様だけが残る・・・。



『今回のこの話し合い・・・なんだか腑に落ちないんですけど(邪)』

中学の教育指導の先生の顔色が変わる。

『まず・・・どうして当日に学校側から連絡が来ないんですか?あの生徒さん達の親御さんは今回の件はご存知なんでしょうか?』

『今日、報告も兼ねまして親御さんに連絡を・・・』

『はぁ?じゃ、どうして私はココに呼ばれているんですか?ウチだけ親同伴?なんか変じゃありません?』

ここから、中学の教育指導との睨み合いが始まる・・・。

ってか・・・本気で『ガン飛ばしてます』ね。アンタ…( ̄_ ̄;)

そこから、学校側の対応の落ち度をガンガン責めてみる。

終いには、家庭の躾が云々と言い出したところで・・・ちょっと待った!!!

『子供が間違った方向に行ったら、教師とか親とかじゃなく大人として注意するモンじゃないの!?』

『今度きちんとした指導・・・』

『今出来てないのに信じられるわけ無いでしょう?校則で禁止されているだけじゃ理由になりません。子供に分る言葉でちゃんと伝えていますか?』

あの中学生達やその親御さんに今後どうこう言う気は無い。

アンタら、仮にも教師って言うんならやるべき事やったら?

じっと・・・睨んでいる中学の先生。話にならない・・・。

『穏便に・・・』の空気の漂う中、『帰ります。』と、席を立つ。

やってらんない・・・(ノ-_-)ノ ~┻━┻

さて・・・月曜日、どう動こうか・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、病院のハシゴの日。ついでに次男の宿泊学習のお弁当作ったり、車椅子を作り直す為にリハビリセンターに行かなくちゃ行けなかったり・・・で、バタバタです・゚・(ノД`)・゚・

秋晴れで、お散歩方々出かけるのには最高の日ですが・・・体調は変わらず(-”-)

時間が中途半端なので、一旦家に帰り家事をやっつけていると一本の電話が★

『ウチの生徒(中学校)が、オタクの息子さんにエアガンを撃ったらしく・・・』

は?なんですと?で・・・?

『今日、謝罪に伺いたいのですが・・・』

ちょっと待て。次男は宿泊学習で留守だし・・・何も聞いてません!!

『謝罪に時間が経っては意味が無いですし・・・』

・・・(-”ー)

だから本人が明後日まで留守なんだってば!!

・・・(ノ-_-)ノ ~┻━┻あまりにも一方的な態度&『アノ子達は幼稚で・・・』の発言にピキッ★

コチラの都合に合わせていただくことにして、金曜日に小学校にて話し合い決定☆

さて・・・エアガンに関しての情報収集すっか・・・(--;)


いろいろ考えながら、調べながら・・・こういう時に相談に乗ってもらえる人がいたらありがたいなぁ・・・って思っちゃったのね。

本日、は、お仕事休み。

RRRRRRRRRRR・・・『只今留守にしております・・・』

・・・仕方ないか。ま、メッセージは残しておこう★

しばらくして・・・電話がかかってきたので簡単に状況説明。『今、同僚と一緒だから後で聞くよ。大宮でお茶する程度だから。』

・・・うん。(その時の時刻:16:30)

で・・・・・・・・・・・電話がかかってきたのは、結局、22:00★

相談に乗ってくれたのは、結局、偶然電話してきた類友Nくん(Nくんはパパだから父親の立場で話を聞いてくれた)

この頃・・・彼の時間の使い方のルーズさにピリピリしていた私は・・・

『アナタって私の何なんですか!?』ってキレてしまった。


私がピンチの時・・・察してやってくるヒーローが類友Nくんってのは問題なんじゃないの!?

私が癒しを求めているのは・・・アナタなのに。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

りらくま


すっかり更新が滞ってしまいました…( ̄_ ̄;)

と、いうのも・・・体調最悪で★

主治医からは『入院しろ!!』って怒られるし、かと言って入院してもしなくても助けてくれる人なんかいない。

母子家庭の救済?で、一時的に施設に預けてってのもあるんだけど・・・長男の件で児童相談所ともめた事を思い出すと二度とイヤだし(--;)

こんな事が続くと、もうブルーになっちゃって、最低限の家事を済ませた後は、布団の中でじーっと悪い事ばっかり考えちゃう★

呼吸をするだけで滝のような汗をかき、動悸が・・・。喘息の大発作が治まった分は楽になったんだけどね。

はというと・・・

お父さんとの話し合いも一向に進展せず、十月半ばまで出向の為二時間近い通勤でヘロヘロ状態。

・・・このまんま・・・ずっと遠距離で終わったりして(ぽそり)



だあああああああああああっっ!!!

もうちょっと元気になったら、外へ行こう!!!!!

外の空気吸ってパワー充電しよう!!!!!

今は・・・秋休みもらったと思って。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
ある離婚相談を受けて、ちと、考え込んでしまいまして・・・

相談をしてきた人は、現在別居中の一児の母。

現在、両親のところに住んでいて仕事もバリバリとこなされている様子。

『養育費なんか要らないからとっとと別れたい』

ん・・・でもね、養育費は貴女がもらうものじゃなく・・・子供の権利なんだよ?

『だから子供にも会わせなくて済む方向へ』

面接交渉権って知ってる?貴女の場合、どのケースにも当てはまらないから厳しいかもよ(汗)

『家事も育児も全然手伝わないし』

ちょっと待て。子供と旦那さんとの同居期間は半年足らず。貴女と旦那さんとの同居期間は10年。

…( ̄_ ̄;)えっと・・・まぁ、気持ちはわかるけどさぁ・・・。

で・・・調停を申し立てたそうだけど、離婚理由は?

『・・・なんて書いたか忘れた。』


・・・はい!?il||li _| ̄|○ il||li


ココをご覧になってる方の中にも、まさに今・・・離婚を考えている人がいらっしゃるかもしれない。

でも・・・それがどんな形でも自分なりに一生懸命考えぬいたうえで『今』を過ごしているのだと思う。

相手があることだからこそ。

ましてや、子供がいるなら尚更。

私自身もバツ②だ。精一杯やるだけやって・・・『今』を過ごしてる。

離婚ってのは・・・結婚の何倍も勇気がいる。パワーがいる。覚悟がいる。

自分で選んだ道だから・・・自分で責任取らなきゃいけない。

喉まででかかったセリフは『貴女はたった一人ででも小さい子供を抱えて離婚できますか?』だった。

要はそれくらいの覚悟で離婚って言ってる?自分の責任って言える?

ああああああ・・・私こそが今、理想論を掲げているのかもしれない・・・。

でも、現実はそんなに甘くないのもよく知ってるつもり。

それぞれケースが違うように・・・その人の苦しみや現状価値観も違う。


今の私には・・・経験した部分や持っている情報でしか答える事が出来ないけれど・・・。

将来、アナタにとっていい結果でありますように。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
台風14号がやって来るというので、子供達はお休み。

去年の18号の教訓があるので、前もって準備万端!!いつでも来いっ!!って状態だったけど・・・日中は拍子抜けするほどでしたわ(--;)

台風は、年中行事みたいなものなので・・・もうすっかり慣れちゃってる私(苦笑)

TVの中継に映し出される我が地元の画像を見て『大丈夫?』ってメールが友達から届く。

・・・今日、彼は休みだったんだけど・・・私から『大丈夫だからね~!』の電話するまで放置されていたのには、ちょっと(苦笑)

で、こんな事聞かれた。

『台風直撃の土地と地震の多い土地ってどっちが住みやすいんだろうね?』

『台風(断言)』

『え?なんで?』

『台風は予告してくる!!』

彼は、私達親子を自分の住んでいる街に呼びたいらしい。

でも、私は・・・今のところ行く気はない。

今年の夏の長期滞在で・・・懲りてしまったから。

まして・・・自然災害を引き合いに出すなんて・・・ねぃ(--;)

長期滞在中・・・彼の住んでいる街で地震があった。

その日・・・私は、用事で出かけていた。キヨちゃんに子ども達をお願いして。

地震発生後・・・すぐに彼の家に電話した。

家には・・・子供達だけしかいなかった!!!

電話に出た長男が『オバちゃん、出かけちゃったよ。電話もかかってこないし』

ウチの子供達は『福岡西方沖地震』しか体験した事が無い。ほとんど、地震を体験しない土地に住んでいる私達母子にとって、震度2でも大事件だ!!(--)

『いつもの事だから』と言われたけれど・・・


・・・なんだかねぃ(--;)

『台風は予告してくるけど、地震はそうじゃない。ましてや、足の不自由な息子を抱えている私としては火事の恐れもある地震の方が怖いしね』

『俺が守るから・・・』

『やかまし。キヨちゃんからすら守れないあなたに何が出来るの?』

『・・・・。』

『住めば都』って言葉もある。彼と二人なら大丈夫って思ってたこともある。


決して、彼が嫌いになったわけじゃないんだけれど・・・・・・・・・・(´・ω・`)
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
二年半前・・・ゴタゴタしながらも離婚した訳だけど・・・

笑えたのは・・・誰も気づかなかった事!!

傍目には、とても仲良しの夫婦に見えていたらしく・・・私も一部の人にしか知らせていなかったし苗字も変えてなかったので(諸事情により)発見が遅れたらしい(笑)

知られた時には『全然そんな風に見えなかった!!』と、皆、声を揃えて言った。(^^;)

家の中はドロドロだったのに、そういう風に見えていたとは( ̄▽ ̄;)



その当時、我が家は或る意味亭主関白という名の元に好き勝手やる旦那に振り回されながら毎日を過ごしていた★

亭主関白を完全に勘違いしていた時代錯誤のお馬鹿さんは、ある日、突然リストラに遭う。

その後、現実逃避(笑)

再就職するも・・・慣れない仕事についていけず出社拒否(をい)

で・・・終いには『俺は夜逃げするからお前らは生活保護でも受けて・・・』とか、寝言を言い出す始末(--)

『子供達もいるんだし、そんなこと言わないで』と、なだめすかしていたある日・・・

玄関を開けると・・・舅姑の靴が並んでいて、いきなり『お前のせいでこうなった!!』が始まる…( ̄_ ̄;)

本当に・・・何が起こったのか全然わからなかった(汗)

あ、責任転嫁に何故『嫁』の字が使われるのかは何となくわかったけどね(笑)

真冬・・・私の財布には、もう小銭しか入っていなかった。

言いたいことだけ言って、パパとママに連れて帰られる息子(旦那)・・・。

足の不自由な息子がいるのに車まで持っていかれ・・・自分は両親の元でヌクヌク暮らし始める・・・

もう、離婚しかないでしょう(笑)

その後も、調停だなんだでゴタゴタしたりもしたけれど・・・


私は、後悔していません。

よく子供の事を考えたの?とかも言われたけど・・・私自身が親の離婚を目の前で見ていたので尚更、あの時の判断が間違っていたとは思いたくありません。

元旦那は、私の事を【おかあさん】としか見ていなかった・・・。

私は、子供達のおかあさんであって・・・旦那のおかあさんじゃないもん☆


今・・・一人の人として生きていけるのは・・・幸せなんだと思います。

たった紙切れ一枚に縛られていたあの頃の私・・・

決して、離婚を推奨しているわけではありません。

ただ・・・

婚姻届も離婚届も、自分の意思で署名捺印する訳ですから後悔だけはしちゃいけない・・・って思います。

自分の人生だもの(o ̄∇ ̄o)
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、定期便で話す時に・・・会話が盛り上がらない…( ̄_ ̄;)

元々、お喋りな私。

彼との定期便は、これまで何時間にも及ぶほど楽しい会話で成り立っていたのに★

だから、我が家の電話はIP電話を導入したほどだ(笑)

彼の携帯電話は、経費節減ということで私の携帯の『家族』にしてある為七月以来通話料無料だし。

通信費に関しては基本的に折半にしているので問題無しだしね。


今年の夏は・・・彼との関係を見直すのにいい機会になったんじゃないかな?と思ったりしてるんだけど・・・

先日の『鼓膜自傷』以来・・・いろんな意味で冷静になっている私がいる。


会話も・・・私がネタ振りしなきゃ駄目だったりすると『これでいいのかな?』と考えていたりするし・・・。


・・・つまんないという単語が、私の頭の中をかすめる。

結婚話も、前進しないまま・・・彼の父親の認知症の症状が少し進みつつある事を聞く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なるようにしかならないけどさ。

だけじゃ、どうにもならない事もあるんだよなぁ(汗)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
まさか、この歳になって恋愛をするとは思ってもみなかった。

私が中学時代・・・バツイチだった母に恋人がいた。当時、40歳とちょっと。

今の私とたいして変わらない。

問題は・・・父にあんな目(トラウマ参照)に合わされていた私の前に、父と同じ歳の男性が現れた事。

妻帯者で二人のお嬢さんがいた母の恋人は、我が家を逃げ場所にしていた事。

【父親面】されることも【デリカシーの無さ】も、イヤでイヤでたまらなかった。

恋人である事を否定していたわけじゃない。

責任の持てない態度は卑怯だと子供心に思っていた。

数年の後、二人は別れたのだが、その別れ方は成人していた私にとって陳腐な内容だった。


そして、今・・・

バツニになり、懲りていたはずの恋愛をしている自分自身と母がだぶる。

当時、理解できなかった事も理解できるようになってきた。これが『大人になったらわかる』って事なのかなぁ?(笑)

そんな私を子供達がどんな目で見ているのかなと、ちょっと考えてしまった。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。