板橋で働く女社長の まとめ なう!

ついった~から連携中♪今日の私はこんなことしてます。


テーマ:
 本日は生命保険全体の基礎、生命保険の種類について書きまする。

生命保険には大きく分けて三種類の分類がある

●死亡保険

文字通り、死亡した時の遺族への保障を目的とした保険。亡くなった時にいくら出る、というタイプの保険である。
<定期保険> <終身保険> <養老保険>などがこれにあたる。
 
※養老保険は死亡保障もあるが貯蓄性も高いので、貯蓄保険とも言える。

●貯蓄保険

貯金の積み立てなどを目的とした保険。
<個人年金保険> <学資保険> など。

●医療保険

病気や怪我での入院・手術の保障や、特定の病気や症状に対応する保険など。
<医療保険> <がん保険> <3大成人病保険> <介護保険>など。


ということで大まかな分類はオワリ~!

ところで、実際に販売されている保険は、上記の種類の保険を組み合わせていたり、特約として付加することで多様なニーズに応えるようにしたり、と単純な作りにはなっていない。例えば現在、大手生保会社の主力商品の殆どが、いくつもの保険を組み合わせたもので、これが非常にややこしい。販売する側にとってもややこしいので、加入する人にとってはもっとややこしいだろう。

 しかし色々な保障が取り揃っていて便利は便利。一粒で2度美味しいってかんじ。しかし、判りにくいのは困りものだ。どうにかならんもんかネ~!という人のために、あえてシンプルな単体商品を売りまくっている保険会社もある。

 どっちが良いかって?そんなの好き好きだよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
まずは基礎中の基礎から解説するよー。

民間の保険会社には大きく分けて「生命保険会社」「損害保険会社」がある。

■生命保険分野の商品
 →生命保険とは「人」に対応する保険

 人の死亡保障
 入院・手術などの医療保障
 老後のための個人年金・子どもための貯金などの学資保険
 介護に備えた介護保険

■損害保険分野の商品
 →損害保険とは、主にモノに対応する保険

 自動車保険・火災保険 などのモノにかける保険
 賠償など、過失によって壊したり怪我をさせたとき弁償する保険
 傷害保険など、人に対する保険だが怪我のみに対応する保険

知らなかった人は覚えませう。知ってた人はスミマセソ~。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
そもそも保険とは何のために必要なのか?

 例えば、今は元気で健康でも、ある日突然怪我や病気になって仕事もろくすっぽ出来なくなってオマケに高い医療費がかかって大貧乏に・・・と、そんなことになったらどーするよ?

 独身なら困るのは自分だけかもしれないが、これが家族がいるとなると家族の生活をも脅かすことになるわけだ。

 で、そうなった時にも困らないように、皆で普段からお金を出し合っておいて、困った人が現れたらそれで助け、そして自分が困った時には皆に助けて貰う、というのが、そもそもの保険の仕組みなのだ。そういうことを「相互扶助の精神」と業界では言う。つまり皆で助け合おうぜ、という、とっても便利な制度なのである。

 更に、闇雲に無駄な保険に入ったりしないように、、自分に相応しい商品を選ぶという発想が必要になる。また、どんな商品があるのかも知っていた方が便利だろう。

 そんなわけで、保険選びのためのポイントなどを、ある程度知っておくと役に立つ。このblogは、そのためにある、というわけ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。