コンタクトぉぉぉお! | にゃんともcafe

にゃんともcafe

にゃんことTOMOと相方の日常を徒然にゃるままに。
まぁ、のんびりコーヒーでも飲みながらお読み下さいヽ(*´∀`)ノ

2019年6月9日

おはよう、こはちゃん。



のびのびくつろいでるねぇ・・・テーブルの上で(;^ω^)
あんたの尻のとこに、父ちゃんのカフェオレあるからね?
倒さないでね?



「ん?」じゃないよ。
ちょーど、尻としっぽの直角のとこにあるんだよ(笑)
わざとかと思う場所に。



こはちゃん・・・何度も言うようだけど、そこ、テーブルだから(´・ω・`)



カフェオレやコーヒーはあって当然だけど、あんたたちは・・・ね?
母ちゃんたち、甘いから許してるけどさ。
主役はあんたたちじゃないからね(/ω\)

★*゚*☆*゚**゚*☆*゚*★*゚*☆*゚**゚*☆*゚*★*゚*☆*゚**゚*☆*゚*★

午前中は、眼科にコンタクトを買いに。
先日、またレンズが片方消えたのだ・・・・orz
しかも、前回なくして買い換えたのと同じ右側・・・orz
せめて反対側なら、「まぁ、どうせそろそろ買い換える時期だしね」と思えたのだが。

結構な金額なので、つけたり外したりするときは、かなり注意を払っていたつもりだったのに・・・。
排水口に流れてしまわないように、流出防止のマットもしっかり敷いていた。
それなのに、蓋を開けた瞬間手がすべって転がったケースを拾い上げたとき、中にはすでにコンタクトはなかった・・・・

どこに消えたんだぁぁぁあ!!!(/o\)

もちろん、洗面台の周りはくまなく探した。
目を皿のようにして、どこかにくっついてないか確認した。

それなのに・・・・ない。

もはや、右のコンタクトだけが吸い込まれる小さなブラックホールが存在するとしか思えない。
ただでさえ、マンションの購入に関連して出費が多いのに!
でも、コンタクトは必需品だし!
泣く泣く新調すべく、眼科に来たのだ。

とりあえず、目の状態の検査をし、残った左側のレンズのチェックを終えて、担当者さんが言った言葉は半ば予想通りのものだった。

「左側のレンズもそろそろ替え時ですね。結構傷がついているので・・・・高くつくので今回一緒に買い換える必要はないですが、どっちみち近いうちに変えた方がいいです」

やーーっぱりねーーーー!
そう言われる気がしてたんだーーーー!(´;ω;`)
両方買い替え、きっついわ~(T▽T)


コンタクトの装用時間が長く、1日中パソコンとにらめっこの仕事ということで、結構いいレンズを使っているので、値段が張るのだ。
悪あがき的に聞いてみる。

「パソコンも見やすくて車も運転しやすいとかいうレンズにしてたと思うんですが、あまり恩恵が感じられないんですよね~。良さが実感できないというか。それ、付けなかったらお値段的には・・・?」
「それを付けなかったら多少は安くなりますが・・・失礼ですがおいくつでしたっけ?」
「41です」
「おそらくですね、今からは実感できると思いますよ。だいたい43~45才くらいで老眼が出てくるんです。本格的に老眼が入ってくると、老眼用の遠近両用が必要になってきますが、最初のうちはこのレンズがちょうどいいはずです」

ごふっ(´Д` )

なんか、言いくるめられているような気もするが、最近遠くを見たあとに近くを見ると、一瞬霞む感じがするのは事実。
とくにキンドルがヤバイ。
画質の悪さもあるのかもしれないが。
なので、思わず納得してしまい、「じゃぁ、そのままで・・・・」と、結局前と同じレンズを買うことにしてしまったのだ。

はーーーーーorz
もう、今度こそ!絶対なくさない!
んで、少しでも長持ちさせるために、ちゃんとレンズのクリーニングもしてもらう!